ニュースキャプテン 喜怒哀楽 » Blog Archive » 異常気象 地球が泣いている

異常気象 地球が泣いている

豪雨の後の猛暑続きにひと雨ほしいなぁと思っていたら、先週末に台風12号が発生。北上し関東から西へ急カーブ、伊勢市付近上陸後に西日本を横断した。さらに九州南海上へ抜けたと思ったら、同じ場所をゆっくりと”旋回”するように一時居座った…異常なコースで、日本上陸の台風197個目にして初めてだという。東海地方を中心に被害をもたらし、西日本豪雨の被災地にも無情の追い打ちとなった。

日本列島、いや地球が危ない。

◆埼玉県熊谷市では国内の観測史上最高を5年ぶりに更新する41.1度を記録した(23日)。全国4地点で最高気温が40度を超え、21地点で史上最高気温を更新。気象庁は「命に危険を及ぼす暑さレベル。一つの災害と認識している」と異例の緊急記者会見を開いた。この日は東京都青梅市でも40.8度、観測史上初めての都内40度以上を記録した。

気象庁によると、日本の東海上から張り出す太平洋高気圧の勢力が今月上旬からずっと衰えず、さらにその上空をチベット高気圧が覆う「高気圧の2層構造」。関東内陸部での「フェーン現象」も拍車をかけている。

◆日本だけではない、世界も変だ。

6〜7月は北極圏を含め世界的に気温が上昇し、異常な猛暑に見舞われた。カナダで熱波のため多数の死者が出たり、ノルウェーとフィンランドで北極圏なのに気温33度に達しスウェーデンで数十件の森林火災が発生した。

1913年7月に56.7度の世界最高気温を記録した米カリフォルニア州で52.0度を観測、ロサンゼルス近郊チノで は48.9度、サハラ砂漠で51.3度と異常高気温となった。中国、韓国でも猛暑で40度を超すなど最高気温を更新、インドネシアはモンスーンを伴う豪雨による洪水。5月、6月と米ハワイ島でキラウエア火山、中米グアテマラのフエゴ火山まで噴火した。

その一方でカナダ東部のニューファンドランド島では6月下旬に雪が降り、約2㌢の積雪とは…世界各地で”異変”のため被害が相次ぎ、都市機能、生活経済にまで影響を及ぼした。

気象注意情報で、最近よく耳にする「今まで経験したことのないような…」。いわば人類が今まで経験したことのない気象が”普通”になり、地球が新たな段階に入ったといえるだろう。

◆国連の世界気象機関(WMO)は「温室効果ガスの増加による長期的な地球温暖化の傾向と関係がある」と分析している。

温室効果ガスに関する最新のIPCC(政府間パネル)報告書よると「人為的に排出されている温室効果ガスの中では、二酸化炭素の影響が最も大きい。二酸化炭素は石炭や石油などの消費に伴い大量に大気中に放出され、温暖化の主要因」として相関性の高さを指摘している。

地球温暖化が今のペースで進めば、2040年代に世界の平均気温が抑制目安とされる「1.5度」の上昇に達し、自然災害や生態系破壊などのリスクが確実に深刻になると再三警告もしている。

◆人類の進化に伴った様々な科学技術の進歩、取捨選択を見極める時かもしれない。政治・経済的駆け引きはもういい…個々が”痛み”を共有し、すぐに世界全体で対応しなければ手遅れになるのは明らかだ。

次の世代のために。

待ったなし!健康な地球。

<2018.7.30>

Comments are closed.