安倍首相辞任 この国の行方

 安倍首相辞任、予想外だった。今後の新型コロナウイルス「対策パッケージ」を発表、健康不安説を説明し政権運営を続けるだろう…と思っていたが。
 
◆早くから28日午後5時に設定さすれていた記者会見。夏休みを挟んだとはいえ2カ月半ぶりの官邸での会見姿だった。
 持病である潰瘍性大腸炎=国内患者16万人、下痢・下血・腹痛繰り返す症状=が再発したと説明。「国民の負託に自信をもって応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではないと判断した…」と述べた。
 7月から再発の兆しがあり、連続在職日数が単独1位になった日(8月24日)に辞任を決断したという。潔さの一方で、「美しい国」日本を掲げ、憲法改正、拉致問題、北方領土…無念も隠せなかった。
 
◆自民党総裁選、基本2通り。
・党大会を経る選挙ー国会議員394票と党員党友394票の計788票。
・両院議員総会で選挙ー国会議員394票と47都道府県に各3票の計535票。
 どちらになるかで結果を左右した歴史もある。コロナ禍の今時間がかかる党員投票を実施せず、両院議員総会で決定する方向…自民党執行部の思惑も見え隠れする。

◆安倍首相の辞任会見直後から、自民党各派閥の緊急会合が相次いだ。
 菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)を軸に展開。麻生太郎副総理や二階俊博幹事長ら派閥の長の協力要請にも動いた。地方の支持はあるが、安倍首相との確執や議員内反感が強い石破茂元幹事長(63)は苦戦。
 派閥ごとにどの候補を支援するか多数派工作が水面下で激しくなる。”勝ち馬に乗れ”といった、後を見据えた戦略も渦巻く。

◆民主主義の根幹は多数決。だがそこには私を捨て国の行く末に尽くす、政治家の義務がなければならない。
 政治空白を少なくとはいえ両院議員総会は、やはり議員だけ派閥の論理…国民から離れた所での決定感は否めず、釈然としない。候補者の具体的な考え、政策が見えてこない。自民党員にとっても国民にとってもオープンな総裁選、それが一つの政治の信頼でもあろう。国民主権の民主国家たるべきだ。

◆新型コロナ禍と経済、さらに日米関係継承、対中韓北への明確なメッセージも必要だ。
 新首相の任期は来年9月、激動の歴史的な今後1年…いずれにせよ政治生命を賭した「有事の首相」そして政治屋でない「政治家」を望む。と同時に、我々国民も問われている。

「美しい国」 命かけて
<2020.8.31 S>