ちゃんぽん!

チェーン店を紹介するのは珍しいのですが、
近江ちゃんぽんの「ちゃんぽん亭総本家」です。

私が行ったのは天神橋店。
JR天満から天神橋筋商店街を少し北へ行ったところです。

このお店は滋賀県・彦根で昭和38年創業した
「麺類 をかべ」さんのチェーン店。
本店は今も昭和の香りそのままのお店だそうです。

ここのチャンポンはよそのと全く違います。

そのお出汁!和風出汁なんです。
かつおと昆布の和風出汁でいただくちゃんぽん。
おいしくないわけがないでしょ?

豚肉にキャベツ・ニンジン・キクラゲ・もやしといった
お野菜もたっぷり。

そしてもうひとつ。
常連のお客さんの「これおいしいよ」
から始まったというお酢。

半分食べたところで、レンゲに半分ほどのお酢を加えると・・・
は~これはまたまろやかで違ったおいしさ。

お酢が苦手な方は無理かもしれませんが、
ぜひお試しあれ!


イトキンのバザールで買ったお洋服ですよ~。
紺色の5分袖のジャケット、鮮やかな黄色の麻混のニットです。
すんごいお買い得でした!

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 花しぐれ / 高田 みづえ

 2. 長良川艶歌 / 五木 ひろし

 3. お手やわらかに / 夏木 マリ

 4. シャドー・シティ / 寺尾 聰

 5. 島唄 / ザ・ブーム

 6. どうぞこのまま / 丸山 圭子

 7. 初恋によろしく / 西郷 輝彦

 8. ふたりの船唄 / 天童 よしみ

 9. 裏切りの街角 / 甲斐バンド

10. 恋のしずく / 伊東 ゆかり

11. 浜酒場 / 大地 誠

12. アマン / 菅原 洋一、シルビア

13. 雨の物語 / イルカ

ベラガ(ベランダガール)

ゴールデンウィークも終わってホッとひと息(?)

お天気もまずまずだったゴールデンウィーク。
「ベランダにぎやか大作戦」を決行しました。

100円ショップでプランターを買い、
JR天満駅近くの花屋さんへ買い出しに行きました。

土と苗7つを買いました。
苗は花ものを3つ、ハーブを2つ、
そしてゴーヤを2つ購入。

その他にもなんやかんや買い物してしまい、
自転車のカゴもハンドルもい~ぱい!

商店街通ると、散在してしまうんですよね~。

母の日が近いという事もあり、花屋さんは大忙しでした。
私もカーネーションと一緒にアジサイの鉢と
シャクヤクを買いました。

いざ植えようという時になって、プランターから砂が
流れないように底に敷く網がない事に気づきました。

あわてて近所へ買い足しに行くと、
網の代わりにすすめられたのが、‘ドンゴロス’

なつかし~。
おばあちゃんや母がよく、
「ドンゴロスみたいな服着て~」と言っていました。

さあ、一ヶ月後・二ヶ月後もベランダがにぎやかでありますように・・・!

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 雨のメロディー / キンキキッズ

 2. 千年の古都 / 都 はるみ

 3. ドライブに連れてって / 今井 美樹

 4. 五月のバラ / 塚田 三喜夫

 5. 女学生 / 安達 明

 6. 草原の輝き / アグネス・チャン

 7. この広い野原いっぱい / 森山 良子

 8. 東京ららばい / 中原 理恵

 9. 雨 / 三善 英史

10. おんな傘 / 上杉 香緒里

11. かざぐるま / 一青 窈

12. 愛をこめて花束を / スーパーフライ

13. 僕のマリー / ザ・タイガース

タイムトリップ

小学校1年から高校1年まで住んでいた家へ行きました。

前から行ってみたかったのですが、
なんと33年ぶりです。

京阪電車寝屋川市駅から大きな坂を下りて20分くらい歩いたところ。
隣の町から我が家への道に、小さな川がありました。
そこにかかる小さな橋・・・。そのまま!

当時住んでいた文化住宅はもうありませんでした。
かかしのケンパをした道は・・・せまい!

