令和元年 「哀楽」

 令和が始まり、亥年が終わる。自然災害、目に余る不祥事、痛ましい事件、そして若者たちの快挙…喜怒哀楽があった1年。

◆哀◆
【時代を生きた日本人逝く】
・第71〜73代首相・中曽根康弘氏。101歳、群馬県出身。
風見鶏と言われてもなお、戦後日本政治の総決算を掲げ日米強化や行政改革を断行した。根本には「国を思う」…政治屋は多く増えるばかりだが、政治家が一人また一人といなくなっていく。

・前人未到のプロ野球通算400勝を挙げた左腕投手・金田正一氏、86歳。
14年連続で20勝以上。立教大卒の黄金ルーキー・長嶋のデビュー戦で4打席連続三振を奪った(58年4月5日)のは、昭和の名勝負。通算4490奪三振と298敗は史上最多で、背番号34は巨人の永久欠番だ。投球数議論の現代、カネやんは凄かった。

・女優・八千草薫さん。88歳、大阪出身。
19歳の時に19歳年上の谷口千吉監督と結婚。八千草さんは、インタビューで人生で一番大事だと思うものは?と聞かれ「難しい質問ねぇ(しばらく考え)…やっぱり愛かしら」。永遠の憧れ。

・緒方貞子・元国連高等弁務官。92歳、東京出身。
難民について「かわいそうだからしてあげるというものではない。尊敬すべき人間ですから、その人間の尊厳というものを全うするために、あらゆることをして守らなきゃいけないという考え方です」。今、ルワンダなど世界各地には命をつないだ「オガタ サダコ」と名付けられた子どもたちがいる。

【香港デモ 若者たちの未来】
 逃亡犯条例改正案に反対するデモが発端となり半年以上、若者ら民主派と行政府の対立が今なお続く。若者たちが求める普通選挙など「五大要求」に、中国は認める気配はなく”弾圧”の兆し。英国から中国に返還された時(1997年)に約束された民主的で高度な自治「一国二制度」。今危機に瀕していると、民主派は一歩も引かない。未来を支えるべき若者たちの死傷が哀しい…そして”命がけ”なのが気掛かりだ。
 1989年の武力弾圧「天安門事件」の二の舞を避ける。それが国際社会の責務だ。

◆楽◆
【ノーベル賞”会社員”】
 2019年のノーベル化学賞が、リチウムイオン電池開発の旭化成名誉フェローで名城大教授の吉野彰氏(71)ら3氏に決まった(10月9日)。携帯型の電子機器を急速に普及させ、人類のIT(情報技術)社会・モバイル(可動性)社会発展に大きく貢献した。
 北野高校、京都大学卒で阪神タイガースファンの吉野氏。記者会見にも、関西人の粋があった。故郷・大阪への思いを問われ「大阪人には『なんとかなるわいな』という『柔』の姿勢がある」。研究については、執念を持って挑む「剛」と時には楽観的に向き合う「柔」のバランスが大切…そして吉野氏は、若い次世代へ「挑戦心を伝えたい。失敗してもええからやろうや」。

【日本 ONE TEAM】
 W杯ラグビー日本大会。史上初の決勝トーナメント・ベスト8に進出した日本brave blossom(桜の勇者)は、南アフリカに3-26で敗れた(20日)。奇しくもこの10月20日は、今大会に力を注いでいた最中、病に倒れた平尾誠二元日本代表監督の命日だった。堂々の敗戦、日本ラグビーが歴史を変えた日。
 日本中が盛り上がり、元気をくれたW杯。この後の日本ラグビー界も大事だ。プロ化構想も賛成だが、地域に根ざしたチーム作りこそだ。都会集中はもういい!政治が頼りない…「地方創生」にスポーツの力を!
 日本を牽引したリーチマイケル主将は、今年の漢字を問われ「伝」。

喜怒哀楽 人は素晴らしい
<2019大晦日 S>

*人を出来事を見つめた令和元年。来年はこの報道コラムも100本に到達…引き続きよろしくおネがいします。S