譲位 平成の終わり

/
「今日をもち、天皇としての務めを終えることになりました。… 象徴としての私を受け入れ、支えてくれた国民に心から感謝します」。
4月30日「退位礼正殿の儀」を終えて、天皇陛下が譲位された。譲位は光格天皇(江戸時代)以来、202年ぶりである。明日から天皇陛下皇后陛下は、上皇、上皇后となられる。
平成30年余り、今日をもって終わる。
/
◆天皇陛下のご公務は年間700回を超える。内閣総理大臣の任命、執務などの国事行為。植樹祭や一般参賀、外国元首来日時の宮中晩餐などの「公的行為」。公的性格を有する「慈善」的な催事と、ご研究や宮中祭祀など私的行為の「その他の行為」に分けられる。
天皇陛下は激務を続けてこられ、平成28年に「譲位」を望まれる意向を示された。日本国中が驚きに包まれたが、それはまさに陛下のご英断だった。平成30年12月23日にご在位中最後となる85歳の誕生日。先立つ記者会見では時折涙で声を詰まらせられ、しみじみと振り返りお言葉を述べられた。
◆大災害が襲った平成時代。天皇陛下はとりわけ被災地訪問に、全身全霊で力を注がれた。
ご高齢をおして、何度も災害被災地をご訪問。膝をつかれて被災者に寄り添い声をかけられる姿に、被災地の方々だけでなく国民全体が励まされた。
平成7年の阪神大震災。皇后さまは焼け跡に、皇居で摘まれた17本のスイセンをそっと置かれた。ひと筋の希望…そしてバスの中から、被災者に”頑張って”と小さくガッツポーズをされたお姿が忘れられない。
/
◆また両陛下は、戦争慰霊の旅にも深く心を砕かれた。戦後50年、60年、70年の節目の年を迎え、大戦の激戦地となったサイパン、フィリピンなどにも赴かれた。訪問は35カ国に上る。
「先の大戦で多くの人命が失われ、また、我が国の戦後の平和と繁栄が、このような多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず、戦後生まれの人々にもこのことを正しく伝えていくことが大切であると思ってきました。
平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵しています」。
/
◆そして、国民に感謝と美智子皇后への労いのお言葉を述べられた。
「…振り返れば、私は成年皇族として人生の旅を歩み始めて程なく、現在の皇后と出会い、深い信頼の下、同伴を求め、爾来この伴侶と共に、これまでの旅を続けてきました。
天皇としての旅を終えようとしている今、私はこれまで、象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝するとともに、自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労いたく思います」。
/
「平成」 敬愛と感謝
<2019.4.30    S>
/
*平成から令和へ、今日明日と続けて綴ります。変わらぬ人の喜怒哀楽をつないで…ご愛読いただければ幸いです。S

2度と起こすな! JR脱線から14年

/
JR福知山線脱線事故からもう、まだ14年。事故現場にできた慰霊施設「祈りの杜」で、初めて追悼慰霊式が営まれた。
◆平成17年4月25日午前9時18分、塚口駅-尼崎駅間の急カーブで快速電車が曲がり切れず5両が脱線しマンションに激突した。通勤、通学客ら106人と運転士が死亡、562人が重軽傷を負った。平成の歴史的大惨事、マンションを巻き込むように曲がった車両に愕然となった。
今も障害や後遺症、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しむ方が多くいる。
/
◆事故は運転士が、遅れた時間を取り戻そうと制限速度70㎞の急カーブを116㎞で進入したことが直接原因。しかし厳しいダイヤや運転士への「日勤教育」なども問題になり、その後JR西は電車間の時間を広げて”ゆとりダイヤ”に改正した。
/
◆例年のようにこの日、事故発生時刻にJR電車内でアナウンスが流れ、現場を通過するときには追悼の警笛が鳴り響いた。乗客には手を合わせる人、目を閉じて祈るような人の姿があった。
/
◆今回、追悼慰霊式が事故現場で初めて営まれた意味は大きい。「祈りの杜」…語り継ぐ場所が出来たとともに、遺族の方の”拠り所”となればいいが。
「慰霊のことば」を述べた伊丹市の斎藤百合子さん(76)は、転職し通勤中の長男満さん(当時37)を亡くした。
「寂しかったでしょう、会いたかったでしょう。私たちも一緒よ。これからはここが満が安心して眠れるところよ」と語りかけ、手紙を寄贈した。
それでも、なお現場は見たくない思いの遺族もいる事を忘れてはならない。数組の遺族らは「祈りの杜」ではなく、別の中継会場で追悼慰霊式に参列した。
/
◆JR西日本の社員数は約2万7000人。この春で、事故後に入社した社員は全体の48%ほぼ半分になった。事故を忘れず、引き継いで行ってもらいたい。世界に類を見ない正確な日本の鉄道。欠かせない生活の足…速さ、便利、利益も大事だが、それは「安全」があってこそだ。「安全」に勝る優先事項はない!
この日、JR・鉄道に改めて強く望みたい。
/
教訓つなぎ 安全こそ
<2019.4.29    S>

