キャプテンの一言 » Blog Archive » 8/26(月)キャプテンの一言

8/26(月)キャプテンの一言

▼名牝ベガの孫娘は恐ろしいくらいに強かった。
きのう行われたG3「新潟2歳ステークス」に
出走したハープスター。先週のこのコーナーでも
書かせてもらったが、そのレースっぷりは、
まさに父ディープインパクトを彷彿させるもの
だった。17番枠からスタート、TV観戦していて
「あっイタッ」と思うくらいの位置取り。ゲートは
出たものの最後方でマイペース、走る気が
ないように見えた。4コーナーを回る時もまだ
18番手、単勝を購入している身としては目を
つぶりたい展開。しかし、そこからが別の馬の走り。
大外からエンジンを加速させると、メンバー最速、
2歳馬とは思われないラスト3F(600㍍)を
32秒5で上がって、前をいく17頭を差し切った。
まさにディープの切れ味といっていいだろう。
それも2歳で、しかも2戦目で発揮した。
ハープスターは牝馬ながら初戦の新馬戦は雄馬との
混合戦、今回も雄馬を相手にしての重賞制覇。
来年の桜花賞への夢が膨らんできた。管理する
松田博トレーナーはクラシックのことを聞かれて
「まだいくらでも出てくるからな、ウチから」
(サンスポ)と話している。「まだ」の中身は
レーヴディソール(阪神ジュベナイルF)の半妹・
レーヴデトワールとブエナビスタの半妹・
サングレアルのことをいっているのだろう。しかし、
ハープスターは今後のローテーションを自由に
組める有利さがある。ケガをしないように元気で
晴れ舞台まで頑張ってもらいたい。

▼ボート界はあすから丸亀ボートでSG「第59回
モーターボート(MB)記念」が始まる。
優勝賞金3500万円を競うわけだが、ここにいつも
応援している大阪の湯川浩司選手が出場していない。
8月19日現在賞金ランキング15位にもかかわらず。
これはMB記念の出場条件によるもの。
このレースは去年の賞金王決定戦ファイナル
進出者6選手と直前のSGオーシャンカップの
優勝者、そして開催場を除く23場の推薦2選手
(前記有資格者を含む)、最後に開催場の
推薦となる。今回は地元・丸亀から4選手と去年、
丸亀のSGを勝った奈良(大阪支部)の
丸岡選手の合計53選手が熱戦を繰り広げる。
大阪支部は有資格者に松井選手と太田選手が
いるため、湯川選手は残念ながら出場できない。
湯川選手はここまで51連続でSG出場を
果たしていて連続出場の記録保持者だ。
特に成績が悪いならまだしも、ランキング15位に
いるだけにやるせない気持ちになる。

Comments are closed.