見えない敵 人類の闘い

 桜は満開間近だが、週末の大阪は道頓堀や御堂筋も閑散としていた。いや東京など日本列島のすべての繁華街は、人が激減した。 
 日々新型コロナウィルス感染者が増加する中、外出・移動自粛要請が発令されたからだ。それでも東京では一日で60人以上の感染者が続いた。 

◆地球上で生命体の”トップ”に立つ人類。脅かす訳ではないが、地球誕生40億年の間に生命体の絶滅危機が数回あった。火山の大爆発、隕石の衝突…そしてウィルス感染症の蔓延。

 中国武漢市に端を発した新型ウィルス感染者は、世界中であっという間に65万人を超え(回復者数は約13万人)、死者は3万人以上に上った(3月29日)。数字上致死率は5%未満だが、感染者は一気に早く重篤になる危険がある。
 ヨーロッパで爆発的感染拡大が起きイタリア、スペインでは深刻だ。特にイタリアでは死者1万人を超えた。アメリカの感染者は、ついに10万人を超え世界最多となった。
 個人主義的な欧米、握手やハグ(抱擁)などスキンシップの生活習慣も影響しているとも言えよう。

◆経済活動も大きな停滞、何兆円の損失と報道される。新日鉄やソニーなどは数万人の社員が原則在宅勤務となっている。しかし中小の企業は存続のため、そうもいくまい。
 成長一辺倒で来た企業論理への警鐘ではないか…一方で働き方改革、ひいては東京一極集中の是正、地方創生の好機ではないか。

 医療体制も急務だ…何のための経済成長、技術進歩なのかも突き付けられている。世界の技術を結集して一刻も早いワクチン開発が求められるが、時間がかかる。流通する薬品での”代用”も急がなくてはならない。

◆日本の感染者数は2500人以上となった。そんななか今日、志村けんさん(70)急死というニュース、列島に衝撃が走った。
 2020年東京五輪は1年程度の延期、”春の風物詩”大相撲は無観客大阪場所になり、国民的スポーツの選抜高校野球中止。プロ野球もいつ開幕できるか分からない。
 
 日本は中国、欧米に比べると”封じ込め”が続いていると言えるが、いつオーバーシュート(爆発的患者急増)してもおかしくない。都市封鎖(ロックダウン)さえも正念場だ。安倍晋三首相は「長期戦を覚悟していかなければならない」と会見で訴えた。政治の信頼、そして国民全体の意識と行動…今耐える。

人類 負けられない
<2020.3.30 S>