人間ウッズ 43歳の復活

/
よくぞ帰って来た。
タイガー・ウッズ(43)が14日、ゴルフ4大メジャーの一つマスターズ(賞金約200万ドル)で優勝を飾った。2005年以来14年ぶり、メジャー優勝としても全米オープン以来11年ぶりだ。メジャー通算15回目の栄冠となり、トップの18回優勝を誇る帝王ジャック・ニクラウスに次ぎ単独2位になる。
/
◆1997年に史上最年少21歳でマスターズを優勝。約10年の間、グランドスラム=マスターズ・全米オープン・全英オープン・全米プロ(PGA)のメジャー全制覇=など世界のゴルフ界に君臨していた。
その王者に”突如”異変が起きた。2009年不倫が発覚し、妻から車で逃げる途中に交通事故を起こし負傷。自ら無期限のツアー欠場を表明した。次々と”愛人”も名乗り出て、セックス依存症と罵られた。
その後メジャーはおろか勝利さえ遠ざかっていたが、2012年PGAツアーのアーノルド・パーマー招待で優勝、AT&AナショナルでPGAツアー通算74勝を達成。史上初の獲得賞金1億ドルを突破した。
/\
◆復活が見えかけた…矢先、今度は腰のけがで離脱。2014年にはマスターズ欠場、全英オープンで復帰したが棄権も多くなり、2015年フェニックス・オープンでは最下位予選落ち。さらに2017年には投薬の影響で職務質問中にろれつが回らなくなるなど、運転違反で逮捕された。そのときの目が虚ろなウッズの表情写真、世界に衝撃を与えた。
世界ランキングは、最悪1199位まで沈んだ。
自らの責任ではあるが、かつての栄光は見る影もなく「ウッズはもうダメだ」…世界から声が聞こえた。
//
◆人間ウッズ。どん底からでもやり直すことができる、世界の人々に力を与えた。20代の鋼のような185㎝の肉体、ゴルフボールを切り裂くようなショット、ケモノのようなギラっとした目はもうない。後に続く者がいる後に繋いでいく、それが人間の使命…グリーンジャケット、14年前より似合っていた。
/
乗り越えて 違う強さ
<2019.4.23    S>

大阪国か⁈ 政権与党敗北

/
21日に投開票が行われた衆議院大阪12区補欠選挙。大阪ダブル選の勢いそのままに日本維新の会公認の藤田文武氏(38)が、自民党公認・公明党推薦の新人北川晋平氏(32)、無所属・前職の樽床伸二氏(59)、共産党前職・無所属の宮本岳志氏(59)を破った。投票率は過去最低47.00%で、2年前の前回衆院選より0.5ポイント下落した。
/
◆吉村知事が200万票を取ったダブル選と違い、合計有権者34万人の寝屋川、大東、四條畷3市の投票。地域特有の地盤・組織票の強味・候補の知名度もあり僅差を予想したが1万票以上の差、あっさりと外れた。
/
投票で重視する政策についての、事前の有権者調査によると「経済や景気・雇用」が約28%と最も多く、「福祉や医療」が約27%、「大阪都構想について」が約14%と続いた。
/
候補者の獲得票分析によると、藤田氏は日本維新の会支持層の6割台、自民党支持層の約3割、無党派層の約2割から支持を得た一方、北川氏は自民党支持層の4割台と公明党支持層の約7割から支持を集めたとされるが、無党派層の支持は1割弱に留まったとされる。
◆今回の補欠選は自民党の北川知克氏の死去に伴ったもので、甥の北川晋平氏が後継として出馬、いわゆる”弔い合戦”。日本人の琴線にも触れ、弔い合戦は強いと言われる選挙戦。にもかかわらず、北川氏は自民党支持層を固めきれなかった。藤田氏と樽床氏に支持層を奪われた。特に維新の藤田氏には3割も流れた。
これは従来の組織票戦が変化したことを示すと同時に、反自民の思いが見える。決して維新に”手放しの賛成”ではない。有権者が、非難ばかりで身近を感じない具体性のない従来政治に「NO」を示したということだろう。
早々と甘利自民党選対本部長や小泉進次郎議員が駆けつけ、最終盤はついに安倍晋三首相まで乗り込んだが、維新を止められなかった。大阪での政権与党の凋落は著しい。
なりふり構わぬ”野党連合”に対しても、有権者の嫌気の意思表示だ。