中学までの通学路もあっという間の距離です。

途中の「勝 温泉」は同級生の家。

隣は銭湯の帰り‘時々’アイスを買ってもらったタバコやさん。
その隣は父が通った散髪屋やさん。

そして、わが母校。
となりの文房具やさんも健在のようでした。

中学の部活のお昼に通った「ブルボンキムラヤ」は
フルーツサンドがなくなっていたので、アンパンを買いました。

「子どもが少なくなったからねぇ・・・」と
おばちゃん。

初めての生クリームケーキを食べた「フリアン」も
ちゃんとありました。

秋祭りが楽しみやった「大利神社」

お肉やさんのコロッケがおいしかった大利商店街を
ぬけて駅へもどってきました。

当時、私にとっての「全世界」「全宇宙」だった場所。
2時間弱で回れました。

なつかしくて、涙がでました。

私の時間旅行でした。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. リ・ボ・ン / 堀 ちえみ

 2. みんな夢・夢・夢 / 高山 厳

 3. 女のかぞえ唄 / 吉 幾三

 4. あさがお / あさみ ちゆき

 5. ビューティフル・シーズン /サーカス

 6. カラオケ流し / 蒼 彦太

 7. 二枚目酒 / 五木 ひろし&田中 好子

 8. ノラ / 門倉 有希

 9. 酒場の金魚 / 香田 晋

10. ヒーロー / 葛城 ユキ

11. さらばミシシッピー / 柳 ジョージ

12. 港町十三番地 / 美空 ひばり

13. 恋のシャロック / 中尾 ミエ

ところ変わればところてん

端午の節句には‘かしわ餅・ちまき’ですよね~。

今日初めて‘みそ餡のかしわ餅’を食べました。
なかなかおいしいです!
今日の打合せのテーブルの様子です。

ふと思い出しました。

ところてんって黒蜜で食べますよね?

あれを初めて酢醤油で食べた時は複雑でした。
「おやつじゃないのん?」

関東から以北中国から以西は二杯酢・三杯酢で食べるのが一般的で、
黒蜜は関西の一般的な食べ方なんだそうです。

ところが・・・。
東海地方ではまた違うんです。

酢醤油にごまをふって、
お箸一本で食べるんです!

なんで?
なんで一本?

愛知県犬山の出身の小川真由アナウンサーにききました。
「ところてんはお箸一本で食べるものです。
 ところてん用のお箸が売っています」との事。

同じもの食べるのに、こんなに食べ方が色々あるんですね。
     
       *************

中之島では子供向けのイベントが行われていました。

バラ園はまだまだこれからでした。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. コットン気分 / 杏里

 2. 万里の河 / チャゲ&飛鳥

 3. オール・ザ・ウェイ・トゥー・ヘブン / 松田 聖子

 4. こいのぼり / 太田 裕美

 5. この青い空、みどり~ブルー・イン・グリーン~ 
                  / サザンオールスターズ

 6. ときめきカフェテラス / 西田 あい

 7. どうどうどっこの唄 / 水前寺 清子

 8. バラ色の雲 / ヴィレッジ・シンガーズ

 9. おふくろさん / 森 進一

10. 母に捧げるバラード / 海援隊

11. 涙唄 / 大沢 桃子(指)

12. 東京ホールド・ミー・タイト / 桂 銀淑

13. 帰り道は遠かった / チコとビーグルス

14. 僕の胸でおやすみ / かぐや姫

15. チョット・マッテ・クダサイ / ゴールデンハーフ

16. 月物語 / 五木 ひろし

17. あばよ / 研 ナオコ

18. サンバ・ソレイユ / 大橋 純子

19. 恋するカレン / 大瀧 詠一

おたのじみに!

阿倍野のうなぎといえば「双葉」。
というくらいお馴染みのお店です。

先日オープンした‘あべのキューズモール’の建設に伴って
あべの筋東側に仮店舗で3/27まで営業してはりました。

そのあとは・・・?
松崎町でお持ち帰りと配達専門のお店で営業してはりました!

早速並折(960円)とこはぎ12個入り(945円)
を買ってきました。
‘こはぎ’は、通常のおはぎの1/3くらいの大きさです。
一口サイズでとても食べやすくなっています。


