17歳・藤井棋聖 新時代

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が現役最強と言われる渡辺明棋聖(36)=棋王・王将=に挑戦していたタイトル戦「第91期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負」(産経新聞社主催)。第4局が大阪市の関西将棋会館で指され、藤井七段が3勝1敗で初タイトルとなる棋聖位を獲得した(16日)。
 17歳11カ月でのタイトル獲得は、屋敷伸之九段(48)が持つ最年少記録(18歳6カ月)を30年ぶりに更新し初の現役高校生タイトルホルダーとなった。

◆将棋界もAI(人工知能)時代と言われる。藤井新棋聖は「AIは対決を超えた共存の時代。今の時代でも盤上の価値は不変、そういう価値を伝えていけたらと思う」。17歳の言に恐れ入る。
 棋聖戦4局中、1時間を超える長考があった。「ミスもあった」と語った。人知を上回る計算・分析力を持つAIに”ミス”はなく、そして長考もしない。しかし、盤上に繰り広げられる喜怒哀楽もAIにはない…心揺さぶる一手は人にしか指せない。

◆ 奈良・興福寺旧境内で11 世紀中頃の日本最古の駒が見つかっている。平安時代から”将棋”は指されていた。
 筆者も含めアラ還(還暦)世代で、一度も将棋を指したことのない人はいないのではないか?…81マスを動く王将、飛車、金将、桂馬、歩兵…それぞれの好守。盤上は美しく、さながら戦国時代の陣を思い起こさせる。
 
 残念だが、日本で独自の成長を遂げてきた将棋人口は漸減が続く。国際的にほぼルールが統一されてきた囲碁に比べ、駒が漢字で書かれていることなども国外普及の妨げとも言われる。それゆえに日本の心が投影され、魅力的勝負が展開される。それがまたいいじゃないか。

◆藤井新棋聖の出身地・愛知県瀬戸市は沸いた! 師匠の杉本昌隆八段は「聡太小学生に会った時から、この日が来ることを確信していた。東海に持ち帰ったタイトルが嬉しい」と語った。藤井新棋聖は「入門の時からずっとお世話になってきました。一つ恩返しができたかな、と思っています」。
 タイトル獲得を決めた第4局の将棋めし(対局間の食事)は「みそ煮込みうどん」。地元愛を感じるが?と会見で聞かれ、「えっと、あまり深い理由はないんですけれど、みそ煮込みうどんは愛知県の名物でもあるので、それで結果を残せてよかったかなと思います」。そして「地元の方に支えられて…地元にまたいい報告ができる」と緊張がとけたいつもの微笑みを見せた。
 師匠に、育った故郷に感謝する…心映えも素晴らしい。これも強さの秘訣ではないか。

◆タイトル獲得から3日後、18歳の誕生日を迎えた新棋聖は「今までと変わらず、自然体で臨みたい」。さらに「自分としてはピークは24歳〜30歳くらいではないかと思います」と、いつものように淡々と語った。

 21歳2カ月の史上最年少名人の記録を誇る谷川浩司九段(58歳、前将棋連盟会長)は「すでに棋界4強の1人…他の3人が同じようにレベルアップするか、藤井新棋聖ひとりが抜け出すのか」と評した。
 江戸時代から続く棋界”最強”の名人位。藤井名人誕生も、そう遠くはないはずだ。

将棋道 貫いてつなぐ
<2020.7.27 S>

withコロナ 地方創生

 東京都で新型コロナウイルスの新規感染者が10日、過去最多の243人となり再び”高止まり”状態になっている。小池百合子都知事は「3000人以上の多くの人を検査した結果」と説明した。”夜の街”など重点検査とは言え、若い世代を中心に数字が上がり、職場や家庭でも。市中感染や経路不明者が増えているのが気がかりだ。大阪府でも12日、30人を超え通天閣に「黄信号」が灯った。
 4月7日の緊急事態宣言、5月25日に宣言解除…先が見えない長い闘い。