◆8年ぶりに維新候補が立った大阪府内の3市長選でも、池田、八尾で勝利。「都構想への民意は前半戦でいただいた。首長選は別」と松井一郎大阪市長は語ったが、参院選へ他党は戦略の練り直しを迫られる。過去踏襲は受け入れられない、ゼロからやり直すことだ。分かりやすく具体的な大阪の未来ビジョンを訴え、結果を出して信頼を勝ち取るしかない。
◆本来政治とは住民が主権者、組織ではない。大阪は全国と違う、と地方から日本に発信した意味は大きい。そして今までのいわゆる「強者」の論理は通用しない、「弱者」の視点こそが政治。
全国59市長選の平均投票率が初めて50%を割り47.50%…これも何とかしないといけない。
政治家よ 驕るなかれ!
<2019.4.22     S>

紙幣刷新 「令和」の世

/
財務省は9日、2004年以来20年ぶりとなる千円、5千円、1万円の紙幣(日本銀行券)を2024年度上半期に一新すると発表した。新紙幣の表図柄は1万円札が渋沢栄一、5千円札が津田梅子、千円札が北里柴三郎になる。新紙幣には世界初となる偽造防止技術を採用する。
21年度上半期をめどに500円硬貨も、中心部と外側で色が異なる2色構造にする。
/
◆麻生太郎財務相は閣議後の会見で「これまでおおむね20年ごとに改刷してきた」と述べ、偽造防止のためを強調。採用の人物について「明治以降の文化人から選ぶとの考えに基づいた」と説明した。このタイミングで「平成」から「令和」への改元機運を盛り上げる。そして経済刺激策としての側面も見える。
/
渋沢栄一は第一国立銀行(現みずほ銀行)など多くの企業を設立、日本の資本主義の父。 津田梅子は津田塾大学の創始者、女子教育に注力。5千円札は樋口一葉に続き女性の図柄。 北里柴三郎は近代医学の父、感染症予防や細菌学の発展に大きく貢献しペスト菌を発見。
/
◆紙幣は財務省・日本銀行・国立印刷局が協議し財務相が決定する。
麻生財務相は3人を選んだ理由として、鮮明な写真が残っている、品格がある、国民に親しまれている―などを挙げた。
各紙幣には最新のホログラム技術を使い、紙幣を傾けても3Dの肖像が同じように見える偽造防止対策を導入した。
/
◆新紙幣のポイントは、今まで金額の漢数字が洋数字より大きいが、逆転し洋数字をグッと大きくすること。
洋数字は大きくなるが、立体感が薄れ軽く?感じられ、全体の色合いも薄く見えるがそこに高度な偽造防止策もあるのだろう。最大9ケタの記番号も10ケタに変更される。
現紙幣にはもう一種類ある。どこへ行ったのかと思うほど見られない2千円札、ほとんど流通していないため新紙幣には切り替えない。
/
◆新たな紙幣刷新には経済効果が期待できる。例えば国民のタンスに眠る”タンス預金”。「古い紙幣使えるの?」という疑問から放出の可能性が大きい。タンス預金は全国で約50兆円と推計され、その3%約1兆5千億円が動くことになる。また各種自動販売機などの関連需要が生まれる一方で、キャッシュレス化に拍車がかかるだろう。新紙幣への切り替えには、企業がATM(現金自動預け払い機)や両替機、自動販売機など更新するにはコストや時間がかかり、時代の流れもキャッシュレスだ。
しかし、国家経済の根幹は紙幣(キャッシュ)。キャッシュレスとのバランスを保つ必要がある。
/
◆新紙幣の大きい洋数字。年々増加する訪日外国人客にも分かりやすく、配慮していると言えるだろう。さらに観光立国をめざす日本、その一施策でもある。
できるならば訪日外国人の方々に紙幣を通し、日本の誇れる人物、歴史をより正しく理解してもらいたい。
/
新たな紙幣 新たな時代
<2019.4.15    S>
*平成も残り少なく、令和の時代を迎えます。変わりつつ変わらぬものを大切に、喜怒哀楽を伝えていきたいと思います…ご愛読いただければ幸いです。

