キャプテンの一言 » 2011 » 12月

12/28(水)キャプテンの一言

2011/12/28 水曜日 - 22:26:47 by GUCCI

▼昨日の夕方、ここラジオ大阪から麒麟の形をした雲を見つけた。
アフリカや動物園にいるキリンではなく、
ビールのラベルの麒麟、これは、来年の幸運を予言していると思った。
しかも赤みを帯び、さも霊験がありそうだった。
もちろん中国の伝説上の生き物。顔が龍、牛の尾に馬の蹄、
身体の形は鹿に似ていて、2本の角に長いヒゲがあるらしい。
体長5㍍ほどで、鳳凰(これも伝説上の生き物)と並び最上の
獣類とされている。唐の時代、五経の一つ「礼記」
(成立は定かでない)によると、王が仁のある政治を行うと
現れる神聖な生き物で、小さい時から賢い子どもを
麒麟児といったらしい。
▼いいことずくめと、もっと調べてみると
孔子の手ともされている「春秋」(五経の一つ)によると
戦国の世に麒麟が現れたのを見て、
自分のやってきたことに無力を感じ、この出来事をもって
春秋を絶筆したという。孔子と聞くと孟子を思い浮かべる。
儒教の世界では、孔子と合わせて「孔孟の教え」という。
孟子は「性善説」で有名だ。人間は生まれながら善である。
いい説だし、そうであれば、人類が誕生してこのかた、
戦争も諍いもないはず。
▼今日もミサイル打ったり、拉致したり、
平和とは縁遠い北朝鮮のキム・ジョンイル総書記の葬儀が行われ、
しかも三男のジョンウン氏が後継者に確定し
3代世襲の恐怖国家が維持された。人類は荀子―韓非子と続く
「性悪説」の方が正しいと思われる。
悪に引き込まれないように強い意志で
日々を生きているのではないか。でも誘惑がそれこそ機関銃のように。
でも瑞獣の方をみたので大丈夫。
来年もよろしくお願いします。

12/26(月)キャプテンの一言

2011/12/26 月曜日 - 22:20:25 by GUCCI

▼3冠馬オルフェーヴルの強さには参った。
でも、前半の1000㍍の通過が1分3秒6という
未勝利戦を思わす超スローペース。
実際、この日の7レース、
2歳のホープフルS(2000㍍)の
1000㍍通過は1分1秒2。
もっと言えば7レースのグッドラックHは
同じ2500メートルの舞台。
1000㍍は1分0秒7、勝ち時計は2分33秒3。
有馬の勝ち時計は2分36秒0。
オルフェーヴルはこの流れで後方から
(3角手前からまくり気味)快勝したのだから
本当に3冠馬らしい素晴らしいレースだった。
▼では先行集団はどうだったのか? 
外からアーネストリーがゆっくり先頭に立ち、
ビクトワールピサ、トーセンジョウダン、
内からブエナビスタが続く展開。
オルフェーヴルは4角では
5,6番手にとりつき、いわゆる直線勝負の
よ~いドン。6着のヒルノダムールまでが
上がり3F33秒台、瞬発力で勝った3冠馬が
栄冠に輝いた。ヴィクトワールピサは
プラス12㌔が影響したのか、
それとも完調は次なのか。ジョーダンには
流れが向かなかった。もっと速い方が良かったようだ。
今年の有馬もグチで終わった。
▼もう一つのビッグイベント、
ボートの賞金王決定戦は1号艇の池田浩二選手が
あっさり逃げ切って、賞金1億円を手にした。
2着には4号艇の松井繁選手。
4コースから1マーク最内を差し、
やっぱり上手いなあと思った。本人は当然、
1着を狙っていただろうが、十分、存在感を
示したレースだったと思う。
一応、的中したが、有馬よりマシ程度で…。