◆歴史が物語るように、感染症に弱い人類。節目に発言してきた専門家会議が”衣替え”を発表した。
 対政府でたびたび足並みが乱れたことが、背景にあることもにじませた。イベント自粛要請や緊急事態宣言などを巡り、経済影響を懸念し早く緩和したがる政府に対し、感染拡大防止を優先するメンバーが”抵抗”した。
 これまで率直に意見表明をしてきた専門家が「出る杭は打たれる」ようなことにならないか心配だ。これまで以上にコロナの感染実態について情報を発信してほしいし、専門的知見を生かし、取り得る最上の対策を素早く打ち出してほしい。
 それが国民の生命を守るために必要なことなら、閣僚や官僚と大いに対立し主張してほしい。絶対に萎縮するようなことがあってはならない。そんな組織なら不要だ。

◆専門家会議は、同時に長丁場のウィルスとの闘いをにらみ①「3密(密集・密接・密閉」を徹底的に避ける②手洗いや人と人との距離確保(ソーシャルディスタンス)など基本的な感染対策を続ける③テレワーク、時差出勤、テレビ会議などにより接触機会を削減するーという「新しい生活様式」を提言している。
 コロナ禍で働き方に大きな変化を余儀なくされた。働き方の変化は、ピンチでありチャンスととらえるべきだ。非常時でなく今後日常の指針にしたい。
 企業、組織はテレワークなどによって、中間管理職がいなくてもそれなりに進んでいく事を学び現場の重要さを学んだ。現実にも証明した。

◆東京一極集中、もういい加減にしないか。
 狭い島国日本だか、北海道・札幌、東北・仙台、中部・名古屋、関西・大阪、中四国・広島、九州・福岡…しっかりした地方拠点がある。この地域を中心に波状的かつ経済的に、国・自治体一体となり地方創生を真剣に取り組むべき時だ。
 
 手探りで悩ましいコロナ対策と経済生活の”両立”。経済中心の拡大Only社会から、身の丈にあった政府・国へ。逆に地方は仕事の場を増やし経済拡大へ…言われて久しい少子高齢日本、それを打破する道を進むべきではないか。今こそ地方創生を核に、生き方を考える時だ。

地方の時! 幸のため
<2020.7.13 S>

*報道コラム「喜怒哀楽」は、人を出来事を見つめ続けていきます(原則月曜・不定期)。よろしくお願いします。S

自然猛威 命守るため

 熊本県南部を襲った九州豪雨。53人が死亡、なお11人が行方不明 となっている(7日)。「日本三大急流」の一つ、球磨川が11 カ所で氾濫した。地元に根ざした特別養護老人ホーム「千寿園」の入所者14人、車イスなど最も弱い人たちが犠牲となった…痛ましくやり切れない。
 「今まで経験したことのない規模、直ちに命を守る行動を」の意味を持つ大雨特別警報が出された。福岡管区気象台は「前日の段階でここまでの大雨は想定できなかった」との認識を示した。

◆新型コロナウィルス禍の重苦しい日本。熊本豪雨の被災地にとっては”二重苦”だ。
 他人事ではない。素晴らしい日本の四季と背中合わせに、列島の梅雨・台風は近畿も含めていつどこで大雨被害が起きてもおかしくない。リスクは高いと改めて認識し準備するべきだ。自治体の迅速な情報発信と指示、我々住民も早い避難・安全確保の手立てを知っておくことだ。

◆地域を問わずいち早い自衛隊の救援、心強い。と同じように地域を問わず国・自治体は一体となり、被災者支援に全力を尽くすべきだ。血税、生命を守るため生きるために使わなくていつ使う!一刻も早く動き対処することが、政府の義務だ。

◆ 歴史も物語るように、人知を超える自然の猛威。命を守るためには準備、そして早く逃げる、避難以外にない。コロナ禍での”複合災害”に注意すると同時に、避難所のあり方も見直すべきだ… “すし詰め”体育館だけでなく、ホテルや公共施設など総動員して対応する。
 
 そして災害時は、動くことをためらってはいけない。「移動・接触」の自粛よりも、助け合う命だ…人の心・絆が乗り切る力にもなる。

力合わせて 島国日本
<2020.7.7 S>