キャプテンの一言 » 2012 » 6月

6/29(金)キャプテンの一言

2012/06/29 金曜日 - 22:08:18 by GUCCI

▼来週の月曜日、7月2日(いいおとなリューアルの日)から
関西電力管内では節電の季節が始まる。仕方ないことなので、
あまり気にしないようにしている。元々、寒さにも暑さにも強い方だと
思っている。ただ、通勤電車が暑いのは勘弁してほしい。
ボクが使っている電車はかなり節電していて「やりすぎちゃう」
というくらい。空いた時と、混んでいる時は区別して、
ひと工夫してほしいと願う。ところで、1日前の7月1日はラジオ大阪の
弁天RシスターズのCDデビューの日だが、「うるう秒」を入れる日
でもある。うるう年のように4年に1度というわけではないらしい。
午前8時59分59秒のあとに挿入され、60秒になる。
そのあと9時00分00秒というわけ。地球は24時間で1回転(自転)
しているが、誕生当時はもっと早く回っていて46億年前は
5時間しかかからなかったという話だ。1日が5時間では一眠りすると
1日以上過ぎている。人との約束も気軽にできない。
幸い、その頃(なが~い年月)人類はいなかったから要らぬ心配だが。

▼日本書紀にも登場する磐余池に比定されている橿原市東池尻町で、
一部とされる堤の跡に続き池の底が見つかったと発表された。
磐余は古代天皇の宮によく使われている。その存在にナゾの多い
聖徳太子の父、用明天皇も磐余池辺双槻宮(いわれいけべの
なみつきのみや)がある。今回の場所とは異なる桜井市にある。
因みに用明天皇は欽明天皇の第4皇子で、蘇我氏を外戚に
持つ初の天皇でもある。

▼天皇賞はとっくに終わったが、競馬は続く。まあ、1年中あるから、
休憩(パス)するのは自分の意思と判断になる。
ボクはPOGで取った愛馬が出走する。あした土曜の中京と函館の
1Rに出走、1Rということは初戦のメイクデビュー(新馬)に
勝つことができなかったことを意味する。
悲しいことではあるが、2戦目で勝ち上がれば、まだまだ将来性が
みえてくる。当然、目標は来年のクラシックだから。
ただ、早く賞金を加算しないと、ローテーションが組みにくいので、
2歳のうちに余裕を持っていたい。応援するのは、
中京のディアマイベイビーと函館のコナブリュワーズ。
頑張って!

6/27(水)キャプテンの一言

2012/06/27 水曜日 - 22:03:15 by GUCCI

▼24日のNHK大河「平清盛」の視聴率が関東地区で10・1%になり、
1989年以降でワーストタイになってしまった。
関西地区は11%をキープして何とか踏ん張ったが…。
前回は以前に比べれば、比較的よかったと思うのだが、わかないもの。
しいてあげれば源義朝の描き方が重たくて、全体を
暗くしている感じがする。義朝も源氏の頭領で武士の2大勢力を
なしているのだから、もうちょっとサッパリした演出がいい。
とはいっても、次回から平治の乱(平治元年、1159年清盛は
熊野詣で京都不在)が始まり、義朝は裏切りに会って死ぬわけだから、
遅すぎた、ということになってしまう。でも、ワーストタイに
なるほどではなく、過去に比べればそれなりによくなっている。
清盛の最盛期はこれからで、その点でここまでを引っ張り過ぎたといえる。

▼きのうは、国会で一大事があった。消費税増税法案が衆議院を通過した。
参議院での審議があるものの、成立する。きのう、きょうの2日間、
共同通信が世論調査した結果が面白い。増税法案を通過させた野田内閣は
支持29・9%の対して、不支持は54・7%となり、
拒否反応が明らかになった。ところが、増税に反対した小沢元代表も
評価しない人が59・8%にも達した。つまり、小沢氏そのものに
拒否反応があるという結果だ。辣腕とか剛腕とかいわれてきたが、
国民は賞味期限切れと感じているのだろうか。

▼代わって大阪市の橋下市長への期待は54・5%に達している。
橋下市長はきょう、関西電力の株主総会に筆頭株主の自治体の長として
自ら出席して、脱原発を提案した。「今がまさに時代の転換期だ。
経営陣は新しいエネルギー供給体制を目指してほしい」と訴えた。
まさにその通りで、原発は、事故が起こってしまったら、
今の人類の力(科学)では対応できないことは東電の福島第1原発事故で
証明された。原発を今まで通りに発展させることは難しい。
原発の技術は電気以外に必要性があるのだが、それは別枠にして、
ことで電気に関しては将来的に無くす方向が望ましい。

