輝きの2人 突然の訃報

◆余りにも突然の訃報だった。
 女優、竹内結子さん(40)が亡くなった。自殺とみられる(9月27日)。いま透明感No.1の女優。日本アカデミー賞でも多くの賞を獲得、2児の母でもある。
 2004年「いま、会いにゆきます」(原作・市川拓司)では前夫、中村獅童と共演。「1年たったら、雨の季節に又戻ってくるから」…亡くなったはずの妻澪役として現れ、夫と1人息子との慎ましい3人の共同生活。そして別れ。静かな仕草や表情に透明感があふれ、一気に自然体の名女優に。
 ドラマでは、中高年世代の筆者は「プライド」(2004年)が印象深い。まだマイナーだったアイスホッケーを舞台に、人気絶頂のキムタク(SMAP木村拓哉)とのスポーツ恋愛ストーリー。カッコよく愛くるしく、芯の強い女性を好演した。

◆約2カ月前には俳優、三浦春馬さん(30)も自殺とみられ、亡くなった(7月18日)。奇しくも映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」が、共演した竹内結子さんの遺作ともなった。
 2013年の「永遠の0」(原作・百田尚樹)は何度も観た、忘れられない。「海軍航空隊一の臆病者」「何よりも命を惜しむ男だった」と言われた特攻隊の主人公・宮部久蔵(岡田准一)の孫役。司法試験に4年連続で落ち続け、進路に迷いながら成長していく等身大の現代青年を好演した。

 2人の姿はもう観られない、残念でならない。芸能界で自殺とみられるケースは女優、芦名星さん(36)、俳優、藤木孝さん(80)と、わずか2カ月で4人にもなる。

◆新型コロナ禍が長引く中、自殺者数が増加の兆しをみせている。8月は1849人に上り、前年同月比で15%増、246人増だ(速報値)。失業や健康問題、精神的ストレスなど複雑に多様に絡み合っている。
*こころの健康相談ダイヤル0570-064-556
*日本いのちの電話0570-783-556
*よりそいホットライン0120-279-338

 一方で、かつてはSNSなどはなく直接顔を見て話し生のやりとりがあった。人と人とのつながりの大事さも再認識したい。

 決して1人ではない…少しの勇気を出して家族、友人らに相談し、声をかけ合ったり思いやったりする…そこに生きる力が秘められている、と信じて。

生きる道 必ずどこかに
<2020.9.28 S>

菅内閣 この国の行方

 「(秋田の農家に生まれ、働きながら法政大学卒業、流行の二世議員でもなくコネも金もない)…こんな私でも総理大臣を目指せる」と出馬表明、一瞬にして決まった菅義偉自民党総裁(71)。一瞬を積み重ねた30年の結果と、強運とも言えるだろう。
 総裁選では執行部の二階幹事長-安倍前総裁の敷いたレールに乗り、派閥と数の論理で岸田文雄(政調会長)、石破茂(元幹事長)の両氏に大勝、菅内閣がスタートした(16日)。

◆柔らかく聞こえるが厳しくもある「自助・共助・公助」を基本路線に、発足した”国民のために働く”内閣。
 総理以外の国務相ポストは「万博」の一つが増え20、初入閣5・再任8・女性2…平均年齢60.38歳。全く新鮮味はないが、手堅く実務を進めていき、発言も含めいわゆる”失策”は少ない布陣と言える。だが結局派閥に配慮し、次をにらむ石破派は”排除”された。民主主義は多数決とはいえ…「有事の内閣」だということは忘れないでもらいたい。

◆あえて菅内閣の「目玉」の私見を言えば3K。
 加藤勝信官房長官(64)=官房長官は首相の女房役と言われる。この2人がかみ合わなければ内閣は、内から瓦解する。加藤氏は、かつて菅官房長官の下で副長官を務め気心も知れている。また”地味な首相”をハキハキとした発信で補う?
 河野太郎行革相(57)=菅内閣の軸に据えた「規制改革」の中心になる行政改革大臣。河野氏は、外相、防衛相と安倍路線に沿いブレない発信力を続けてきた。就任会見でも、全閣僚が深夜から未明にかけて首相官邸で順番に会見する慣例を批判、「前例主義の最たるものだ」「さっさとやめたらいい」…頼もしい一方で、融通きかず軋轢が気がかりでもある。
 小泉進次郎環境相(39)=”継続安倍内閣”と揶揄され、手堅いが国民へのアピール力に欠ける中、若さの象徴としての存在。そしてもう一つ総選挙の”人気の核”になる。
 平井卓也デジタル改革相(62)、井上信治万博担当相(50)の新ポストも注視したい。

◆各新聞社の菅内閣支持率調査は、60%を軽く超えた。いわゆる御祝儀と苦労人首相への好感。陰には、国民の頼りない野党不信感も大きく反映されていことも忘れてはならない。
 徐々に動き出した社会活動。ただ、なお一変してもおかしくない国内外。コロナ禍の状況、対応が支持率のカギを握ると言える。
 
 菅自民党総裁の任期は来年9月末。支持率を背に、野党の弱さに乗じ年内解散か。予算を成立させ、コロナ禍が収束の兆候が見え始めたなら年明け解散か。東京五輪前または成功後の解散か…微妙な判断を迫られる。数の論理が民主主義と言えど「大義」は…まして国を託す解散総選挙なのだから。