うなぎは関西風ですから蒸さないで炭焼き。
見た目よりあっさりしたタレのご飯に、はさまっています。

もちろん通常サイズのおはぎもおいてはります。
あんこ・きな粉・胡麻・抹茶。

どの味もあっさりめでおいし~。

お馴染みの店って「いつでも行ける」と思ってて
結局行けずじまいって事ありますよね。
再開発で、「どこいってんやろう~」と探してはったみなさん。

阿倍野交差点東へまっすぐ。
消防署の前の信用金庫の角を左へ曲がったところです。

近いうちに天王寺駅前にお食事処つきのお店を出さはる予定だそうです。

お馴染みが帰ってきますよ。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 異邦人 / 久保田 早紀

 2. 野バラ咲く路 / 市川 染五郎

 3. それぞれの原宿 / ロスインディオス&シルビア

 4. 紐育物語 / 森 進一

 5. 土曜の夜何かが起きる / 黛 ジュン

 6. ギンギラギンにさりげなく / 近藤 真彦

 7. 白いサンゴ礁 / ズー・ニー・ヴー

 8. リフレインが叫んでる / 松任谷 由実

 9. 1ダースの言い訳 / 稲垣 潤一

10. 若草の髪かざり / チェリッシュ

11. 心の色 / 中村 雅俊

12. 黄砂に吹かれて / 工藤 静香

13. 緑の日々 / オフコース

14. 恋の季節 / ピンキーとキラーズ

15. 白樺の誓い / 山内 恵介

16. 時の流れに身をまかせ / テレサ・テン

17. 東京 / やしき たかじん

18. マイ・ラグジュアリー・ナイト / しばた はつみ

おとの町

高槻ジャズストリートへ行ってきました。
阪急高槻市駅のホームに降り立つと生演奏の音が・・・。
まるで鶴橋のホームで焼肉の香りが漂うような感じです。

駅構内もステージです。

駅前の城北通りもたくさんの人が行き交っていました。

城北通りを通って約10分ほど歩くと高槻城跡公園グラウンド
ここには野外ステージと、フリーマーケット、
フードのコーナーがあります。

一番人気は今や高槻B級グルメの代表‘うどんギョーザ’

市民グラウンドの隣にある城跡公園には‘アートの森’
かわいい・こだわり・個性的な手作りの小物や服、アクセ・オブジェなどがあります。

見ているだけでも楽しいんですが、
つい買ってしまいました。

皮小物と、着物地で作ったバッグ・小物やさんです。
風呂敷に取り付けるとバッグになるという皮製のベルトを買いました。

今年で13回目。
ボランティアスタッフや関係者のみなさんの努力はすごいものがあると思います。
そこがしっかり伝わっているからこそ続いてきたんでしょうね。

町ごとステージ。明日も盛り上がりそうですよ!

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 歩いて帰ろう / 斉藤 和義

 2. 安芸の宮島 / 水森 かおり

 3. マイ・ピュア・レディ / 尾崎 亜美

 4. 一度だけなら / 野村 真樹

 5. 長崎の雨 / 川中 美幸

 6. 夢の途中 / 来生 たかお

 7. 喝采 / ちあき なおみ

 8. 明日への扉 / I WISH

 9. 蒼い星くず / チューリップ

新おおさか

今週の水曜日5月4日にいよいよオープンする
LUCUAとJR大阪三越伊勢丹の内覧会へ行ってきました。

この写真は阪急電車2階からの階段・・・

降りたところが大阪駅の御堂筋側。
写真奥が大阪駅の御堂筋口です。

3月にオープンした大丸梅田を含むサウスゲートビルと
大阪駅を挟んだ北側に立地するノースゲートビル
大阪駅を「大阪ステーションシティ」と呼びます。

「LUKUA」は若い世代がターゲットのファッション・コスメ・スイーツの198店舗
が揃った梅田エリア最大級のファッションビル。
約6割が全国初・関西初・梅田初出店!
あえてレディース・メンズの店舗を混ぜて、
カップルが一緒に楽しめる作りになっています。

「JR大阪三越伊勢丹」は北浜の店舗から本当にお久しぶり、
老舗の三越と、おしゃれな伊勢丹がコラボレート。
こちらも、目新しいお店やおしゃれ感がいっぱい!
また、店内中央のエスカレーターが、
上下自由に行き来できるよう、4本並んでいるのもうれしいですね。

そしてなんといっても10階食堂街です。
ここはLUKUAと三越伊勢丹がつながっています。

「SMAPのメンバーが木村拓哉さんの結婚祝いをした」
という焼き肉の叙々苑。
タイの名店マンゴツリーカフェ。
有名イタリアンのポンテベッキオのカジュアルスタイルのお店。
また、焼き肉は会員制の梅田店も好評の但馬屋も。

新世界の串あげ・だるまもあります!