6/22(金)キャプテンの一言

2012/06/22 金曜日 - 22:28:12 by GUCCI

▼きょうの朝刊各紙に、長岡京市の5世紀前半の古墳から
1~4世紀の帝政ローマ時代のガラス玉が出土したニュースが
大きく扱われていた。この時代の日本は西暦400年代。
倭の5王の時代と重なっている。ローマから直接、宇津久志(うつくし)
1号墳に届いたわけではないだろう。シルクロードを通って、
中国(朝鮮半島)を経由して北九州に上陸したのち、
近畿まで来たと想像できる。この頃はすでに大和朝廷は権力を握り、
当時の宋に朝貢して、仰々しい肩書きを貰っていた。
例えば、武(雄略天皇といわれる)は、478年、
「使持節都督倭・新羅・任那・加羅・秦韓・
慕韓六国諸軍事安東大将軍倭王」という長~い肩書きをもらっている。
つまり現代人が考えているより、古代の人たちは活動的で、
対馬海峡を渡るくらい、お気軽だったのだ。
だからこそ1世紀のローマのものが5世紀という早い時期に渡ってきた。
つまり、海を熟知していて、よく言えば、
すでに海を制していた、といえる。

▼古代の人はかなり前から馬に乗っていたと思う。
日曜日は阪神競馬場でG1、宝塚記念。枠順をきのうからにらんでいるが、
やっぱり難しい。ということで2段構えでいくことにする。
先行馬では8番のアーネストリー。前走はこの馬本来の
位置どりではなく、参考外で、いつも通りの積極的なレースをすれば、
このメンバーでも太刀打ちできる。
差し馬は、2番のショウナンマイティから。最近、末脚に磨きがかかり、
不発がないのがいい。相手は手広くいかざるを得ない。
元手と相談して購入する。

▼芦屋ボートのSGグラチャン決定戦はあしたが準優戦。
きょう12Rで大量フライングで出たことで滑り込んだ
10Rの6号艇・湯川選手が狙い目。1号艇の井口選手との
銀河系舟券と行こう。

6/20(水)キャプテンの一言

2012/06/20 水曜日 - 22:36:30 by GUCCI

▼国会は9月8日まで延長されそう。また、税金がドッと使われる。
きょう、4月発足するはずだった原子力規制庁が、
原子力規制委員会と名を変えて法案が通過、やっと監視組織として、
9月までに発足することになった。きょうの国会で成立した
法律に改正競馬法がある。これは売り上げ減少が続く、
地方競馬を支援するためのもので、払戻金の割合を現在の
75%から70~80%の間で主催する自治体が決めていい、
というもの。本当に地方競馬を助けられるのか、いささか疑問もある。
馬券を購入する側にすれば当然、配当が減るわけで、
外れた時は丸損なのに、当たった時くらい、いい思いがしたい
というのが普通の感覚。今、売り上げが伸びている分野はほんの少し。
業界、または業者の努力によってである。地方競馬がさらなる
売り上げ減少にならないよう祈るのみである。

▼中央競馬は前半、最後のG1宝塚記念が日曜、阪神競馬場で行われる。
きょう、注目オルフェーヴルの出走が池江調教師から正式に発表された。
去年の強さがウソのような今年の走りだが、出てくれば
1番人気だろうから、本命党もアナ党も判断が難しい。
そうでなくても今回のメンバーは曲者もいっぱいいて推理に
時間を要する。競馬週刊誌もデータ推理で、ギャロップが
ウインバリアシオン、ブックがヒットザターゲットを本命に
押しているほど。ボクはといえば、トゥザグローリーにしたいのだが、
この馬、夏場に良績はないのが気になる。それなら、
鳴尾記念でトゥザグローリーの2着になったショウナンマイティの
末脚にかけてもいいかなと思っている。武豊騎手騎乗の
トレイルブレイザーが回避するみたいだが、それでも10頭は
すぐに印が入りそうなメンバー。さすが夏のドリームだけのことはある。
枠順はあまり関係ない(アーネストリーは内がいい)と思うが、
難解なのでじっくり調べて結論を出したい。結果は当然、大事だが、
この課程がまた楽しい…。