 ちょっと気になるデータもある。佐藤栄作、中曽根康弘、小泉純一郎の長期政権の後は、短命内閣が続いた歴史。安倍晋三政権の後はさて…短命政権か長期政権か。どうなるかは、信を問う総選挙の結果である事に変わりない。
 
◆コロナ禍の社会・経済活動、憲法、拉致問題、少子高齢化、地方創生、対米中露北の外交…内外に課題は山積。
 ”国民のために働く内閣”よ!国民は見ている。国家観を掲げ、命がけで頼みますよ。

有事の今 日本の未来
<2020.9.24 S>

*報道コラム「喜怒哀楽」は120回を超えました。変わらずに人、そして出来事を見つめ続けていきたいと思います(原則月曜・不定期)。

伝える力 2人の日本人

◆世界3大映画祭の一つ、ベネチア映画祭で「スパイの妻」の黒沢清監督(65)が銀獅子賞(監督賞)に輝いた。脚本も手がけ、1940年代の夫婦(蒼井優、高橋一生)と太平洋戦争を描いた。日本人が銀獅子賞を獲得したのは、「座頭市」(2003年)の北野武監督以来17年ぶり。
 国家と夫婦、愛、疑惑、嫉妬…サスペンス、社会性、ヒューマニティが絡み合う作品。戦時下の状況、情景も美しく映像化された。イタリア人記者は「これまで見たコンペ作品の中でベスト。特に困難な状況下の女性心情の描き方は素晴らしい…」と絶賛。
 黒沢監督は神戸市出身で、還暦を過ぎてからの歴史もの初挑戦だった。受賞インタビューでは「いろんな作品が撮れる可能性が広がってくれるといいなと思う。より新しい、やったことがないことに、もう一歩チャレンジできるのかなと」と…今なお青春のような笑顔を見せた。

◆大坂なおみ(22・日本)が、全米オープンテニス決勝で元世界女王のビクトリア・アザレンカ(31・ベラルーシ)を1-6、6-3、6-3で下し、2年ぶりの優勝。復活しただけでなく、本物の強さを見せた。
 初戦から決勝まで入場のマスク7枚に名前が書かれていた。人種差別や警察官暴行で亡くなった黒人被害者の名前。「私はアスリートである前に、一人の黒人女性です」と、一貫した発信を続けた。メンタルの成長、強さを見せた。コロナ禍で練習も十分にできない中、「チームなおみ」の存在も心強い。大坂から”厳しいおじさん”と言われる中村豊トレーナー(48、6月就任)とのフィジカル強化も、大きな後押しになった。
 今回もまたインタビューの受け答えが魅力的だ。優勝を決めた後、コートに仰向けに寝転んだ。色々な思いが頭をよぎったはすだが…「試合が終わってみんな崩れ落ちたりするけど、私は怪我をしたくないので寝転びました」。そして相手を称え、仲間に感謝する言葉…いつも自然に、日本人女性の思いやりがにじみ出る。

諦めない 世界魅せた
<2020.9.14 S>

台風 「意識」と「備え」

 九州のほぼ全域を暴風域に巻き込みながら北上した台風10号。2人が死亡、九州を中心に100人以上人が重軽傷を負った。避難者が一時11県で2万人を超え、JR九州は在来線、新幹線とも寸断された。宮崎県椎葉村の土砂崩れでは、4人が安否不明になっており、県警が懸命の捜索活動を続けた(8日)。

◆気象庁が何度も行った「特別警報級」と言う会見。またJRの新幹線などの予告運休。「雨風が強くなってからでは身動きできません。今のうちに準備を」など、やや大袈裟なくらいの注意喚起が、被害を抑えたとも言える。またSNS情報や自治体指示より先に準備、自ら避難した住民の意識もあった。
 異常気象と言われ久しいが、今やこれが普通と考えて対処するのが賢明だ。

◆今回例えられた伊勢湾台風(死者不明5千人以上。阪神大震災まで自然災害、国内最多の犠牲者)。発生した昭和34年、三重県四日市市生まれの筆者は赤ん坊。記憶にはないが「畳ごと流されそうになった」と母から聞いている。当時は海沿いの防波堤もなく、海からすぐに漁師町が広がっていた。台風が去った跡は、町はまるで”砂浜”だったと聞いた。
 防災・減災情報は格段に多くなったが、「意識」「備え」の基本は変わらない。

◆今年の「環境危機時計(旭硝子財団調査)」が、最も深刻だった2018年に並ぶ「9時47分」と発表された。深刻さは0時01分から12時までで表現、9時を過ぎると「極めて不安」な状態を表す。去年から1分進んでいる。日本は7分も進み、世界平均に匹敵する「9時46分」。最も危機的と位置づけられたのは「10時33分」の北米。
 時計が進んだ要因は、北極圏の高温、アメリカの山火事、オーストラリア森林火災…温暖化と異常気象。発展と自然のバランス。地球規模で動くべき時という人類への警鐘か。

◆近年、日本近海の海面水温も高いと言われている。台風の季節は続く。
 コロナ禍、異常気象…いま一度、「備えあれば…」を考え命を守る減災。そして地域の家族の共助、絆も。

異常気象 地球の命
<2020.9.8 S>