キャプテンの一言 » 2015 » 12月 » 18

12/18(金)キャプテンの一言

2015/12/18 金曜日 - 22:08:42 by captain

▼きょうは朝早くから住之江ボートへ出掛けた。年末の大一番SG
「グランプリ」と「同シリーズ」がきょう開幕、開会式に間に合うよう家
を8時前に出た。分かっていることとはいえ、このラッシュ時間帯の
地下鉄御堂筋線の梅田駅は凄かった。改札を入りホームへ降りよう
とするが、人、人、人で動けない。電車1本に人が飲まれていくと
やっとホームにたどり着く。そしてガラガラの電車はアッという間に
超満員となって発車する。ボクは1年に1回か2回しか経験しないが、
これを毎日経験している人は凄すぎと感心してしまった。開会式では
出場選手紹介のあと、地元・大阪の西村拓也選手が選手宣誓した。
中央ホールは超満員の盛況で、ファンが思い思いの選手に花束を
渡していた。選手では石渡鉄平選手の「五郎丸ポーズ」やきょう
公開の映画「スターウォーズ・フォースの覚醒」ネタを披露した辻栄
蔵選手らがファンから喝采を浴びた。一方、レースの方は11Rと
12Rに組まれたグランプリトライアル1stでは1号艇の峰竜太選手
と3号艇の池田浩二選手が1着となり3日目からのグランプリトライアル
2nd進出へ大きく前進した。23日には優勝賞金1億円をかけたバトル
が繰り広げられる。

▼先週は2歳女王決定戦だったが、今週は2歳王を決める一戦
「朝日杯フューチュリティ」が同じ阪神競馬場の芝1600㍍で行われる。
このレースは牝馬も出走可能で今回コパノディールが果敢に牡馬
に挑戦する。しかし注目はなんと言っても武豊騎手がリーチを
かけているJRA平地GⅠ(22)の史上初完全制覇だろう。
武騎手はこのレース以外のGⅠをすべて勝利している。この
レース2着が3回もあるが勝ったことがない。20日のレース
には6枠11番のエアスピネルに騎乗する。ここまで武騎手
が手綱をとって2戦2勝、新馬戦は「朝日杯フューチュリティ」
と同じ阪神のマイル戦で1分34秒5の好時計で快勝している。
前走はGⅡのデイリー杯2歳S、京都競馬場の1600㍍で
3戦3勝だったシュウジに3馬身2分の1つけて圧勝している。
きのうの追い切りでもサンスポ評価「S」(最高)の文句なし。
武騎手も「ここまできたら勝ちたい。今年は人気を集めるから
大きなチャンス」と話している。ボクもエアスピネルでほぼ堅い
と思っている。それでも強敵はいる。1戦1勝でデータ的には
「なし」だが、デビュー戦(11月22日、京都、芝2000㍍)鮮烈
だったリオンディーズ(8枠15番)。父キングカメハメハ、母は
日米のオークスを制したシーザリオ、半兄は2冠馬エピファネイア。
この良血馬が圧巻のデビュー戦を飾ったのだから当然、
脚光を浴びる。しかも新馬戦の2着(ピースマインド)3着馬
(アドマイヤダイオウ)が2戦目で楽勝している。レベルの高い
レースだったことが分かり、のちに「伝説の新馬戦」と呼ばれる
かもしれない。勝つのはエアスピネルとリオンディーズの
どちらかでほぼ決定だろう。