6/18(月)キャプテンの一言

2012/06/18 月曜日 - 22:34:34 by GUCCI

▼ディープインパクト産駒のビューティーパーラーの
2冠のかかったフランス・オークス。パリ郊外のシャンティー競馬場で
行われ、早め先頭にたち、2冠達成かと思われたが、
最後の最後にヴィライラの猛追に会い、4分の3馬身差されて
2着に終わった。ここまで4戦無敗で来ていただけに残念だった。
日本では阪神競馬場で牝馬限定のG3、マーメイドSが行われ、
グルヴェイグが重賞初勝利を飾った。母は、女傑・エアグルーヴである。
これで、アドマイヤグルーヴ、フォゲッタブル、ルーラーシップに
次いで4頭目の重賞勝ちとなった。アッと思った人は競馬通。
1週間前にも同じニュースがあった。トーセンレーヴがG3、
エプソムCで勝利。同馬の母は、ブエナビスタで有名なビワハイジ。
この2頭のほかにアドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、
ジョワドヴィーヴルの3頭がいる。5頭もの重賞勝ち馬を
輩出した母の鑑である。

▼NHK「平清盛」のきのうのシーン。清盛の最初の妻、高階基章の娘、
明子が産んだ長男、重盛。平氏のあっけない滅亡は重盛の
42歳という若さでの死にあったのでは、と思われる。
重盛は晩年(といって若い)を除けばほかの子より優秀である。
話は大河に戻るが、きのうの重盛と経子の結婚の場面は
サラッとでよかった。なにも突然、あんな形で結婚を
拒否するシーンを長く流す必要性があるのだろうか。せっかく、
信西(阿部サダヲ)と清盛の
見せ場たっぷりのやりとりで、やっと面白くなってきたというのに。
今までのところ、清盛(主役だから)と後白河天皇(雅仁親王、
次回は上皇になっているかも)、信西の絡みが一番いい。
しかし、その信西もあとわずかしか登場しない。平治の乱で死ぬからだ。
余命わずか1年あまり。

▼台風4号が近畿をめざして接近中。後ろからは5号も
追っかけてきている。あしたから芦屋ボート(福岡県)でSG、
グランドチャンピオン決定戦が始まる。4号は大丈夫そうだが、
5号はかなり影響がありそうだ。蒲郡ボートはあす、
すでに順延が決まっている。
以前、若松ボートで、地元の人(ボートにかなり詳しい)に
聞いたことがあり、芦屋は1-2―4のBOXが来るというのだ。
ドリームメンバーを見ると4号艇は
大阪の湯川選手、グラチャン男の異名を持つ。丸乗りしよう~っと。

6/15(金)キャプテンの一言

2012/06/15 金曜日 - 22:12:38 by GUCCI

▼リングを持つ惑星として有名な土星。
水に浮くほど軽いことでも知られている。また、衛星をたくさん
持っていることでも知られていて、その数は64個といわれている。
木星のガリレオ衛星を見つけたガリレオ・ガリレイは1610年に
環があることを発見したが、ぐるっと1周しているリングまでは
見抜けなかったらしい。その土星の衛星で最大のタイタンに
熱帯性の湖が存在するというニュースが科学雑誌ネイチャーに発表された。
タイタンは太陽系の衛星で唯一、大気を持つ。
そこにはメタンの雲や雨、湖がある。その湖がお湯というのだ。
つまり、太古の地球で生命が誕生した時と状況が似ているということだ。
地球でいう赤道付近におよそ2400平方キロメートルの大きさだという。
ニューヨークが3個入ってしまう。火星にも生命の痕跡が
あったといわれており、タイタンでは、生きたままの生命が
見つかってほしいもの。

▼いま、政治は消費税増税法案の成立をめざして会議につぐ会議を民主、
自民、公明の3党で行っている。本当は社会保障と税の
一体改革法案というのだが、増税だけは早くから合意して、
社会保障ですったもんだしている。一体でこそ意義があるにも関わらず、
そこは後で決めましょう、では筋が通らない。1000兆円も
借金があるのだから、なにもしないでいいとは誰も思っていない。
でも、年金より多額な生活保護費が成り立つことに疑問を感じないのか。
最新の生活保護受給者は、9カ月連続で過去最高を更新している。
不正受給者も増え続けている。小宮山厚労大臣は、国会で対策を
強化すると、答弁していたが、働かないで、年金より多くもらえるなら、
普通に考えても生活保護に行き着いてしまう。本当に困っている人にも
迷惑がかかってしまう。

▼きょう発表された「高齢社会白書」によると、60歳以上の人のうち、
働きたいと思っている割合は7割を超えている。ところが、
就業できている人は65歳から69歳で36・3%、70歳から
74歳で22・8%にとどまっている。日本も含めた世界の経済活動は
永久に右肩上がりでないと破綻する。膨張する宇宙と同じようなもの。
政治はそのシステムを熟知してほしい。

