憧れ ”孤高の2塁手”逝く

 プロ野球中日で俊足好打の名2塁手として活躍し、監督では1994年に巨人との「10.8決戦」を指揮した高木守道(もりみち)さんが17日、急性心不全のため死去した。78歳。岐阜県出身。

◆県岐阜商から中日一筋。派手さはないがいぶし銀のプレー、日本球界初の華麗なバックトス、まさに「ミスタードラゴンズ」。通算成績2274安打、236本塁打、813打点、369盗塁、打率2割7分2厘。現役21年で3度の盗塁王、ゴールデングラブ賞3度、ベストナインは7度も獲得した。2006年に野球殿堂入り。
 2度の監督では代行含め7シーズン、383勝379敗25分け。1994年、同率首位で長嶋巨人と激突した最終試合「10.8決戦」は、3-6で敗れはしたが今なお語り継がれている。2010年の12球団選手・監督・コーチら計858人に行ったアンケートでも、歴史を彩った「最高の試合」1位に選ばれている。
 2012年からは積極的にファンサービスを掲げる一方で、高木監督自ら「暴走老人」と呼び首脳陣との意見が衝突したこともあった。
 
 突然の訃報にミスタープロ野球・長嶋氏は「監督としては何といっても10.8決戦、巨人の胴上げをじっと見つめていた守道ちゃんの表情は忘れられません。野球界にとって貴重な人材を失い、残念です」…実は2人の出会いは、立教大・長嶋選手が県岐阜商・高木選手を指導に行った時までさかのぼる。当時、遊撃手だった高木氏に「プロでやるなら、2塁を守りたまえ」と勧めたのが長嶋氏だった。そのアドバイスがプロ入り決断の一つになったという。

◆2013年2月、新聞社時代にプロ野球の沖縄キャンプを視察した。
 メーンは藤浪晋太郎投手1年目の阪神タイガース。和田豊監督と藤浪投手起用法などの話を終え、北谷の中日ドラゴンズキャンプへ。時間の都合上、高木守道監督とは話はできず、憧れの姿を見ただけ…今も悔やまれる。

◆もう半世紀以上前か…「おいっ!乗れ」の父の声に商売用トラックの荷台で中日球場へ。2時間も揺られる苦痛よりも、楽しみがはるかに勝っていた。子どもたちの多くがプロ野球選手になりたかった時代、当時の汚れた中日球場(スタヂアム)さえ憧れだった。もっとも観戦は、ほとんど王・長嶋を擁しV9中の巨人戦で、いつも負けて悔しい思いで帰宅した。
 1番センター中・2番セカンド高木が、今も日本プロ野球史上最高の1、2番コンビだと思っている。

 昭和を輝かせてくれた、記憶に残るプロ野球選手がまた1人逝った…寂しい。皆胸ときめいた、ありがとう。

さらば昭和 また一つ
<2020.1.23 S>