キャプテンの一言 » 2013 » 8月

8/30(金)キャプテンの一言

2013/08/30 金曜日 - 22:21:44 by captain

▼アメリカ東海岸に大量のハンドウイルカ
(バンドウイルカと同じ)が座礁しているのが
見つかった。NOAA=アメリカ海洋大気庁=の
海洋水産局によると、26日の時点でニューヨーク州
からノースカロライナ州にかけて合わせて333頭が
座礁し、ほとんどが死んでいるかひん死の状態
だったという。27日海洋水産局はクジラモルビリ
ウイルスによる集団感染が原因と報告している。
クジラモルビリウイルスによる集団感染は四半世紀
ぶりだといい、大西洋岸での流行は非常に珍しい
という。しかし、2年前からブラジル東海岸などで、
イルカやペンギンの大量死が見つかったが、おそらく、
このウイルスが原因と思われる。人間でいうところの
「はしか」で、1回抗体ができると感染しないという。
今回見つかったハンドウイルカの内、26歳未満の
個体には免疫がなかった。抗体を持つ世代が一巡して
しまい、抵抗力を失ってしまった。生き残った個体が
抗体を持ち、子孫を増やしていくことで新たな繁栄が
始まる。因みにこのモルビリウイルスと同族ウイルスに
よる集団感染は1988年北海で発生しアザラシ
1万7000頭以上が死亡、また1994年アフリカ・
タンザニアでライオン1000頭以上が死んでいる。
研究者はこのウイルスの発生には海水温の上昇も
考えられるとしている。

▼こちらも気温上昇の影響なのか、謎のパンドラ
ウイルスが発見された。サリヌスとドゥルキスの
2種類で7月19日号のサイエンスに発表され表紙も
飾った。サリヌスはチリのトゥンケン川河口で、
ドゥルキスはオーストラリアのメルボルン近郊の
淡水湖でアメーバの体内から発見された。
これまでの平均的」ウイルスの10~20倍の大きさで
どちらかといえば細菌の大きさである。さらに普通の
ウイルスの遺伝子数がおよそ10個なのに対して
サリヌスは2556個、ドゥルキスはおよそ1500個とけた
違いの多さ。もっと凄いというか、恐ろしいのは
遺伝子の93%が既知のいかなる遺伝子配列とも
共通点を見出すことができないという。つまり
未知の生命体ともいえる。学者の間でも現在ある
生物の3つのドメイン=分類=に新たに加える
必要があると唱える人が現れている。現在のところ
人間には感染しないとされているが、パンドラと
命名されるくらい未知で謎のウイルス、人類に
とって発見しなかったほうがよかったのではないか?

8/28(水)キャプテンの一言

2013/08/28 水曜日 - 22:28:20 by captain

▼きょうのニュースにも登場した世界文化遺産
(古都京都の文化財)に登録されている京都・
二条城の唐門(重要文化財)がきょうから
1年半の修理を終えて一般公開された。
そこには謎の重ね紋が存在した。唐門の屋根の
軒下に12カ所ある天皇家を表す菊の紋を
調べたところ、菊の紋の金具の下から徳川家の
家紋である葵の紋が見つかったという。
元離宮二条城事務所は「なぜこの部分は上から
金具をかぶせたのか分からない。江戸から明治への
激動の歴史を刻む唐門をぜひ見てほしい」と
話している。現在の二条城は江戸幕府を開いた
徳川家康が京滞在中の宿として作られたもので、
1867年の大政奉還によって朝廷の管理下に入った。
17年後に天皇家の別荘「二条離宮」になった時、
菊の紋の金具が取り付けられたと見られているが、
葵の紋を残したことについては謎である。

▼二条城には明治までに4つの歴史がある。
第1は室町幕府13代将軍・足利義輝(松永久秀に
襲撃されて命を落とす)の居城としての
「二条御所武衛陣の御構え」、第2の時代は、
室町幕府15代将軍・足利義昭の居城で
織田信長によって建てられたもの。
「二条御所」と呼ばれたが二条通には面して
いなかった。第3は、その信長が京の宿舎と
したのち、皇太子に献上した「二条新御所」で
二条の地には関係なく、名称を受け継いだもの。
そして第4が先に示した徳川家康によるもの。
徳川幕府は京都の治安維持などに京都所司代を
置いたが、二条城は使わせなかった。
将軍上洛の時のみ使われたらしい。

