キャプテンの一言 » 2014 » 11月 » 24

11/24(月)キャプテンの一言

2014/11/24 月曜日 - 22:29:59 by captain

▼アッという間に慶長5年(1600年)の関ヶ原の合戦に
突入してしまうNHK大河「軍師官兵衛」。長男・長政は
米沢の上杉景勝討伐のため、徳川家康とともに出陣した。
官兵衛は九州・中津へ帰って軍(いくさ)準備を始めた。
帰る前に石田三成の居城、佐和山城を訪ねて、上杉の家老、
直江兼続と組んで「家康挟み撃ち作戦」を披露しているが、
これが史実とは思えない。以前も指摘した通り、豊臣秀吉の
晩年は軍師ではなくなっていた。
それでもタイトルに軍師とある以上、格好をつける必要がある。
そのため、どうしてもムリが出てくる。現在の官兵衛を
表現するなら軍師より策士に近いだろう。
あと3回しか残っていない状況でラストシーンは九州になって
くるというのが順当といえる。14日の最終回、衆議院選挙の
投票日で仕事になりそうだったがNHKが英断した。
最終回を1週ずらすことを先週決めたから、じっくり家で
見ることができる。

▼ところで、三成は大阪城へ大名の妻子を人質に取るのだが、
黒田家は光(てる)や新たに長政の妻のなった家康の養女、
栄姫を九州へ逃がすことに成功した。しかし、細川忠興の妻
「たま」洗礼名ガラシャは死ぬことになる。忠興は長政と
一緒に出陣していたので大阪屋敷にいた家臣が槍で刺して
火をつけたといわれている。このことが家康陣地に伝わり
一層、三成憎しになったとも伝えられている。逆に三成側は
こんな作戦すら実行できないと天下にさらしてしまったことに
なった。
結局、家康軍は三成蜂起の報を受け、今の栃木県小山で軍議を
開き、上杉ではなく、当初の家康の作戦通り三成を討伐する
ために上方に引き返すことになった。
あと3回、とにかく楽しみたい。

▼土・日・月と行われたJRA。
きのうのGⅠ「マイルチャンピオンシップ」は番組でも推奨した
フィエロ、一瞬勝ったと思ったが、去年1番人気(3着)だった
ダノンシャークが内からグイグイ伸びでハナ差差し切った。
馬券は残念ながら1着がなく2、3、4着の組み合わせのみ。
しかし、きのうはGⅠだけでなく「WIN5」が史上4度目の
キャリーオーバーとなった。京都9Rが4番人気、東京10Rが
11番人気、京都10Rを16番人気が勝ち、2Rを残して588万
452票(売り上げ5億8804万5200円)中、75票しか残って
いなかった。4R目の東京11Rは10番人気が勝って残ったのは
わずか5票。最後はマイルチャンピオンシップを残すのみ。
しかも5票のうち、1票はフィエロ。もし、ハナ差わずか5㌢が
フィエロに微笑んでいたら、その人は4億円を独り占めしていた
ことになる。それに比べればボクの外し方は「傷は浅い、
しっかりしろ」といえる。