デパ地下も魅力的です。
初めて見る~ってお店もいっぱい!
お総菜も有名店が週替わりで出店するので
「いつ来ても新しい」何かに出会えそうですよ。

あんまりかわいいので、買ってしまいました。
関西初出店の「円果天」
新宿中村屋のひと口サイズの月餅専門店です。
右は大阪城バージョンです。

もうひとつ、これいいですよ~。
赤福の喫茶コーナーが地下にあります。
ここでは、本店でしか食べられなかった「赤福氷」のメニューが!

キャー!!
仙台の菓匠三全も出店
「萩の月」も期間限定で販売。
これも食べて応援です!


ノースゲートビル11階には託児所や北側を見渡せる庭もあります。
(写真向こうに見えるのはウエスティンホテル)
そして、ここには大手映画興行会社3社の共同プロデュース
12スクリーンの映画館・大阪ステーションシネマもあります。

すごいぞ大阪!
遊べ大阪!

      ******************

弁天町のイベントなどでもお馴染みの松浦ゆみさんが
今日のお客様です。

全作の‘裏窓’そして‘涙のラブバラード’と
ジャズっぽい曲が続いています。

名付けて‘こじゃず’
6月5日は吹田メイシアターで行われるジャズのコンサートにも参加。
「ドキドキします~」とおっしゃっていました。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 話しかけたかった / 南野 陽子

 2. 奥入瀬 / 山本 譲二

 3. うりずんの頃 / 坂本 冬美

 4. 大阪エレジー / シャ乱Q

 5. メイ / 斉藤 由貴

 6. 恋するだるま / 浅田 あつ子

 7. 涙のラブ・バラード / 松浦 ゆみ

 8. 赤いハンカチ / 石原 裕次郎

 9. 大阪恋うた / カレン

10. 茶摘み / ダ・カーポ

11. 八十八夜 / NSP

12. シャボン玉 / 長渕 剛

13. 黄昏酒場でまた会おね / 上々颱風

14. 大空の彼方 / 加山 雄三

15. 春でも夏でもない季節 / 石川 優子

あそぼ!

大阪市内の町歩きをナビゲートしてくれる
‘大阪あそ歩’事務局の梅阪さんにお話をうかがいました。

3年目の今年は‘街歩きマップ集’が出来上がりました!
コネタもたっぷりな充実の中身です。

また、10人以上で申し込む、‘オーダーあそ歩’もスタート

昨年私も参加させていただきましたが、
2~3時間で地元の方の案内を聞きながら歩きますので、
‘生きた町ばなし’が聴けて、楽しいんですよ~。

案内の小冊子は、区役所や、主要駅にもあります。
さぁみなさん、どこ行きます?

    ******************

映画「阪急電車」見てきました。

平日の午前という事もあって、年配のお客さんが多かったようです。
身近な場所が題材という事もあるのか、結構入ってました。

映画は、阪急電車の西宮北口から宝塚の8駅の
今津線が舞台になっています。

いろんな年代、いろんな環境の、いろんな人々が乗り合わす
阪急電車。

みんな抱えてる‘なんかイヤな事、つらい事’を
それでも乗り越えながら明日という日を迎える・・・。
がんばってるよ~誰でも・・・そんなストーリーです。

今日は何故か上映中におしゃべりしている人が多かったように思いました。

何故でしょう?
悪気はないと思います。でもどうしておしゃべりしてしまうんでしょうね?

‘リラックスしてつい家にいる感覚になるから’
‘あまり面白くないから’
‘気になる事をすぐにたずねたくなるから’というご意見をいただきました。

そうかぁ・・・。
私はひとりで見るから、必然的におしゃべりできないんだ~。

でも家で見ている感覚、というのはあるかもしれませんね。

賑やかなお家なんでしょうね~。

でも、せっかくお金払って映画館にいるんですから、
家とは違う感覚で楽しんでみてはいかがでしょうか?

