キャプテンの一言 » Blog Archive » 12/25(金)キャプテンの一言

12/25(金)キャプテンの一言

▼ファン投票で選ばれたサラブレッドが夢を乗せて走る
「有馬記念」(中山競馬場、芝2500㍍)はあさってゲートイン。
きのうBSフジで生中継された決まった枠順をみると、ことし
GⅠ2勝(宝塚記念と天皇賞・秋)しているラブリーデイは
2枠4番と絶好枠を引き当てた。おおむね4,5番手でレース
をするラブリーデイにとって前半はコースロスせず内目を
進めるこの枠は最も持ち味を生かせる。陣営がベスト距離
2000㍍と発言するように今回の2500㍍は有利とはいえ
ないが、コーナーが多く直線の短い中山なら大丈夫と判断
したい。ここを勝利すればGⅠ3勝となり年度代表馬も視界
に入ってくる。現在、国内GⅠ2勝馬は休養中のドゥラメンテ
(皐月賞、ダービー)はじめミッキークイーン(オークス、秋華賞)
ストレイトガール(ヴィクトリアマイル、スプリンターズS)が
いるが、何といっても新マイル王のモーリス(安田記念、
マイルチャンピオンシップ)は香港(マイル)のGⅠも勝って
年度代表馬にもっとも近くにいると思われる。
しかし、ラブリーデイが勝つと競馬の王道といえる中距離
GⅠ3勝となって俄然有力になる。

▼一方で有馬記念は3歳馬の活躍が目立つ。過去10年
で7頭が連対している。うち4頭が菊花賞からの参戦。
ことしはサブちゃんこと歌手の北島三郎さんの持ち馬で
菊花賞馬キタサンブラックと同3着のリアファルが出走
する。キタサンについてはすでに「夢に向かって」という
歌が完成しており、今月14日の祝勝会で歌声が披露
されている。キタサンが優勝したら歌うことを約束している
サブちゃんだが、歌うのは「まつり」になる。最近ではゴール
ドシップ、オルフェーヴルの菊花賞馬が有馬記念も制している。
かたやリアファルはもっとも厳しい展開になりながら0・1秒
差の3着と健闘した。菊花賞後の体調もさらにアップしている
ようだ。そして何より鞍上がルメール騎手というのが心強い。
2週前の2歳牝馬の「ジュベナイル・フィリーズ」でJRA所属
としてGⅠ初制覇して精神的なプレッシャーがなくなったとみたい。
馬券はラブリーデイとリアファルの2頭から流すことにする。
ここが引退レースとなるゴールドシップに関しては1番人気
必至だし、好きな人が馬券を購入して応援したらいいと思う。
有馬記念はそれぞれの人が好きな馬を買って声援を送ると
いうスタイルでもあるから。

▼つまり有馬記念はほかのGⅠと違い、当てたい気持ちと
同時に好きな馬から購入することが多い。また「シャレ馬券」
もあり。馬柱を眺めて「ふと気づいた」それは
『ありま記念日来た』馬券。あ=アルバート(3枠6番)り=
リアファル(6枠12番)ま=マリアライト(8枠16番)記念日
(デイ)=ラブリーデイ(2枠4番)来た=キタサンブラック
(6枠11番)で完成。これは「買い」の一手、3連複や馬連
なら10点になるが、こういう馬券があると緊張感のほかに
面白みがあってリラックスしてテレビ観戦できる。

Comments are closed.