12/23(金)キャプテンの一言

2011/12/23 金曜日 - 22:27:45 by GUCCI

▼ラジオ大阪では、
あした土曜日正午から日曜日の正午まで
第36回ラジオ・チャリティ・ミュージックソンを
行います。目の不自由な方への“通りゃんせ募金”を
行っています。メインランナーは、
笑福亭銀瓶さんと弁天Rシスターズの3人です。
当番組のナビゲーター・松本恵治アナウンサーも
総合司会で活躍します。日曜日の午前11時ごろから
弁天町の「ORC200」の2階オーク広場で
公開生放送を行われ、現役女子高生歌手・カレンちゃん
も歌います。募金ともどもよろしくお願いします。
▼ミュージックソンのあとは有馬記念と賞金王決定戦。
有馬記念の枠順を見ると2番の
ヴィクトワールピサが最も恩恵を受けたように思う。
自分の好きな位置(前、前で)でレースを
組み立てられる。前走大敗(JC13着)は
データ上、非常に厳しいが中山4戦4勝の
実績から軸に据える。ただし、
どこからでも買えるメンバーなので、
月曜から決めていた10番のトーセンジョーダンも。
2頭軸で3連単と3連複、もちろん2頭からの馬単も。
月曜に書いた“なでしこ”(1番ブエナビスタ)と
“おかまちゃん”(13番レッドデイヴィス)は
相手に入れる。あと1頭は当日決めたい。
▼さて、住之江ボート。明日はシリーズ準優戦と
決定戦トライアル最終戦。
準優8レースは当初から応援している
1号艇の地元・湯川選手でがっちり。
10レースも1号艇の吉田拡郎選手、9レースは
波乱含み。内3艇が兵庫勢というメンバー、
ここはベテランの5号艇・今村選手に期待したい。
トライアルは明日の枠順から佐々木、
池田の東海2人、松井、田中の近畿2人は
6強入り濃厚みたい。

12/21(水)キャプテンの一言

2011/12/21 水曜日 - 22:25:15 by GUCCI

▼住之江ボートの賞金王決定戦は2日目、
きょうまでシリーズ戦士によるバトル。
すでに勝ちっ放しはいなくなり、超混戦模様に
なっている。昨日は開会式から現場にいて、
久しぶりに、いい雰囲気を味わった。
舟券の方も1レースから的中して順調なスタートを
切った(トータルではトントン…いつものように)。
5レースまで観戦して、後は前売りを購入して
本業に就いた。応援していた湯川選手の好枠日を
しっかりものにして2,1着。
でも今日1回走りで5着となってしまった。
ガンバレ! 1番の足は荒井輝年選手かも。
成績は同じ岡山の後輩、吉田拡郎選手。
ここまで1、1、2着。最近目立たない岡山勢の
活躍にも注目しよう。
▼明日からいよいよ、決定戦のトライアルがスタート。
きょうモーター(ボートも)の抽選があり、
誰もがエース機と認める80号機は
池田浩二選手が引き当てた。11レース1号艇で
登場する。ここは素直に従う手だろう。
このレースには複勝率4位ながら評判は
トップ級の23号機を引いた峰竜太選手
(ちょっと前、和田アキ子さんとCMに出ていた若手)
が5号艇、初出場ながら狙ってみたい。
峰選手と同じ九州の篠崎元志選手の18号機も
文句なし。12レースの3号艇、このレース、
1号艇は福岡の先輩で、
賞金王決定戦ランキング1位の瓜生正義選手。
2人の券を買ってみたい。
とはいえ、難関をくぐり抜け12戦士、
魅力あるレースを期待したい。
▼有馬記念は、シャドウゲイトに続いて
マイネルキッツが出走を断念、
結局14頭の争いになった。それでも、
どこからでも狙える強豪メンバーが揃った。
明日の枠順発表が楽しみ、ワクワク。

12/19(月)キャプテンの一言

2011/12/19 月曜日 - 22:25:47 by GUCCI

▼大阪市の橋下市長が初登庁した。
大阪の人には、これだけでも大きなニュースなのに、
まさかまさかの北朝鮮のキム・ジョンイル総書記の
急死報道。それも北朝鮮自ら報じるという異例のもの。
17日、列車の中で急性心筋梗塞を起こし、
まさにあっけなく…。三男のジョンウン氏が後継、
この人物の世界の評価は未知数である。
2010年11月の韓国のヨンピョン島砲撃を
主導したとの噂もある。相変わらず軍国主義を
突き進むのか、少しでも民主化に向かうのか、
周辺国は当然、世界が注視して行かねばならない。
▼話は極端に変わる。明日からボート界の
ビッグイベント、賞金王決定戦が始まる。
20,21日はシリーズ、22日から
上位12戦士の頂上決戦が幕を落とす。
明日、開会式が9時20分からあるので是非、
住之江ボートまで出撃するつもり。
ラジオ大阪を休むわけにはいかないので、
昼頃出なければならない。
観戦できない(その方が断然多い)レースは
前売りで購入する。シリーズは地元・大阪の
湯川浩司選手を応援する。
前検のタイムもなかなかのようだし、
初日の枠順もいい。そういえば大きなレースで
湯川選手が初日が内枠日なのはいつ以来、
というくらい久しぶり。大いに期待しよう。
▼ちょっとだけ有馬記念。紅一点のブエナビスタは、
なでしこジャパンの活躍を考えれば外せない。
引退レースだし、人気も1か2番人気と思われる。
もう1頭、今年は、楽しんごやはるな愛など、
いわゆる「おかまちゃん」がもてはやされた。
レッドデイヴィスという未知の魅力一杯の
「せん馬」がいる。1月のシンザン記念では
3冠馬オルフェーヴルを負かしている。
この2頭には、実力以外でも注目したい。

