”見えない闘い” 長くても

 長い新型コロナウイルス禍。大阪、東京など3度目の緊急事態宣言下のGWがスタートした。関西、関東ではステイホームを訴える背水の抑制策の一方、帰省や近隣への旅行は多い。大都市での空や新幹線の予約は、昨年の数倍に増えた。街中にPCR検査で行列もでき、「人流を止める」の形も変わってきた。

◆目前に迫る東京五輪・パラリンピック。4月中に観客上限を決定するとしていたが、5者協議は6月に先送りした。ワクチン接種、来日選手や関係者への検査、”行動制限”するなど強い対策をとる。世界最高峰のスポーツ大会の形で、平和の祭典として開催へ…待ったなし!人類の英知を傾けてあたらなければならない。

◆緊急事態宣言の最中、3年前に世間を騒がせた事件が急展開した。「紀州のドン・ファン」事件=和歌山県田辺市の資産家・野崎幸助さん(当時77)急死。殺人と覚醒剤取締法違反の疑いで元妻・須藤早貴容疑者(25)が逮捕された。
 謎はなお多いが、コロナ禍でも捜査を重ねてきた和歌山県警の意地が垣間見られる。

◆ 日本の現法下、いま最大限に近い対策と言えるが、油断すると大都市”ロックダウン”になるかもしれない“覚悟”も…その一方で、厳しい中小企業や飲食店などに休業・補償をセットで、日々生活に事欠く人には一層のピンポイント支援。きめ細かく”弱者”に寄り添う、それが国の政治力の使命。
 先進国の中で遅いワクチン接種、一刻も早い国内開発も待たれる。経済力があっても、総合的な国力は大丈夫なのか⁈ 改めて”闘い”は長いと自覚し、正念場の今向き合う。

命 次へつなぐため
<2021.4.30 S>

*人を事実を見つめてきた報道コラム「喜怒哀楽」は、今日4月30日をもって最終回となります。3年間に約150回、振り返ると”その時”が見える…そうあれば幸いです。そして少しでも前へ。ありがとうございました。Newsキャプテン S

通天閣も泣いていた

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い東京、大阪、兵庫、京都の4都府県が、3度目の緊急事態宣言下に入った(25日)。 
 早々と休業を決めた大阪のシンボル通天閣は閑散、USJからも人が消えた。百貨店や商業施設、大阪発祥の焼き鳥チェーン鳥貴族など外食産業も営業をストップ。飲食店は時短に加え酒類提供を控える。また関西のJR、私鉄も運行本数を減らしたり最終電車の前倒しとなった。

◆1年余りのコロナウイルスとの闘い。人類、政府、国民も学んできて対処方法も少しずつ進んでいる。だがウイルス変異株など新たな敵が追いかけるように襲ってくる。
 何より人の心が変異…緩みを超えた疲弊の思い。とりわけ若い世代、”外飲み”に移行するのも分からないではない。それは政府の指示要請が不明瞭で、国民のメンタルを読めず後手!? 現場の自治体ともっと連携し権限を持たせるべきだ。

◆日本の医療の”不可思議”もある。
 欧米に比べれば、感染者数はひと桁少ない。1人当たり病床数は世界で最も多く、医師の数も米国とは変わらない。なのに医療崩壊が叫ばれ、ここまで3度も同じ事を繰り返してきた。
 人口に比例し大都市の重症患者が多く、大阪府は重症者が病床数を上回る医療逼迫。ところが鳥取県、島根県、広島県、山口県は確保病床数があっても、重症患者はほとんどゼロ。ヘリコプターで患者を隣県に運んだり、逆に医師や看護師、機材が他県から来てもいい。ところが、そんな協力行動は聞かない。

 日本の医療提供は、国が管理するのではなく各病院の自由。ただ病院同士の競争など様々な点も…非常事態にいわば”医療融通”が利かないシステムだ。この有事にいいわけがない。ならば日本医師会が具体的に主導するべきではないか。

◆有事だからこそ見えてくる事もある。有事だからこそ政治が問われる、そして国民も。この警鐘・教訓を未来に生かさなければ…経済優先で進歩してきた人類、新しい社会変革のチャンスであり正念場。どう次へつないで行くのか。