▼京都所司代は治安維持、朝廷・公家の監察、
西日本諸大名の監視などさまざまな職務が
与えられていて、初代・奧平信昌から56代・
松平定敬まで続いた。もちろん譜代から
選任され3万石以上の大名が有資格者だった。
江戸中期からは老中への登竜門的なものとなり、
地位のみ高く実力が伴わなかったため、幕府は
所司代の上に京都守護職を置いた。この職制で
有名なのは、NHK大河「八重の桜」の八重の出身、
会津藩主・松平容保だろう。混乱の勤皇佐幕の時代、
公武合体に賛意を示していた孝明天皇が存命して
いればまだしも、明治も16年にもなってからの
修復で菊の紋と葵の紋が同居していたのは
不思議というより謎というしかない。

8/26(月)キャプテンの一言

2013/08/26 月曜日 - 22:27:52 by captain

▼名牝ベガの孫娘は恐ろしいくらいに強かった。
きのう行われたG3「新潟2歳ステークス」に
出走したハープスター。先週のこのコーナーでも
書かせてもらったが、そのレースっぷりは、
まさに父ディープインパクトを彷彿させるもの
だった。17番枠からスタート、TV観戦していて
「あっイタッ」と思うくらいの位置取り。ゲートは
出たものの最後方でマイペース、走る気が
ないように見えた。4コーナーを回る時もまだ
18番手、単勝を購入している身としては目を
つぶりたい展開。しかし、そこからが別の馬の走り。
大外からエンジンを加速させると、メンバー最速、
2歳馬とは思われないラスト3F(600㍍)を
32秒5で上がって、前をいく17頭を差し切った。
まさにディープの切れ味といっていいだろう。
それも2歳で、しかも2戦目で発揮した。
ハープスターは牝馬ながら初戦の新馬戦は雄馬との
混合戦、今回も雄馬を相手にしての重賞制覇。
来年の桜花賞への夢が膨らんできた。管理する
松田博トレーナーはクラシックのことを聞かれて
「まだいくらでも出てくるからな、ウチから」
(サンスポ)と話している。「まだ」の中身は
レーヴディソール(阪神ジュベナイルF)の半妹・
レーヴデトワールとブエナビスタの半妹・
サングレアルのことをいっているのだろう。しかし、
ハープスターは今後のローテーションを自由に
組める有利さがある。ケガをしないように元気で
晴れ舞台まで頑張ってもらいたい。

▼ボート界はあすから丸亀ボートでSG「第59回
モーターボート(MB)記念」が始まる。
優勝賞金3500万円を競うわけだが、ここにいつも
応援している大阪の湯川浩司選手が出場していない。
8月19日現在賞金ランキング15位にもかかわらず。
これはMB記念の出場条件によるもの。
このレースは去年の賞金王決定戦ファイナル
進出者6選手と直前のSGオーシャンカップの
優勝者、そして開催場を除く23場の推薦2選手
(前記有資格者を含む)、最後に開催場の
推薦となる。今回は地元・丸亀から4選手と去年、
丸亀のSGを勝った奈良(大阪支部)の
丸岡選手の合計53選手が熱戦を繰り広げる。
大阪支部は有資格者に松井選手と太田選手が
いるため、湯川選手は残念ながら出場できない。
湯川選手はここまで51連続でSG出場を
果たしていて連続出場の記録保持者だ。
特に成績が悪いならまだしも、ランキング15位に
いるだけにやるせない気持ちになる。