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 悲しき雨音 / ダニー飯田とパラダイスキング

 2. 感触!(タッチ) / 甲斐バンド

 3. しなやかに歌って / 山口 百恵

 4. 大阪マンボ / 真木 柚布子

 5. オリオン急行 / 西郷 輝彦

 6. これが私の生きる道 / パフィー

 7. 前略、道の上より / 一世風靡セピア

 8. その花は~変わらぬ愛~ / 秋元 順子

 9. カラスの女房 / 堀内 孝雄

10. アイドルを探せ / ザ・ピーナッツ

11. 哀しくてジェラシー / チェッカーズ

12. バンボレオ / 与野

うつくしいな~

ゲストは仁科正樹さん。
あの仁科亜希子さん松方弘樹さんの息子さんです。
やっぱり顔の造作が普通やない美しさですね。

いや~かわいらしい!って言うのは、失礼ですね。
だって先週結婚されたんですもん。
お相手は多岐川裕美さんのお嬢さんです。

グアムでのお式の時、お母様の仁科亜希子さんが、
チャペルで花嫁を待つ正樹さんを見て
ゲラゲラ笑ってとまらなかったそうです。

ところが、入場して正樹さんの隣に歩み寄る花嫁を見て
急に号泣されたそうです。

「なんでなん!?」

そんな様子も含めて披露宴ではお母様に伝えたかった
メッセージを詞にして歌いました。

その曲が披露宴の日、4/23に配信スタート

照れくさくてお母さんに「ありがとう」が言えない男子!
この歌に助けてもらうってアリですよ


粉浜商店街においしいおうどんやさんアリ。
昨年7月開店の「麺屋 爽月(そうげつ)」さんです。

南海・粉浜駅から粉浜駅前商店街に入って50歩くらいかな?
真新しい店構えです。

このお店の名物は‘きつねの玉子うどん’
お揚げさんの中に、シイタケ・ニンジン・タケノコ・鳥ミンチ・うずら卵が
入っています。

えぇ~味付けです。
麺は讃岐、出汁は大阪風のほんのり甘口。
お鉢の底がハッキリ見えるまでいただきました。
おいしいねぇ。

子ども連れのお母さんとそのおじいちゃんおばあちゃんらしきお客さんが
帰りしな、「ごちそうさん。ありがとう」と言うと、
お店のご主人が、「ありがとうございました。またあした!」と答えました。
お客さんが「何言うてんの!」

新しいお店ですが、しっかり地元に愛されてはるんやなぁと思いました。

店さきの釣り銭カゴ・・・なつかし~

子どもの頃にタイムスリップさせてくれるような粉浜商店街は
昔ながらのお店と、新しいお店が地元に根付いているんですね。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. オレンジの雨 / 野口 五郎

 2. カナダからの手紙 / 平尾 昌晃、畑中 葉子

 3. 古い日記 / 和田 アキ子

 4. 浪花節だよ人生は / 細川 たかし

 5. 青いカナリヤ / 雪村 いづみ

 6. ブルーシャトウ / ジャッキー吉川とブルーコメッツ

 7. 津和野ひとり / 森 昌子

 8. おかん / 仁科 正樹

 9. きよしのドドンパ / 氷川 きよし

10. 長崎の雨 / 川中 美幸

11. 朝刊 / さだ まさし

12. 京都の恋 / 渚 ゆう子

かんばん・・・

私は子供の頃、ベッテイさんと親戚で呼ばれていました。
あのアメリカのアニメ「ベティ・ブーフ」がなまってこう呼ばれていました。
その他に「ペコちゃんみたい」とも言われていました。

まあるい顔にくりくりおめめ。
ペロっとだしたベロ。

お菓子の不二屋が昨年創業100周年。
あのペコちゃんとボーイフレンドのポコちゃんは
昨年60周年を迎えたそうです!
還暦カップルだったんですね。

でも設定年齢は違います。
年齢は、1958年の「ペコちゃんいくつ?」キャンペーンで
公募で決まったそうです。

ペコちゃん・・・永遠の6歳
ポコちゃん・・・永遠の7歳 と決まりました。

私は・・・永遠の37歳です!

ペコちゃんだけじゃなく、店頭の看板マネキンって
たくさんありますよね。

薬屋さんにある‘象のサトちゃん’‘ケロちゃん’
‘くいだおれ太郎’‘おたべちゃん’

ケンタッキーにあるカーネルサンダースは、
アメリカではごく一部にしかなく、
日本に出店する時に設置されるようになったそうです。

そう言えば最近看板マネキンって少なくなりましたね。
子供の時、ケロちゃんの指人形持ってなぁ~。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. ポップ・スター / 平井 堅

 2. 桜雨 / 瀬川 瑛子

 3. ブランデーグラス / 石原 裕次郎

 4. けんかをやめて / 河合 奈保子

 5. 哀愁のシンフォニー / キャンディーズ
    (美樹の、キラリ☆!べっぴん話!)

 6. 好きだった / 鶴田 浩二

 7. 恋におちて-Fall in love- / 小林 明子

 8. 我が娘へ / 山川 豊

 9. 激情 / 工藤 静香

10. オリビアを聴きながら / 杏里

11. 初恋のひと / 小川 知子