アニメの聖地 世界がエール

突然、多くのクリエイターたちの未来が奪われた。7月18日、京都アニメーションが放火され34人が亡くなり34人が負傷、41歳の青葉真司容疑者の逮捕状を取った。抑えられない怒り、そしてやりきれない思い。

◆アニメ制作会社「京都アニメーション」は創業1981年の”老舗”。京アニと呼ばれ、クリエイターには憧れ、ファンには聖地と言われる。
家族的に仕上げていくチームの絆。東京一極集中の中、京都発・地方発…関西にとって誇りの制作会社だ。
・涼宮ハルヒの憂鬱-兵庫県西宮市では、ファンだけでなく地元住民も悲しみ、怒り
・聲の形-岐阜県大垣市は、すぐに募金箱設置し支援
・らき☆すた-埼玉県久喜市の鷲宮神社にファンらの思いあふれる絵馬
・けいおん!-滋賀県豊郷町の旧豊郷小の黒板に書かれた「頑張れ!待ってる」の文字…聖地巡礼の地は全国に広がる。町おこしの点でも、しがらみや定型の自治体案などは足元にも及ばない。
京アニ設置の専用口座には、1日足らずで2憶7000万円以上の支援金が集まったという。

また海外からもエールがやまない。米アニメ配給会社「センタイフィルムワークス」はクラウドファンディングでの支援が数億円に上っている。中国でも「オンライン販売サイトから作品を買って、京アニを助けよう!」と輪が広がっている。
国内はもちろん、政治に関係なく国を超えた”若い絆”の強さ大きさに驚き、嬉しくホッとする。

◆次々と明らかになる、許せない計画的凶行。
「パクりやがって」と叫びガソリンを撒き放火。下見までし、包丁、ハンマーも発見された。ネットカフェで情報収集し襲撃先を探っていたという。だが京アニとの接点も未だはっきりせず、無差別殺傷だったのか。青葉容疑者の口から動機、真相を聞かなければ…2度と起こさないために。

◆1週間経ってようやく犠牲になった方たちの身元が特定された。時間を要したがDNA鑑定などが必要、家族の感情を配慮して…と。負傷された方とともに家族の方の心身ケアも最優先だ。

不明になっている父はふり絞るように語った。「犯人の事なんて、どうでもええ。早く、娘を返してほしい」。

負けない!つなごう!
<2019.7.29 S>