天皇誕生日 還暦のお誓い

 天皇陛下が60歳の誕生日を迎えられた(2月23日)。令和初めての天皇誕生日、皇居・宮殿などで諸儀式に臨まれた。一般参賀は、新型コロナウイルスによる肺炎の拡大防止のため中止になったが、国民の慶祝の思いは変わらない。

◆先立ち、赤坂御所で記者会見されその決意を示された。
 「日本国及び日本国民統合の象徴としての私の道は始まってまだ間もないですが、たくさんの方々からいただいた祝福の気持ちを糧に、上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、研鑽を積み、常に国民を思い、国民に寄り添いながら、象徴としての責務を果たすべくなお一層努めてまいりたいと思っております」。

◆陛下は60年を振り返る中、世界との出会い触れ合いとして昭和39年(1964年)の東京五輪と昭和45年(1970年)の大阪万博を挙げられた。五輪は、円谷選手のマラソン銅メダルや、上皇ご夫妻と訪れた閉会式で「国を超えて選手団が混じり合い行進する姿」を思い出され、「世界の平和を切に願う気持ちのもとになっている」と明かされた。万博では「世界にはこれほど多くの国があり、一つ一つが様々な特色を持っていることを目の当たりにしました」と振り返られた。

 阪神大震災や東日本大震災などは「忘れることのできない記憶」、さらに「長く被災地に心を寄せたい」と述べられた。また虐待や貧困などの重い問題にも触れ「次世代を担う子どもたちが、健やかに育っていくことを願ってやみません」と。

◆そして「もう還暦ではなく、まだ還暦という思いでおります」と語られたのは、国民にとって何より心強く、勇気づけられる。

寄り添い つなぐ日本
<2020.2.23 S>