喜怒哀楽 2018

平成最後の年、戌年が終わる。災害列島、目に余る不祥事、若者たちの快挙…ニュースは色々あった。

/

◆喜◆

【こんにちは大阪万博】

2025年万博が大阪で開催されることが決まった(11月23日)。ロシア・エカテリンブルクとアゼルバイジャン・バクーを破り、高度成長期の1970年「こんにちは~こんにちは~」以来、55年ぶり2回目だ。継続こそ力、誘致を牽引した産官学の連携を7年間期待したい。
テーマは最先端技術を集結させた「いのち輝く未来社会デザイン」だが、忘れないでほしい。大阪には誇れる歴史、文化、芸能、食…魅力がいっぱいあることを!
幻の大阪五輪「負の遺産」の人工島・夢洲、今度こそ”夢の島”へ。
【2人の「大」快挙】
▼テニスの全米オープンで大坂なおみ選手(20)が、4大大会=全英・全仏・全米・全豪=シングルスで日本勢初の優勝を果たした(9月8日)。
大坂選手はハイチ出身の父、日本人の母の間に大阪で生まれ3歳で米国へ。褐色の肌をした大坂選手の快進撃に、日本中の多くのファンが感動した。一方で「純粋な日本人と違うしなぁ…」などと”心ない”声もあった。今の時代、他国にもルーツを持つ選手の活躍、さらなる健全社会への後押しとなってほしい。
「トンカツ、カツ丼、カツカレー…抹茶アイス」。インタビューの受け応えに、日本女性の素顔、魅力も見せてくれた。
▼米大リーグ・ロサンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手(24)が、アメリカンリーグの新人王に選出された(11月12日)。日本人選手として、1995年の野茂英雄投手、2000年の佐々木主浩投手、2001年のイチロー選手に次ぎ17年ぶり4人目の偉業だ。
しなやかな193㎝、本場ベースボールを驚愕させた投打の「二刀流」。シーズン前に「できるわけがない」。調子が上がらない姿には「高校生レベル」とまで酷評されたが、米国で最も愛される神様・ベーブルース以来、約1世紀ぶりの二刀流50投球回・15本塁打を達成した。
来季は打者に専念し、どんな記録を刻んでくれるのか…2020年には進化した二刀流が帰って来る!

◆怒◆
【恥を知れ不祥事】
文部科学省の私立大学支援事業対象校選定の見返りに、東京医科大学に息子を合格させたとして、文科省科学技術・学術政策局長の佐野太容疑者(58)が受託収賄の疑いで逮捕された(7月4日)。
この事件をきっかけに次々と医学部の不正入試が明るみになった。厚生労働省が全国81大学を調査し、複数の大学が女子に対して一律減点などを行った疑いが生じた。その後、計10大学の医学部が募集要項には記載のない得点調整を行っていたことが明らかになった。この事件がなければ闇の中だったのかと思うと…。
襟をただせ!国を牽引するべき官僚、命を預かる医学部…この国の将来は大丈夫なのか。
/
【許せぬタックル】
名門、日本大学アメリカンフットボール部の選手が関西学院大学との定期戦で、パスを投げ終え無防備な選手に背後からタックルしケガを負わせた(5月6日)。幾度も流れた公開映像、誰もが”暴力行為”と目を疑った。
関東学生連盟は日大・内田正人監督と井上奨コーチの指示を認定し永久追放相当の「除名」、タックルをした選手・チームには「出場資格停止」処分を下した。
最後まで「指導と選手の受け取り方に乖離(かいり)があった」とした日大側に比べ、自らの言葉で語った当該選手の覚悟と勇気の記者会見に清々しさを感じた。”加害者”となった日大選手は「名前を出さない謝罪はない」と名前を公表してカメラの放列を前に深々と頭を下げた。そして経緯・思いを訥々と、かみしめるように語った言葉は聞く者の胸に響くものがあった。
日大側の”大人たちの会見”が恥ずかしい。

◆哀◆
【地震 女児の死】
6月18日の朝、最大震度6弱の地震が大阪府(大阪市北区・高槻市・枚方市・茨木市・箕面市)を襲った。多くの死傷者を出し、家屋損壊、帰宅困難者があふれた。またも都会の脆さを露呈した。
高槻市の小学校でブロック塀が倒れ、登校途中の小学4年生の女児が下敷きになり死亡。倒壊した塀は、建築基準法施行令に定められた高さ基準をはるかに超えていた。文部科学省は、全国の小学校・中学校設置者に対して敷地内のブロック塀についての緊急点検を実施するように要請した。なぜ起きてからなのか後手なのか、悲しく悔しい。
世界有数の地震国日本。改めて「命を守る」ために何ができるのか、人類に問われている。
/
【お願いノート】
「しっかりとじぶんから  きょうよりも  もっともっと  あしたからはできるようにするから  もうおねがい  ゆるして  ゆるしてください  おねがいします」
3月に東京目黒区で度重なる虐待を受けていた5歳女児が死亡し、両親が逮捕された。許せない!何とかできなかったのか、といたたまれない。社会、地域の問題もあぶり出した。児童相談所の一層強い権限も望まれる。
父親は、女児に太っているとして減量を命じ食事も制限。朝食はスープのみ、昼食は茶わんに3分の1のご飯とみそ汁、晩ご飯は茶わん半分程度のご飯という日が続き1日1食の日もあったという。痩せ細り亡くなる10日前まで書いていたというノートが発見、冒頭のひらがな文字が書かれていた。
涙を堪えられず、哀しく憤りが抑えられない…虐待もう終わりにできないか!

◆楽◆
【ジャパンの光】
波乱のロシア大会と言われた2018年W杯サッカー、サムライブルーは初の8強の悲願を砕かれた(7月2日)。しかし確実に”世界の扉”をこじ開けた。
決勝トーナメント初戦。優勝した仏を準決勝で苦しめたベルギー相手に、アディショナルタイムに3点目を奪いにいった西野ジャパン。10秒足らずの圧巻カウンター攻撃に2-3で敗れたが、海外メディアは「黄金世代ともいわれる”赤い悪魔”を本気にさせた」。 敗戦後「他に戦い方があったはずだ」と、厳しい指摘もあったが…過去出場5回のような”弱者のサッカー”から抜け出し、貪欲に勝利をとりに行った。地に足をつけた戦略サッカーができるようになった。
世界の舞台で「自信」、4年後の光が見えた。
/
【おにぎり楽し!】
「ミシュランガイド東京2019」が11月発売。いつものように「すきやばし次郎本店(寿司)」「カンテサンス(フレンチ)」などが12年連続で卓越した料理を意味する「三つ星」を守った一方で、なんと「おにぎり」が登場した!星評価ではないが「価格以上の満足・5000円以下で楽しめる」と位置づけられる「ビブグルマン」に選ばれた。店名は「おにぎり 浅草 宿六」。創業1954年、三代続く東京で一番古いおにぎりの専門店で、現代まで愛され続ける老舗だ。
遠足、運動会、弁当…日本人で.おにぎりを一度も食べたことのない人はいまい。それは母の味とも言える。
飽食の時代、そんな国民食ソウルフードがミシュランガイドに取り上げられた…やるじゃないか!

人を時を見つめ 平成大晦日
≺2018.12.31    S≻
*2018年ありがとうございました。読まれた方が、少しでも「喜び、怒り、哀しみ、楽しさ」を感じていただければ…筆を続けていきたいと思います。