維新圧勝 大阪はどこへ

昨日7日、ほぼ半世紀ぶりに統一地方選の大阪府知事・市長・府議・市議の4重選が投開票された。知事、市長選とも維新の会の吉村洋文、松井一郎両氏が反維新の小西禎一、柳本顕両氏に圧勝した。
やはり「大阪は特別、維新強し」を改めて示した結果になった。国の政権与党・自民党相手を寄せつけず…今のままでなく、何か改革をやってくれるんでは?の思いもジワジワと浸透し出したのか。
◆争点は何だったのか。
橋下徹市長時代の2015年、わずか1%差で否決された都構想。小欄は都構想をメリットvsデメリットで、分かりやすく府民市民に訴えることこそ政治家の使命と以前から言ってきた。しかし争点は「都構想」の具体的政策論争ではなく、「維新vs反維新」の非難合戦に終始する形になった。
大阪の未来、都構想を問うと言いダブル選になったんでは⁈ …そして未だ「都構想」が分からない府民市民が多い。将来のビジョンを分かりやすく示す、それが政治家ではないのか。
大阪維新の会は政治目標「都構想再び」を掲げ、ダブル選の勢いで府議・市議の議席過半数を狙った。住民投票へは府・市議会可決が必要だからだ。結局、定数88の府議選で51と過半数を獲得、定数83の市議選では40と過半数に届かなかったが大きく議席を増やした。維新戦略は成功といえる。
かたや自民大敗、打撃は大きい。”野党連合”に嫌気、知事選・市長選ともに自民支持層の50%以上が維新側へ流れたという調査もある。今後は野党側が歩み寄り、「都構想」は前へ進んでいくだろう。だからといって、一気に行けるほど簡単ではない。今回の獲得票が即「住民投票」につながるというのは早計だろう…議論を尽くし府民市民にオープンにしていくべきだ。
◆松井氏は、勝利後の会見で「批判の票もあった。丁寧に謙虚に、議論を尽くしていく」と述べた。これから正念場で長期戦?最後の思いもにじませた。維新にとって「都構想の核」吉村知事・松井市長、両氏が今後4年間の時間を得た意味は大きい。
少子高齢時代は進む。いずれ「改革」は必要になるだろう。今なのか先なのか、未来を語れ…いずれにせよ、与野党ともにもっと説明を!主権は大阪府民市民だから。
政治家よ!痛みも語れ
<2019.4.8    S>

新元号 「令和」時代へ

/
御代替わりの歴史的な年。きょう4月1日午前11時40分ごろ、新元号「令和」を菅義偉官房長官が発表した。典拠は初めて国書、万葉集から。
「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」。寒く厳しい冬の後に、花開く梅を詠んだ日本の心が込められた和歌。
/
◆元号は国民の理想として良い意味を持つもの・漢字2文字で書きやすく読みやすい・過去の元号で使われていないもの ・世間一般で日常使われていないもの。元号法では元号を政令で定めるとしている。「令和」、今回初めて日本の古典から採用されたことはいい事だ。
「令」は指令などと使われるが、りっぱ、清らか美しいという意味もある。「和」は言わずもがな、日本、和やか、助け合って…元号に表れる時代になることを願う。
/
◆世界中で元号を採る唯一の日本。
645年の「大化」から「令和」まで元号は248を数える。ほとんどが漢字2字で表されるが、歴史上まれに3字、4字、6字の組み合わせもあった。採用された字はわずか73字で、そのうち21字は10回以上も用いられている。最も多く使われた文字は「永」で29回、2番目は「天」「元」のそれぞれ27回。「平成」の「平」は12回目で「成」は初めて使われ、「昭和」の「昭」は1回「 和」は19回使われている。
そして「令和」の「令」は初、「和」は5番目の多さ20回となった。
/
◆以前から言われていた、文書などの日常生活にも配慮しローマ字頭文字で書くと明治M、大正T、昭和S、平成Hなので「MTSH」以外から「R」となった。
元号は歴史的出来事に使われ、その時代をあぶり出す。例えば「享保の改革」など。一方で昭和◯年は西暦◯年?などのように、日本の歴史と世界史の比較しにくい点もある…例えば江戸「安政の大獄」と「英の東インド会社解散」は同じ年と言われても? 1858年と西暦で比較してこそ分かる。
事務的なもの、また場合によっては西暦優先という柔軟な対応も可であろう。
/
◆30歳代より20歳代の方が元号を使い、親しんでいるという調査もあるが、元号は存在感としては薄れてきているかもしれない。
しかし1300年以上の長い歴史を積み重ねてきて、伝統や文化の重みもある。国際社会の中の日本には、様々な背景や考えを持った人たちが集まり、新たな「日本らしさ」を模索する時代の一歩と言えるかもしれない。
変わらなければならない時代だからこそ、変わらぬ事も見つめ大事にしないといけない。いま改めて元号に思いを寄せることは意義深く、変わらぬ「元号」に寄り添い生きる。5月1日0時「令和」スタート。準備して、混乱なく迎えられることを祈る。
/
敬愛と感謝 寿ぐ
<2019.4.1    S>
/
*「令和」時代へ。
変わらぬ喜怒哀楽を見つめて、続けていきたいと思います。引き続きご愛読頂ければ幸いです。