8/23(金)キャプテンの一言

2013/08/23 金曜日 - 22:24:43 by captain

▼きのうは関電がこの夏最大の電力ピンチになった。
気温は最高ではなかったが、大阪市は16日連続で
猛暑日となり、関電管内では使用率は96%に達した。
日本中がこんなのかと思うと山陰地方では豪雨に
なっていた。きょうも大阪市は35度を突破して
17日連続の猛暑日記録を更新した。しかし、
富山県など北陸地方で豪雨となっている。今後も
全国で大雨が心配される。この気象現象は日本だけ
ではない。隣の中国もかなりのもの。21日に東京で
人工雨装置の稼働が12年ぶりに行われたが、中国では
北京オリンピックの時(この時は会場で雨に
ならないよう別の場所で降らせようとした)に
行われたロケット弾による雨乞いが広範囲に
行われている。一方で南部広東省のスワトーでは
豪雨による大洪水が発生してワニ養殖場から
1000匹以上が逃げ出したとネットで流れた。市当局は
否定していたが、21日になって逃げ出したことを認めた。
同時に25匹を捕獲したことも明らかにした。ただし
何匹逃げたかは不明ながら1000匹はあり得ないと
している。去年も同じようなニュースがあったが、
中国ではワニを食用として養殖しているという。
今回逃げ出した養殖場は広東省最大規模で
1万匹以上がいたらしい。ワニの肉は意外とおいしいと
聞くが残念ながら食べる機会には恵まれていない。

▼その昔、こうした自然を支配していたのは天皇の
能力だった。邪馬台国の女王、卑弥呼も「鬼道を
よくして衆を惑わす」と魏志倭人伝に書かれており、
祭祀、祈祷を行い、かなり成功していたと思われる。
天皇の雨乞いとして分かっている最古のものは、
日本書紀にある皇極天皇で、642年7月25日、
大臣(おおおみ)の蘇我蝦夷が雨乞いのため大乗経典を
転読されたが、お湿り程度だったので止めてしまった。
しかし8月1日、皇極天皇が自ら祈祷すると雷が鳴り
大雨が降ったとある。さすが天皇の霊験というべきだろう。
ただし、この雨、5日間降り続いたと記録されている。
ちなみに天下大乱ともいうべき、乙巳の変
(いつしのへん、かつては大化改新といわれた)が
起こったのも皇極天皇4年(645年)のこと。また、
のちに斉明天皇となり日本初の重祚(2度天皇になる)
した天皇としても有名で、その子は中大兄皇子、
天智天皇である。

8/21(水)キャプテンの一言

2013/08/21 水曜日 - 22:27:33 by captain

▼27日に打ち上げられる日本の次世代ロケット
「イプシロン」の初号機がきのう、報道陣に
公開された。H2A(B)ロケットなどが
打ち上げられる種子島宇宙センターではなく、
鹿児島県肝付(きもつき)町にあるJAXA=
宇宙航空研究開発機構の内之浦宇宙空間観測所で
リハーサルが行われた。従来の液体燃料ではなく、
固体燃料を使い、小型化され打ち上げ費用も
H2Aのおよそ100億円の4割弱に抑えられている。
なにより最大の特徴は機体のチェックなど
すべてコンピュータ制御していること。これにより
打ち上げ準備が従来のおよそ40日から1週間程度に
短縮された。しかし、22日に予定されていた
初号機の打ち上げは配線ミスから27日に
延期されており(ロケット搬入時にもトラックの
故障で遅れた)、人が失敗すれば元も子もないことも
分かった格好。商業ベースに乗ったイプシロンにより
世界との競争に入っていけることは事実で、
是非とも成功してもらいたい。

▼ロケットといえばロシアとインドが共同で
開発している月探査計画チャドラヤーン2
(ロシア名ルナ・レスールス)を白紙にしたと、
インドのマスコミが伝えた。この計画はインドが
月周回機と月面ローパーを担当、ロシアが着陸機を
担当してすべてを合体した状態でインドの
ロケットで今年中に打ち上げる予定だった。しかし、
ロシアが2年前、火星探査機フォボス・グルントを
失ったことで計画が見直され2016年まで
先送りされてしまった。さらに、ロシアの着陸機の
重量が予定よりオーバーして、インドのローパーに
減量を要求してきたという。これを受けてインドは
独自の計画として練り直した方が得策だと
判断したと伝えている。宇宙を巡っては、
中国が単独で宇宙ステーション「天宮」を
持っているし、自力で物資の輸送も行っている。
しかし、商業衛星の打ち上げは民間も含めて今後
ますます競争が激化する。日本のイプシロンも
こうした世界の流れの中で開発され、ESA
=ヨーロッパ宇宙機関=やアメリカ、民間企業
(スペースXなど)も含めて戦っていくわけで、
その初号機が27日に晴れてデビューする。
みなさんも注目しましょう。