6/13(水)キャプテンの一言

2012/06/13 水曜日 - 22:23:29 by GUCCI

▼きょうの新聞各紙は最古の「戸籍の木簡」の記事を
大きく扱っていた。まさに、世紀の大発見と
いっていい。現存する最古の戸籍は正倉院収蔵の
大宝律令(701年)の1年後のものだが、今回の
ものは7世紀後半、おそらく飛鳥浄御原令(689年)
による庚寅年籍(こういんねんじゃく、690年)に
よる戸籍と思われる。当時は持統天皇の時代、
夫である天武天皇が亡くなってから4年後に当たる。
太宰府市の国分松本遺跡から見つかったわけだが、
戸籍の「嶋評」(しまのこおり)は糸島半島一帯を
指す。持統天皇の父で、天武天皇の兄(といわれて
いる)に当たる天智天皇が「乙巳の変」
(いつしのへん)で蘇我馬子を暗殺(当時は
中大兄皇子=なかのおおえのおうじ)してから45年、
崩御してから18年あとのこと。

▼こうした資料が北九州で見つかったことに
ちょっとした興奮を覚える。ボクはナゾの邪馬台国の
所在を北九州と信じているからだ。
魏志倭人伝によれば、倭人の国々は朝鮮半島南部から
北九州一帯に広がっていたと読み取れる。
特に、伊都国と奴国はおおむね今の糸島半島から
福岡市周辺に比定されている。ここまでは、
おおかた同意する人が多い。さて、邪馬台国になると、
議論百出になり、出雲や吉備はもちろん、
海の向こうまで候補地がでている。近畿説、
いわゆる奈良の巻向の箸墓を卑弥呼の古墳に比定して、
ここが邪馬台国に違いないとしている。
可能性がないことはないが、やっぱり、北九州から
離れられない。中国と頻繁に行き来し、対馬海峡を
挟んで倭人がいた事実。そして、神官である中臣氏や
卜部氏の出身がここである以上、担いでいる王も
この地域である方が自然である。それにまつわる
歴史的神社も数多く存在する。糸島半島の付け根
付近にある細石(さざれいし)神社などは、
君が代の歌詞の元ともいわれている。
つまり、神武から始まる天皇家の元はここに
あったとしても不思議ではない、ということに
なるのでは…。

6/11(月)キャプテンの一言

2012/06/11 月曜日 - 22:30:30 by GUCCI

▼きのうは飲み過ぎの体を引きずって、函館の5Rに間
に合うように阪神競馬場へ行った。
目的はもちろん、阪神と合わせた新馬戦の観戦。
まず、函館から。ローレルゲレイロの妹、
アメージングムーンを応援する。
ゲートもっさりで1馬身ほど出遅れたが、
二の脚速くハナを奪う。いい感じ、単勝馬券を握りしめ
ているから、「そのまま」が出てしまう。
結果は最後の最後にコスモシルバードに差されて
クビ差2着。悔しいけど四位騎手の
「負けるとすればビュンと切れる馬に…、
ビシビシやったわけではないので上積みも見込めると
思う」という談話から次は何とかなるだろう。
次は阪神の5R。応援するディアマイベイビーは
単勝1・5倍の断然の1番人気。単勝は安いので、
馬連、馬単を購入。相手は、5,9,10番。
これがなんと3着。競馬しかも新馬戦は難しいと
つくづく実感してしまった。前売りで買った
エプソムカップにいたっては、マイネルスターリーは
しっかり3着に入れているのにダノンシャークが抜け。
さんざんな日曜日となった。

▼平時子の妹、滋子(のちの建春門院、高倉天皇の母)
役の成海璃子の髪型は何度見てもおかしい。
NHK大河「平清盛」はやっぱり変だ。
話題になっているが、もちろん、いい意味ではない。
ボクの中では楽しく見たいと思っている。
歴史ものは大好きだし、清盛も少なくとも源義朝、
頼朝より好きである。きのうはおじ(義朝は父)の
処刑場面が長すぎる。先週の触れたように3年後の
平治の乱に引っ張っていきたいから、
信西との対立軸を暗示させたいために、
義朝に恨まれるように作っている。武士の時代になって
からは、一族が2つに分かれて戦うことは、よくある。
関ヶ原、大阪冬・夏の陣で真田兄弟が敵味方で
戦っている。処刑にこだわる必要はまるでない。
もう1つ、勝利の祝宴も要らないと思われる。
後白河天皇は、かなり変わり者だったと
いわれているが、あの場面がなくても十分伝わっている。
もっと素直に作ろう。ボクも馬券は素直に買うから。