止まる勇気 人類の未来
<2021.4.27 S>

グリーンジャケット 85年目の悲願

 パトロンと呼ばれる観客は新型コロナウイルス対策のため入場を制限されたが、米ジョージア州オーガスタ・ナショナルGCに歓声が帰ってきた…男子ゴルフのマスターズ・トーナメントで松山英樹(29)が優勝した(11日)。4大大会を日本の男子選手が制するのは史上初、アジア選手としても初。日本勢が初めてマスターズの舞台を踏んだのは1936年(第3回大会)だから85年目の悲願…日本人のグリーンジャケット姿だ。
 米ホワイトハウスで行われた日米首脳共同会見でも、バイデン大統領から菅義偉首相へ祝福の言葉が出るほどの快挙だった。

◆松山は記者会見で「(開幕前日の練習が終わってから)『いけるんじゃないか』と思えた。それが何か僕自身は分かっていないが、そういう気持ちになったのが大きかった」。
 日本の男子ゴルフ界を牽引してきた中嶋常幸プロ(66)はテレビ解説で思わず涙、いや号泣に近かった。

 もう一つ感動の話があった。早藤将太キャディー(27)が18番カップのピンを戻した後、帽子を取ってコースに一礼したシーン。米スポーツ専門局「ESPN」の動画に、「日本人はとても威厳があり、敬意を表する人々だ」「名誉と尊厳は日本文化に根付いている」と称賛のコメントが相次いだ。

◆ゴルフ最高峰の4大大会。ちなみに優勝賞金はマスターズが最も低い(それでも2億円以上)が、やはり世界のゴルファーが最も憧れるのもマスターズの優勝、グリーンジャケットだ。優勝者には生涯出場権も与えられる…これもまたジェントルマンスポーツ、粋な制度だ。

 大会を主催したオーガスタ・ナショナルGCは、地域の当局とパートナーシップを締結、ワクチン接種の会場や土地を提供し支援してきた。そんな取り組みが地域住民の理解を得ることにもつながっている…大いに参考にしたい。

 新型コロナウイルス禍1年以上、新しい生活や新たな時代と言われる。国内ではプロ野球やJリーグ、ラグビー、水泳など試行錯誤を重ねながらシーズンが進められている。
 あと100日を切った東京五輪開催。経済を超えた人類の英知で、観客数にかかわらず…松山快挙のような感動を、数々の五輪競技でも。

新たな五輪 世界へ
<2021.4.19   S>

2人の意気 未来へ一歩

◆白血病から復帰した競泳女子の池江璃花子(20)が4日、五輪代表選考を兼ねた日本選手権で女子100メートルバタフライ決勝を57秒77で制し、東京五輪代表に内定した。400メートルメドレーリレーの派遣標準記録57秒92を突破、五輪切符をつかんだ。
 ゴールして、珍しく水面をたたきガッツポーズ、ゴーグルを外した瞳には涙があふれた…しばらくプールから上がれず、プールサイドでは声を上げて泣いた。

 復帰初戦となった昨夏の東京都特別大会。痛々しくさえ見える、細くきゃしゃな体を見て、誰がこの結果を予想できただろう。
 「(レース前には)何番でも、ここにいることを幸せに感じよう」と、泳げる喜びをかみしめた。そしてレース後に「どんなに辛くてもしんどくても、努力は必ず報われるんだなあと思った」。

 何があっても諦めない、勇気。

◆ 柔道の世界選手権(6月)代表最終選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権男子60キロ級。3月24日に53歳で死去した「平成の三四郎」古賀稔彦さんの次男、古賀玄暉(22)が初優勝を飾った。
 ヨーロッパのポイント制柔道が台頭してきた時代、一本背負いで「一本」にこだわった父。決勝は竪山将に延長の末、合わせ技一本だった。


 
 インタビューで「何も恩返しできずに亡くなってしまった。何としても優勝したい気持ちでした」と涙…「いつも試合の合間に父が連絡をくれていて、それがないのが寂しかった。でも、今まで以上に覚悟は強くなっていたので、最後まで戦うことができました」と語った。

 恩返し柔の道、背負っていく。

<2021.4.5 S>