イチロー引退  ”あっさり”と

/
「こんなにいるの?  現役生活に終止符を打ち引退することになりました」
日米通算4367安打という野球界前人未到の記録を打ち立てた米大リーグマリナーズ・イチロー(45)が引退した(3月21日)。日米でプレーし続け今シーズン28年目を迎えた、数年ぶりの日本の地で”あっさり”と。
/
◆愛知工大名電高校・鈴木一朗は、1991年のプロ野球ドラフト会議でオリックスブルーウェーブに4位指名で入団(1位指名は田口壮=関西学院大学)。同期に金本知憲(広島4位指名)・石井一久(ヤクルト1位指名)・三浦大輔(広島6位指名)・桧山進次郎(阪神4位指名)らがいる。
非力で細い身体の鈴木一朗は運命の出会いを得る。仰木彬監督。奔放、個性重視、「仰木マジック」とよばれる指導。そして”安打製造機”の異名をとった新井宏昌打撃コーチ…そこから世界の「振り子打法」が生まれた。選手登録名も「イチロー」になる。阪神大震災が起きた1995年、「がんばろうKOBE」を掲げオリックスとしてリーグ初優勝を飾る。
会見で、酒席の話も交え「仰木監督から学んだものは計り知れない」と語った。
/
◆日本人選手は野手としては大リーグで活躍できない、と言われるなかマリナーズ入団。いきなり242安打で新人王、シーズン最多262安打、10年連続200安打、日米通算4367安打…偉大な記録も次々”あっさり”と塗り替え、はにかみながら帽子を取り片手を上げる程度。喜びも抑えた僧のようなストイックさ。
米で絶賛される松井と違い、無愛想との批判も浴びた。動と静、陽と陰などとも例えられた。だからこそ記録しかない思いで、ひたすら進むしかなかったイチローの苦しみ…それでも自然体でブレず歩んできた。
/
◆日本球界で王さん、長嶋さんのように記録に残る選手、記憶に残る選手と例えられる。しかしどちらかなどあり得ない、両方だ。
政府は国民栄誉賞を授与する方向で調整に入っている。2001年(平成13年)と2004年(平成16年)に授与を打診されたが、現役を理由に固辞している。
マリナーズのディポトGMは「野球に関する頭脳は並外れている。マリナーズファミリーの一員として残る」と明言した。
/
◆稀に見る素晴らしい85分間の引退会見…人間イチローの一言一言が胸に刺さった。
「(試合に出られなかった昨年…)それでもやってきた事、それがささやかな誇り」
「記録など大した意味はない、後から来る人に抜かれるもの。最も思い出に残る試合は、今日おいて他にない」
「(ホームでの試合前にいつも食べるおにぎり)妻に3000個まで握らせてあげたかった」
「(貫いたことは)野球を愛したということ」
「(子どもたちへ)夢中になるものを見つけてほしい、そうすれば壁に立ち向かうことができる」
「後悔などあろうはずがありません」
感謝がにじむ会見だった。いつの日か、日本プロ野球の監督の姿を見たい…「絶対無理」と言っていたが。
/
ありがとう!日本にエール
<2019.3.25    S>