8/19(月)キャプテンの一言

2013/08/19 月曜日 - 22:27:11 by captain

▼日本の最高気温は、8月12日に高知県四万十市で
記録した41・0度だが、世界の最高気温って
どれくらいだろう。実は日本で世界1の気温といえば、
イラクのバスラで、1921年7月8日に記録した
58・8度とされていた。しかし、これはどうも
間違いのようだ。WMO=世界気象機関=は
去年の9月に、世界最高気温に関して1922年9月13日、
リビアのアジジアで58・0度を記録したのは
観測ミスで、1913年7月10日に
アメリカ・カリフォルニア州デスバレーで観測した
56・7度が公式記録だ、と発表した。
日本で発表されているイラクのバスラの文字はない。
日本では1934年に「気象学」改訂版に初登場したのだが、
これが間違いだったようだ。1922年にイギリス
気象学会誌に報告された「華氏128・9度
(摂氏53・8度)」が勘違いか誤記によって58・8度に
されたらしい。しかも日にちも8日ではなく15日と
17日だった。これは気象庁気象研究所の
藤部・環境応用気象研究部長が日本気象学会の機関誌に
発表したもの。日本以外にバスラが世界1暑いという
記録が記載されたものはない。80年近くも
間違っていたかも知れないが、これから先、
もう間違うことはないだろう。

▼毎日、猛烈に暑い日が続いているが、
永久に夏が続くことはあり得ない。夏競馬ももう大詰め、
今度の日曜日は新潟競馬でG3の2歳ステークスが
行われる。このレースにハープスターという牝馬が
出走を予定している。牝馬は過去5年で2頭が
優勝しており、不利ということはない。
初戦は7月14日、中京競馬1400㍍で、
ロードカナロアの弟、ロードストームらを相手に
厳しい展開をものともせず、メンバー最速の末脚で
快勝した。この馬の面白い?ところは、おばあさんと
名前が同じ意味ということ。
祖母ベガはチューリップ賞―桜花賞―オークスを
3連勝(この前の新馬戦を入れれば4連勝)した
名牝だが、意味がもちろん、こと座の1等星ベガ。
では孫のハープスターはといえば、こと座の星、
つまりベガのこと。ベガの子ではアドマイヤベガ
(ダービー)アドマイボスヤ(朝日杯)がG1を
勝っている。孫のハープスターも、ここ新潟2歳
ステークスを足場にしてG1の舞台で活躍してもらいたい。

8/16(金)キャプテンの一言

2013/08/16 金曜日 - 22:22:24 by captain

▼水曜日に続き難しい病気の話をもう少し。
14日開かれた厚生労働省の審議会は中南米に多く、
重い心臓病につながる恐れのある「シャーガス病」
感染者による献血が6月、国内で初めて確認された、
と報告した。しかも献血した中南米出身の40歳代
男性の血液がおよそ10人の治療に使われた可能性が
あるという。不覚にも知らなかったが、厚労省は
去年10月から「中南米出身」
「中南米に4週間以上滞在した」などと申告した人の
献血は、感染の恐れがない種類の製剤だけ使うという
対策をとっていたが、この男性はそれ以前にも
少なくとも9回献血していたという。さらに問題なのは
感染から発症までに10年から20年もかかるということ。
心筋炎、心肥大、脳髄膜炎などを引き起こすらしい。

▼この病気を媒介するのはサシガメといわれる
カメムシの1種で、中南米中心に生息している。
一部アメリカ南部にもいるという。シャーガス病は
アメリカトリパノソーマともいわれ、
「トリパノソーマ」原虫による感染症。もちろん、
日本にいるカメムシとは違う種で、刺されると、
ハチに刺されたような激痛らしいのですぐに
分かるという。
また、このトリパノソーマはアフリカでは
ツェツェバエを介して「アフリカ睡眠病」または
「アフリカトリパノソーマ症」といわれる病気を
引き起こす。日本ではマダニによる死亡例が
報告されている。肌の露出が多い季節、
昆虫くらいと思わず十分気をつけよう。

