夏の甲子園中止 若人よ!

 政府は新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を全面解除した(5月25日) 。4月7日の7都府県発令から49日間。この日、プロ野球も6月19日の開幕を決めた。

 一方で20日、日本高校野球連盟などは今夏の第102回全国高校野球選手権大会と、代表49校を決める地方大会の中止を発表。今や日本の夏の風物詩、かけがえのない球児たちの夢…だが命と引き換えに叶えることではない。

◆全国大会の中止は、米騒動の1918(大正7)年の第4回大会、戦争の影響のため41(昭和16)年の第27回大会に続き3度目。42~45年は戦争のため中断した。
 
 主催者の高野連・朝日新聞社は、1.代表校の長時間移動や集団宿泊など、感染と拡散のリスクを避けられない 2.感染拡大の影響で49代表がそろわない可能性、練習が十分でない選手の安全・健康 3.夏休み短縮で登校日増の動き、学業の支障になりかねないと説明した。

◆全国にある約4千校の野球部。1度も負けないのは1校しかない。だが残りの全ての高校も1度しか負けない…負ければ終わりの一発勝負。夏は地方大会から闘い、選抜とは違うの思いもある。
 甲子園でも地方大会でも友を家族を母校を応援する方言”丸出し”の歓声。高野連は、地方大会について「代替大会などは、各都道府県連盟に任せる」と発表した。故郷への想いをはせる暑い夏。野球だけでなく高校総体なども、何か代替の舞台を設けてほしい!

◆戦後、教育の一環としていたが、ここずっとそう思えなかった。プロ野球への入り口重視、そこに関わる色々な問題も出ていたからだ。しかし、今年は改めて原点「教育」を思う。
 いわば球拾いから始まり苦しい練習を耐えてやっと最上級生に…その3年生は春の選抜に続き、夏と1年間でついに”表舞台”に立つことはできなかった。高野連など、目標を失くした球児たちの心のケアも大事だ。

◆”ウィルスとの闘い”はまだ続くということを示した。
 3.11(東日本大震災)の夏に見た夏の甲子園。バックネット裏スコアボードの上に「がんばろう!日本」の大段幕…若人よ今!今はこんなに苦しくて涙が止まらないかもしれないが、必ずや将来生きてくる。

胸張って 未来は来る!
<2020.5.25 S>