甲子園応援の”お礼” ダメ?

3月23日に甲子園球場で開幕するセンバツ高校野球の出場校32校(一般枠28・21世紀枠3・明治神宮大会枠1)が1月25日決定した。
◆昨秋の四国大会4強だったが、センバツ出場がならなかった強豪高知商(春夏合わせ37回の甲子園出場)にちょっと気になる出来事があった。
高知商野球部員が、同校ダンス同好会主催の有料発表会にユニホーム姿で出演したことを受け、日本高野連の竹中雅彦事務局長は「日本学生野球憲章の商業的利用に抵触する」とし、野球部長に対して有期の謹慎処分を課す方針を審議委員会で決定した(1月16日)。センバツへ選考への影響はないと言明。
ダンス同好会は昨年12月17日に高知県立県民文化ホールで、入場料500円の発表会を開催。会には昨夏甲子園大会応援のお返しとして、引退した3年生部員だけがユニホーム姿でゲスト出演した。チアガールとして応援してくれたお返しに部員がユニホーム姿で、甲子園での試合の一場面を再現するパフォーマンスなどを披露した。何がダメなの? 青春の友情物語じゃないか?
竹中事務局長は「ユニホーム姿は好ましくないが、問題は有料であったことだけ。商業的利用で憲章違反になってくる。野球部長がダンス同好会の顧問を兼ねていて、野球部長が責任を負うべき問題」と説明した。部に対しての責は問わず「試合に出られないとかは一切ない」と話した。
高知商は「認識不足で軽率な行動だった。深く反省している」。
◆日本学生野球憲章は1950年に制定。制約された1932年(昭和7年)の通称「野球統制令」を基にしている。ようやく2010年、60年以上を経て初めて全面改正された。
プロと学生の試合解禁やプロによる技術指導など、根絶されていたプロ・アマ関係の改善の一歩を踏み出した。なぜこれほど時間がかかったのか不思議だ。
◆炎天の甲子園で必死に応援してくれたチアガールへのお礼。うっかりであれ、有料発表会が野球憲章に抵触すると知らなかった野球部長はお粗末。しかし、うっかりだったのか認識していたのか、詳しい言も待たなければならない。
一方であまりにも”杓子定規”的ではないか?甲子園大会の入場料と何が違うのか?
有料とは言えわずか500円。純粋な応援お礼としての野球部員の公演、しかも昨夏に引退した3年生だけ約10人。500円の入場料は県民文化ホールの使用料や舞台諸経費に充てるものだった。これが商業的利用、営利目的関与に当てはまるのだろうか。
◆学生野球憲章によって、日本の野球界が発展した点や一定の制約が必要なことは否定しない。しかし、意を唱える声は全くなかったのか? 残念でもある…ケースに合った柔軟対応の道はなかったのか。時代に追いつかないルール、時代を見つめて変わるべきだ。
情と規則 教育とは
<2019.1.28 S>