▼毎日、猛暑日でうんざりするが、温暖化によって
リンゴの糖度が増してきているという、研究結果が
15日付けのネイチャー系科学誌に発表された。
日本の独立行政法人農研機構=「農業・食品産業
技術総合研究機構」=の果樹研究所が青森県と
長野県にある果樹園で1970年から2010年までの
データを分析した結果、果実の堅さはある程度
失われたが、甘みは増したという。
調査した果樹園では「ふじ」と「つがる」を継続的に、
栽培方法を変えずにきたことで研究の対象なった。
長野県の「ふじ」は1980年から30年間に酸含有量が
15%減り(酸味が減った)、糖度は5%増したという。
いい結果だと思うのだが、研究者の1人は
「大半の人々は甘くて堅いリンゴを好むが人それぞれ
好みがある。軟らかいリンゴは日本語で『ボケ』と
呼ばれる」と話し、甘いのはいいが、
軟らかくなることには否定的な感想を述べている。
カチカチよりは多少、軟らかくてもいいと思うのだが…。

8/14(水)キャプテンの一言

2013/08/14 水曜日 - 22:28:45 by captain

▼厚生労働省はミドリガメの取り扱いに注意を
呼びかけている。これはアメリカでカメと
接触したことが原因でサルモネラ症の集団発症が
起こっているためだ。アメリカでは2011年5月以降、
サルモネラ症の患者数が41州で391人報告され、
3割が入院するなど重症化している。患者の7割が
食品からではなく、カメとの接触によるものと
思われる。ミドリガメは通称で本当はアカミミガメと
いわれている。日本に入ってきているのは、祭や縁日で
おなじみのミドリガメ、ミシシッピアカミミガメで
幼体の時はいかにも可愛く見え、緑色をしている。
しかし、成体は最大28センチにもなる。ちなみに
オスよりメスの方が大きい。色もきれいな緑ではなく、
濃い緑や黒っぽいものや赤っぽいものもいる。
大きさも純血のままなら大きくならないが
交雑したものは大きくなってしまう。北海道は
別として日本中に棲息している。特に城の堀や
公園の池にはほとんどといっていいほど棲息している。
日本生態学会によって「日本の侵略的外来種
ワースト100」に指定されている。サルモネラ菌は
食品からも当然、感染するが、カメなどハ虫類も
保菌していることを忘れてはならない。

▼感染症といえばアメリカで温暖化によると思われる
アメーバ感染が心配されている。
「フォーラーネグレリア」という名前のアメーバで
病原性アメーバ性髄膜脳炎を引き起こす。
アメリカでは過去半世紀で128人の感染が確認され
助かったのは2人のみ。日本では1例あるだけ、
1996年11月に佐賀県で20代が感染して9日目に
亡くなっている。感染経路は確認されていない。
この恐ろしい感染がこの夏、アメリカで2例も
確認されたという。最初は7月に水路で水遊びを
していて感染した12歳の少女で実験的新薬の
投与によって回復に向かったという。
CDC=アメリカ疾病対策センターが発表した2例目は
中学男子で現在、集中治療室に入っている。
「フォーラーネグレリア」は水温が25度から
35度Cの環境で見つかるという。温暖化によって、
この範囲の淡水が増えれば、それだけ危険が
増すことになる。日本ではアメリカで使われた
実験的新薬の使用は不可能と思われるので、
感染発症したらかなり厳しい状況になる。温暖化は
思わぬところでもわれわれに恐怖を与えているといえる。

8/12(月)キャプテンの一言

2013/08/12 月曜日 - 22:33:06 by captain

▼邪馬台国は九州にあったと信じている。9日に
亡くなった森浩一・同志社大名誉教授も大阪出身で
ありながら邪馬台国九州説を唱えた異色の人だったと
思う。卑弥呼の時代は北部九州にあって壹与
(台与=とよ=とも)に近畿(奈良)に遷ったという
東遷説はあまりにも有名な学説。もし、この説が
正しいなら箸墓古墳は壹与の墓が有力になると思われる。
しかし、纏向(まきむく)遺跡からモモの種など祭祀に
使われたと思えるものが大量に出土しているとはいえ、
まだまだ確定したわけではない。ボクは大分県の
日田市に魏志倭人伝にある邪馬台国はあったと思っている。
しかし、この邪馬台国が東遷したとは思っていない。
謎の伊都国がそうではないかとにらんでいる。伊都国は
倭国の玄関口であり、おそらく軍が駐屯していたと
思われる。今でもそうだが、もっとも軍事力を持っていたと
思われる伊都国は忽然と消えている。謎が謎を呼ぶとは
このことだろうと思う。だからワクワクする。