6/6(水)キャプテンの一言

2012/06/06 水曜日 - 22:18:18 by GUCCI

▼きょうは太陽面を金星が通過した。
次のチャンスが105年後ということなので、金環日食の
時に購入した日食グラスで観察した。
正直いってゴマのような点が金星だという実感は
なかった。それでも見たことは事実である。
世紀の天体ショーを立て続けに体験できたという、
そのことに満足している。ところで金星は地球と
姉妹星ともいわれている。地球の1番近くにある惑星で
あり、大きさも地球よりほんの少し小さいだけ。
ところがヴィーナスの名前とまったく違う顔を
持っている。まず表面温度が平均400度、表面気圧が
90気圧、これだけでも人間はおろか、たいていの
生き物は存在しないだろう。その上に硫酸の雨が
降り注ぐ。まさに地獄の様相だが、およそ46億年前、
地球とともにできたての時は同じ環境だったという。
地球がせっせと2酸化炭素を海へ、岩石へと
減らしていったのに対して金星はそういう方向へ
変化しなかった。

▼変化しないといえば、「平清盛」の埃だらけの画面。
保元の乱で勝利して後白河天皇が颯爽と登場した場面
でもひどい埃状態だった。だからというわけではない
が、関西地区で視聴率がついに1ケタ、9・2%に
なってしまった。今度の日曜日は源義朝の父、為義と
清盛の叔父、忠正が処刑されるが、こんなシーンは
前回の中に組み込むべきで、この傾向は意外に多くて、
見たいシーンがあっけなく、見たくないシーンが延々と
続くことが多い。公家がネチネチするのはいい。
頼長のように。しかし、武士はスカッとすべきだ。
それをウジウジと描いているから全体が不完全燃焼で
覆い尽くされていく。ボクはかなりの歴史好きだと
自身思っている。何も100%満足されてくれ、
とは思っていない。この保元の乱から3年後に
平治の乱が起こる。その布石のために信西の
意地悪ぶりを浮き上がらせた前回のシーンだが、
そこまで気を回さなくてもいい。豪華絢爛な
平安時代と武士の剛胆な生き様を素直に
表現してもらいたい。

6/4(月)キャプテンの一言

2012/06/04 月曜日 - 22:06:14 by GUCCI

▼きょう野田第2次改造内閣が発足した。
なんといっても注目されるのは防衛大臣だろう。
田中さんの後を受け、拓殖大学大学院の森本教授が
就任した。森本さんは防衛大学卒業で、
航空自衛隊出身だから、経歴は申し分ないし、
麻生内閣では防衛大臣補佐官も経験している。
自衛隊の最高責任者は総理大臣だということも
分かっている。でも、民間人であるということに
引っかかりがある。プロであることは十分理解
できるが、防衛大臣には機密、門外不出の事柄が
多すぎる。もちろん、在任中は問題になることも
ないだろうが、また民間人に戻った時、防衛大臣
として知り得た知識、情報はどうなるのだろうか。
民間人が大臣になって悪いということではない。
そのポジションはよく考えなければならない。
もう1つ森本さんは沖縄問題では、アメリカ群の
普天間基地返還は問題ないが、辺野古への移設を
推進するだろうから、沖縄の自治体プラス県民と
反目しあってやっていけるのだろうか。
▼きのうの安田記念で、春のG1シリーズは
一応終了した。残るは24日の宝塚記念を
残すだけとなった。土曜、ことし初の新馬戦は
ダービー馬、ロジユニヴァースの全弟
(父も母も同じ兄弟、姉妹)トーセンパワフルが
3番手から余裕たっぷりに抜け出し中央競馬で
2歳の勝ち名乗り第1号となった。
ボクの応援馬ラウンドワールドはメンバー最速の
上がり32秒9を使ったものの3着に敗れた。
レース前に競馬場で競馬エイトの
トラックマン数人に聞いたところ、
「ここはトーセンでっせ」とのことだった。
その通りになったのだから「さすがプロ」と感心した。
今週からは函館競馬が開幕して3場で
新馬戦が行われる。忙しいが楽しみだ。
▼さて、ボートはあした三国でG1北陸艇王決戦の
優勝戦。ボクにとって日曜の優勝戦より
ウイークデーの方が嬉しい。調子からいって
1号艇の須藤選手でいいのでは。きょうの準優戦、
唯一1号艇での勝利、ここまで7戦6勝2着1回と
準パーフェクト、素直に従った方がよさそう。
相手はきょう5号艇で勝利した3号艇の瓜生選手か、
地元の中島選手は2号艇、萩原選手は6号艇。
2号艇は人気の割に来ないイメージがある。
3着はよく来るけど2着はちょっと…。