12/16(金)キャプテンの一言

2011/12/16 金曜日 - 22:28:22 by GUCCI

▼データは前走がG2、G3でしかも1着の馬が
優勝すると語っている。
これに該当するのはレオアクティブしかいない。
ただし同馬はすでに6戦を消化し、
前走の勝ちっぷりから今回も追い込み一手に
なりそうだ。しかも15番枠となると、
一気に勝率が下がってしまう。東西比較では、
勝ち馬は断然、関西馬。人気を集めそうなのは
クラレントとダローネガ。
前者は確かに放馬があったり、不良馬場だったりで、
同情できるのだが、さすがに13着は負けすぎ。
7番枠は絶好の狙い目であるが…。
後者は連対なら高得点を与えられるが
勝つとなると?が付く。
大外16番ではさらに勝ちから遠ざかる。
▼それならどうする? 
この際、データは参考程度にとどめ、
内枠を引いた運のある馬を狙うのが得策と思われる。
前2走ともメンバー最速の上がりを
マークしている6番スノードンに吸い込まれる。
前走OP萩S、8頭立ての8番人気を
あざ笑うかのような快勝劇。相手も2連勝している
3番アルフレート。鞍上もウィリアムスと強化、
この馬もこの2走、メンバー最速の上がりを
記録している。ちょっと気になることが、
それは、6―3と買うと、このレースの施行回数、
第63回とドンピシャになる。できすぎかな?
▼日曜日はもう1レース重賞がある。小倉の愛知杯、
ここにレーヴディソール(13番)が出走する。
牝馬限定戦で55・5㌔なら大丈夫と思う。
ついで、といったら失礼だが、
土曜日の阪神カップも福永祐一ジョッキーに
勝ってもらう。1番のリアルインパクトから。

12/14(水)キャプテンの一言

2011/12/14 水曜日 - 22:29:02 by GUCCI

▼サラリーマンにとって切実な問題、年金。
支給年齢まで働けるなら、さほどのことはないが、
働けないわ、年金が出ないわでは、どうして生きろ、
と言っているようなもの。
元々、定年になって働かなくても生活できるように、
とできたのが年金制度のはず。きょう、労働者側の
代表、連合と使用者側の代表の話し合いがあった。
当然、年金支給までの雇用が議題である。
65歳までの希望者全員の再雇用を主張する連合、
全員はムリという経団連という構図。
厚労省はきょう、65歳までの継続雇用を
義務付けるべきとしているが、働く者にとっては
当然のこと。どうであれ、“支給と定年”は
一体でないとダメ。
▼来週は、もう有馬記念。
このレースで引退するブエナビスタが
1週前追い切りを行った。余裕残しでCWコース
6F80秒4、ラスト1F12秒2と文句ない内容。
もちろんファン投票1位。
今年はファン投票上位馬がほとんど
出てきそうなので大いに盛り上がりそう。
今度の日曜のフューチュリティーSには
申し訳ないが、心はすでに有馬に飛んでいる。
それでも週末はしっかり馬券を買うけど…。
25日にはボートのビッグイベント賞金王決定戦の
ファイナルも住之江ボートで行われる。
これもしっかり参戦するつもり。
▼きょう、ウインズ難波に出掛けた。
川崎競馬ナイター、全日本2歳優駿を購入するため。
JRAの馬が上位は明白、5頭の中から
11番、6番、4番、7番、9番の順でランク付け。
結果は3連単11―6―4で決まり、
配当1040円、お決まりのように当たって損、
チャンチャン。

12/12(月)キャプテンの一言

2011/12/12 月曜日 - 22:28:12 by GUCCI

▼競馬は血統とは良く言ったものだ。
ブエナビスタを姉に持つジョワドヴィーヴル、
418㌔の小さい馬に秘められた能力は凄まじかった。
昨日の2歳G1ジュベナイルフィリーズ。
2戦目で圧勝してしまう強さは、
来年の桜花賞もこの馬で決まり、と思わせた。
ちなみに、姉のブエナビスタはボクのPOG馬だった。
もう過去の話だけれど…。
そういう因縁もあるので単勝馬券をほんの少しだけ。
680円は終わってみればおいしい配当、
でもトータルではマイナス。
▼昨日は香港で国際競走があり、
日本馬が4頭出走した。ラジオ大阪で
よく出演していた(24~25日のラジオ・チャリティミュージックソンには出ます)
現役女子校生カレンちゃんも応援している
カレンチャンはスプリントに出走、5着だった。
それでも、この日の日本馬の中では最高の成績。
ちょっと残念だったのは、勝ったラッキーナインは
10月2日のスプリンターズSの
負かした馬だったこと。鞍上の池添騎手も
「スプリンターズSでやっつけていたので
悔しさはありますが、カレンチャンにとっては
すごくいい経験になりました」と
来年の高松宮記念制覇に目標を切り替えている。
▼大荒れの福岡ボートG1九州地区戦の準優戦。
その中で瓜生選手はさすが。
3レースで唯一1号艇で逃げ切った。
明日の優勝戦も1号艇、あっさり勝ってもらいたい。
強い選手(馬も一緒だが)が強い勝ち方をするのが
本来あるべき姿だと思う。
福岡ボートはボクのイメージでは、
やたら3号艇が来る。誰(中辻選手)であっても
抑えたい。20日から始まる住之江ボートの
賞金王決定戦(20,21日はシリーズ)。
九州はもちろん、残る東海と中国の地区戦を
スカッと的中させて臨みたい。