▼きのう、優勝賞金1000万円を懸けた鳴門ボートのG1
第27回女子王座決定戦ファイナルは、4号艇の岡山・
金田幸子(かなだ・ゆきこ)選手がトップスタートからの
まくりを決めて優勝した。テレビ観戦だったが、
迫力満点のレースに舟券は外れたものの、十分満足した。
10回もこの大会に出場しながら、初めての優勝戦出場で
タイトルを1発で手にした強運、少し分けてもらいたい。
1号艇の香川の平山智加選手は3着に敗れ、この大会
1号艇での3度目の正直はならなかった。とはいえ、
女子の賞金ランキングは3318万2000円で1位、
金田選手は2450万9000円で2位、この2人は今年から
創設された年末の第1回賞金女王決定戦への出場権
(賞金獲得上位12人)をほぼ手中に収めた。しかし、
シリーズを通して波乱だったレースは最後まで波乱の連続。
3連単は4―5-1となり2万1420円の高配当で幕切りと
なった。ボートレースではいかにスタートが大事かと
いうことを改めて思い知らされた。0・22秒で一番遅れた
1号艇の平山選手もサンスポ紙上で「スタートはゼロ台を
狙っていたけど、途中で遅れたと思った。遅れたのがすべて。
ここ一番で遅れるのを克服しないと…」と話している。
それにしても初めての優勝戦進出で優勝した金田選手には
素直に「おめでとう」を送りたい。

8/9(金)キャプテンの一言

2013/08/09 金曜日 - 22:22:31 by captain

▼やっぱり鳥インフルエンザH7N9型は人から
人へ感染していた。中国・江蘇省の疾病予防局の
研究チームが7日イギリスの医師会雑誌で発表したもの。
家禽市場に出入りしていた父親=60歳=が先に
感染して入院、これを32歳の娘が1週間にわたって
看病した。この娘は鳥類に接触がなく、研究チームは
父―娘感染について「最も可能性の高い説明だ」と
人―人感染と結論づけた。これまでにH7N9型で
140人以上が感染、40人以上が死亡している。
現在は収まっているものの、世界の研究者は冬になると
再び発生する可能性があると警戒している。ここで
問題になるのは耐性ウイルスがすでに
確認されていること。発生当時はタミフルなどの
インフルエンザに効く薬に効果があるとされ、多く
服用されたが、5月耐性を持つH7N9型ウイルスが
見つかった。今のところ、人から人への感染力は弱いと
されているが、ウイルスは非常に変異しやすいという
特徴を持っていることを十分注意する必要がある。

▼人間でも20年ぶりに再開すると「アレ? 誰だっけ」
と思い出せないことがしばしば起こる。ところが、
水族館で芸をしているハンドウイルカは、
20年ぶりに再開した仲間を確認したという。
これはアメリカ、シカゴ大学の動物行動学者
ブラック氏が研究成果として発表した。人間以外の
動物では最も長期間にわたる記憶力だという。
ただし、ゾウやチンパンジーにも同じ記憶力が
備わっているとみられているが、
検証されていないらしい。ハンドウイルカの寿命は
メスでおよそ40年、オスは30年強といわれているから、
20年前の記憶があるということは人間より優れている
ともいえる。ハンドウイルカはバンドウイルカとも
表記されるが、これは1957年、海獣類研究家の
西脇昌治氏が標準和名を提唱した時に学会誌の
編集部が「ハ」を「バ」と誤植したことに始まるといい、
やっぱり正しくは「ハンドウイルカ」のようだ。
ちなみにハンドウは「半道」と書き、1里の半分とか、
全工程の半分という意味で、名付けられた江戸時代の
人には中途半端な大きさだったみたい…。