平和の使者 ローマ教皇

 第266代ローマ教皇フランシスコ(82)が来日した。世界に約13億人の信者を抱えるローマ・カトリック協会のトップで、バチカンの国家元首である。今回のテーマは「全ての命を守るため」で、教皇の来日はヨハネ・パウロ2世以来38年ぶり史上2回目。

◆まずローマ教皇は自らの義務とした、被爆地・長崎と広島を相次ぎ訪問した(24日)。
 夜のライトアップされた原爆慰霊碑、広島市の平和記念公園での「平和のための集い」に参列。「核兵器のない世界実現は可能で、必要不可欠と確信している」「正義にかなう安全社会を築きたいと望むなら、武器を手放さなければならない」と訴えた。
 また東日本大震災の被災者との集いでも、多くの人々の「悲しみと痛み」へ祈りを呼びかけ「力を結集すれば必ず復興は果たせる」と力づけた(25日)。福島県いわき市から東京へ避難した高校生は、「僕たちの苦しみはとても伝えきれない。残酷な現実でも目を背けない勇気が与えられるようにともに祈って下さい」と思いを訴えた。
 そして離日直前、自身の出身修道会「イエズス会」が設立した上智大学を訪問、学生たちと触れ合った。

◆25日には天皇陛下が、ローマ教皇を皇居・宮殿に招き穏やかな雰囲気の中、約20分会見。皇室とバチカンの交流は、陛下が留学中の1984年に同国を訪問、当時の教皇ヨハネ・パウロ2世と面会されている。

◆ローマ教皇フランシスコには、パパPapaという親称がある。一般人と気軽に話し、時には写真やサインまでも応じる。身近な教皇として新時代を築きつつある「平和の存在」。にこやかな表情で大衆の中を移動する車も、かつては左右の窓に防弾ガラスが入っていたが、今はなく”吹き抜け”状態だ。
 1987年にも宣教活動視察のため日本を訪れたことがあるが、今回は教皇としての来日。日本での4日間を「この国での滞在は短かったが、大変密度が濃かった」と語り、ツイッターでも「深く感謝…」と発信した。そして「貧しい人、声さえ上げられない人の声を代弁する」として、効率重視の社会にも警鐘をならした。

◆ちょっと気になったのは、来日直前に「ローマ法王」から「ローマ教皇」に表記(報道ベース)が変わったこと。38年ぶり来日とはいえ、さて認識のほどは? 理想と現実、宗教と政治、なお難しい問題も抱える…大事なのは「平和の使者来日」をどう平和に生かしていけるのか、日本が試される国際社会。

全ての命を守るため
<2019.11.27 S>