12/9(金)キャプテンの一言

2011/12/09 金曜日 - 22:28:49 by GUCCI

▼今日から東海地区戦が始まったボート。
昨日は、九州地区が初日。四国地区は、
優勝戦が行われ、地元・香川の福田選手が優勝した。
12年半ぶり、いわゆる苦節…と表現するが
福田選手の場合、2年ほど前、奥さんの話題で
脚光を浴びたのを思い出す。当時から噂には
なっていたが、まさか本当に結婚まで行くとは
想像しなかった。なんせ相手は売り出し中の
若手女子レーサー・平山智加選手だった。
現在26歳、福田選手」は43歳、
まあ、17歳差くらいは今では驚かない、
年寄りのひがみだ、な。
▼年と言えば、今日アンカーマンの山上さんが
解説した、藤原良相(よしみ)の邸宅跡。
なんせ良相が右大臣になったのは西暦857年の
話だから凄い。平安時代に入って少ししか
経っていない。いわゆる魑魅魍魎(ちみもうりょう)の
時代である。兄の良房は、藤原北家(ほっけ)の
栄華の基礎を築いた人物として有名。
時代が100数十年下がると、陰陽師で有名な
安倍晴明が活躍する。去年の今ごろ、
晴明神社と一条戻り橋へ行った。
式神が跋扈(ばっこ)している姿を
想像するのだが簡単にはイメージできなかった。
当たり前だけど…。
▼晴明なら日曜のジュベナイルフィリーズも
ズバッと当てるだろうが、当方はそうはいかない。
15分の6の抽選を勝ち抜いたブエナの妹
ジョワドヴィーヴルをどうする? 
来るならアタマで正解では。軸にするには根性がない。
それなら、というところで中1週が気になるのだが、
ほかに欠点が見あたらない12番ラシンティランテが
本命。相手は5番ファインチョイスと
11番アイムユアーズ。18番じゃなかったら
狙いたかったサウンドオブハート。
鞍上・武豊騎手には連続G1勝利がかかっている。

12/7(水)キャプテンの一言

2011/12/07 水曜日 - 22:27:21 by GUCCI

▼尼崎ボートのG1近畿地区戦はきょう優勝戦、
1号艇の松井選手が堂々と逃げ切って優勝。
2着には、気配バツグン、3号艇の湯川選手が入り、
本命決着になった。3着にも人気の
5号艇・魚谷選手が来て3連単1―3―5で700円、
もちろん1番人気。せめて3着に6号艇(4着)でも
来てくれたら…。このレース、“ちぁら”という
締まらない結果に。ちなみに昨日行われた、
江戸川ボートの関東地区戦は、
東都のエース・濱野谷選手が逃げ切り、
意外にも初の関東チャンピオンになった。
▼昨日、番組で、紹介した太陽系外惑星
ケプラー22bの話。地球以外に生命はいるのか? 
当然いると断言したい。でも証明することはできない。
地球の中でも、海底の熱水噴出口の回りには、
カニやエビの仲間が生息している。
そこは、硫化水素が噴出し、酸素はないにも
かかわらず、生活している生物が存在する。
人間のような生き物がいるかは疑問だが、
生命体はいると思う。そのほうが自然だし
夢があっていい。最近、ハビタブルゾーンという
言葉を聞く。これは宇宙で生命が誕生するのに
適した領域のことをいうのだが、
それなりに広範囲な領域が指定されている。
地球では、人間が頂点にいるが、
宇宙に飛び出せば分からない。
▼今度の日曜のG1ジュベナイルフィリーズも難解、
1勝馬の中に勝ち馬がいる可能性も十分ある。
特にブエナビスタの妹、ジョワドヴィーヴルは、
上位人気は間違いない。人気しそうな
エピセアロームは、小倉2歳S以来のうえ、
1200メートルを使ってのここ、
データは要らないと言っているのだが…。
すべては枠順が決まってから。