「NBA八村」誕生!嬉し

プロバスケットボールNBA(National Basketball Association)のドラフト会議が20日(日本時間21日午前)、ニューヨークで行われ、日本代表でも活躍する八村塁(ゴンザガ大、21歳)がワシントン・ウィザーズから日本人初となる1巡目・全体9位(指名は30チーム2巡目まで)での指名を受けた。年俸4億5000万円を超える見通し。
直後のインタビューで「クレイジーですね。現実じゃないような気もします」「まずは中学のコーチに感謝したいです。彼は『僕はNBAへ行く』と言ったのでそれを信じてやってきました。高校、大学の皆さんにも感謝したいです」続けて日本語で「皆さんやりました!」と語った。
心映えも素晴らしい好青年だ。ジャケットにつけていた日の丸のピンバッジや「ワシントンの桜が楽しみ」…日本愛、嬉しいじゃないか!

◆身長2m03㎝、富山県出身。アフリカ西部・ベナン人の父と日本人の母を持ち、宮城・明成高で全国高校選抜優勝大会3連覇。2014年のU17世界選手権では、強豪国の選手を押しのけて得点王に輝いた。
大坂なおみ 4大大会V、サニブラウン9.97 、100m五輪メダルに匹敵する偉業と言える。
1970年代青春のオヤジ世代は、テニスならボルグやコナーズ…日本選手の力は4大大会では遠く及ばず、陸上100mはヘイズに始まり(1964年東京五輪金)、ルイスの別世界の走り。ましてNBAは、その存在すらよく知らなかった。
今まではるか届かなかった高み、信じられない衝撃だ。

◆小学低学年の頃は野球、高学年で100m走の全国大会に出場するなど陸上でも飛び抜けた身体能力を見せていた。
八村がバスケを始めたのは富山市立奥田中1年のとき。恩師・坂本穣治コーチ(59)との出会いが夢の一歩となる。初心者で落ち込む八村に、バスケを辞めさせないためにも「お前はNBAに行くんだ」と言い続けた「塁!マイケル・ジョーダンのようにボールを片手でつかめるな」とほめ続けた。
そして強豪の私立明成高校に進み、佐藤久夫監督(69)に礼儀やチームワークなど精神力も鍛えられた。

◆若いスポーツ世代は、ずっと先を見つめて行っていると分かった。「凄い凄い」というよりこの世界感覚が当たり前、周りも考えていかなければと反省…競技種目に関わらず大いに世界舞台に挑む、それが更なる日本スポーツ界を上げていく⁈「驚きでなく普通」の時代へ。

前日会見で「ドラフトはイベント。これからNBAでどうやって行くかが大事」。日本バスケットは、今夏W杯中国大会に21年ぶりに自立出場(2006年日本大会では開催国出場)、来年は44年ぶり出場の東京五輪。日本代表チーム「アカツキファイブ」の名の通り日本バスケットの”日の出”、そして揺るぎないエースだ。

ワクワク! 塁ファイト
<2019.6.24 S>