節電でも涼しい!

各家庭でも節電の協力をしてらっしゃるようで、
夏の間ますますつらくなりますね。

そんな中、「うちは涼しいですよ~」と百貨店や劇場、ホテルなどが集客にひと工夫です。

スイスホテル南海大阪では、8/1~9/22の
平日の午後1時から4時、ラウンジのドリンクが割引に。

阪急百貨店梅田本店では、8/1~16日
午後2時と5時にキャンペーンを実施。
特に午後2時はふだん自宅にいる女性向けに、
手のマッサージやお肌の相談会など、
「あえて時間をかけたイベント」を用意。

なんばグランド花月は8/1~31日(お盆特別興行除く)の
午前の1回目、小学生の入場料が2000円
になります。

「暑い夏」をだまってがまんするのではなく、
商売につなげる!

大阪の商売人は‘熱い!’

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. ハートせつなく / 原 由子

 2. みれん酒 / 石原 詢子

 3. カナリア諸島にて / 大滝 詠一

 4. 今日でお別れ / 菅原 洋一

 5. Cガール / 浅香 唯

 6. 愛が欲しい / 渥美 二郎

 7. 愛より青い海 / 上々颱風

 8. 柳ヶ瀬ブルース / 美川 憲一

 9. 歌舞伎町の女王 / 椎名 林檎

10. 夏ひらく青春 / 山口 百恵

昨夜は帰宅後自転車で走り回って花火を‘探し’ました。
OAP横の広場から!

東天満の交差点の南で・・・ビルの合間に!

宮入りする天神さんの表参道
小さな女の子もがんばってます。

人がいっぱいです。

一番最後にお稚児さんも帰ってきました。
その後しばらく境内では神事のため一般の参拝者は入れません。

午後10:50規制がとかれて境内へ。
催太鼓の音が響いています。

真夜中まで太鼓の音が聞こえていました。
来年また、楽しみにしてま~す。

関係者のみなさんありがとうございました。

宵宮祭

天神祭の宵宮祭を見に行きました。
朝7:45から神事が始まり、
今年の稚児、西天満小学校6年生の松江孝哉君を始め
総勢200人の行列が表門を出発し、斎場へ向かいます。

出発を待つ間におしゃべり。

松江君のご両親も正装です。

衣装も鮮やかですね。

婦人会の方々です。

松屋町筋通りの鳥居をくぐり

阪神高速をくぐって

天満警察の前が斎場です。

川にお稚児さんが神鉾を流します。

行列が天満宮に帰ってくると、
獅子舞がご近所をまわっていました。

境内には福牛が岡山から到着。

24日の行事は滞りなくすすみます。

さて今日は本宮、
行列に参加する馬も到着していました。

天神祭の料理といえば、白蒸。
お昼にしっかりいただきました。

まちに待った天神祭り!
1日みっちり楽しむぞ~!

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. ミセスマーメイド / チェッカーズ

 2. 真夏の出来事 / 平山 三紀

 3. 火縁 / 長保 有紀

 4. 天満天神夢囃子 / 尾形 大作

 5. 俺の出番はきっと来る / 米倉 ますみ

 6. 私の夏 / 森高 千里

 7. 夏の愛人 / 山本 達彦

 8. 花火 / aiko

 9. 流星 / コブクロ

10. さよならの夏~コクリコ坂から~ / 手嶌 葵

11. 私の城下町 / 小柳 ルミ子

12. 面影の都 / 氷川 きよし

13. 恋してオオサカ / 尾形 大作

今日は夏の着物です。

う!

 

土用の丑には‘う’のつくものを食べるといいそうな・・・。

うどん・うみぶどう・ういろう・うめ・うし・・・・

色々ありますが、やはり‘うなぎ’ですよね。
今年は高いそうですが。

一年に一回という文句を看板にして、
天神橋筋商店街の5丁目にあります、
「 魚伊 」へ行きました。

ここは慶応3年創業という老舗。
もちろん関西風です。

思い切って入ったわりには
普通の「うな重」を注文しました。

やはり香ばしくっていいですね、関西風。

あとから入ってきた男性が座るなり、
「うな重 特上」と、注文。

かっこいい~!

来年はきっと食べてやる~。

♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 夏娘 / 石川 さゆり

 2. 夏ざかりほの字組 / トシ&ナオコ

 3. 50・50 / 中山 美穂

 4. OKINAWA~いつまでもこのままで~ / 吉 幾三

 5. キ・サ・ラ恋人 / 石川 セリ

 6. フェンスの向こうのアメリカ / 柳 ジョージ&レイニーウッド

 7. 風にまかせて / おおい 大輔

 8. あばれ太鼓 / 坂本 冬美

 9. 全部好き。 / 遊助

10. カリビアン・ナイト / 中原 めいこ

11. 蝉しぐれ / 濱野 裕生

気仙沼の魚、待ってます。

 

7月16日、仙台へ「東北六魂祭」を見に行きました。

仙台といえばまず牛タンが思い浮かびますが、
開いているお店もなかなか見つかりません。
ケヤキ並木の美しい定禅寺通り近辺をウロウロ。

やっと見つけたお店が、高そうなおすしやさん。
「分 一八 (わけ いっぱち)」です。

でも、「せっかく仙台まで来たのに、お金使わな!」と、
思い切って入ることに。

シンプルでステキなお店です。
「予約もしてないし、汚い格好してるんですが~」と
恐る恐るきくと、「どうぞどうぞ~」と笑顔で奥のお座敷に案内されました。

先ず、メニューがありません。
「おすしいただきたいんですが」と言うと、
「松・5000円、竹4000円、梅・3000円」と書かれた小さなメニューが出てきました。

ネタはお任せで、竹をお願いしました。

上品で、大人っぽい(?)桶が運ばれてくると、
店主さんが説明に・・・。

アカイカのみみ、イカ、ほっき貝、こはだ、かすが鯛、
看板に気仙沼とありますが・・・と尋ねると、
「気仙沼の魚はないんです」とおっしゃっていました。

このあと、トロとウニの軍艦巻きもおいしくいただき、
締めにはこばれてきたのは‘かんぴょうの巻きずし’でした。
珍しいですね。

‘分(わけ)’というのは、分家、つまりのれん分けの意味です。

調べてみてわかったんですが、
本家は気仙沼の有名鮨店でした。

お店の方々や常連のお客さんも
気仙沼の魚が入るのを心待ちにしていらっしゃるんですね。
また、来ます!

♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 真夏のあらし / 西郷 輝彦

 2. 十七の夏 / 桜田 淳子

 3. 太陽のあいつ / ジャニーズ

 4. 夾竹桃の咲く頃 / 美空 ひばり

 5. 天までとどけ / さだ まさし

 6. ダンシングオールナイト / もんた&ブラザーズ

 7. 長崎の雨 / 川中 美幸

 8. 初夏 / ふきのとう

 9. パープルタウン / 八神 純子

10. 東京砂漠 / 内山田 洋とクールファイブ

11. 避暑地の恋 / チェリッシュ

12. 切手のないおくりもの / 芹 洋子

しっかりもの~

最近の高校には個性的な名前の学科やコースがあるんですね。

滋賀県信楽の県立信楽高校には、セラミック科。
信楽焼を中心に陶磁器やガラス工芸などを学びます。
三重県から2時間かけて通学している生徒さんもいるんですね。

奈良県の磯城野高校のパティシエコース。
厚生労働省の指定を受け、専門学校に通わなくてもプロになれます。

堺市立堺高校にはマネジメント創造科。
今年卒業の1期生の就職組は金融、看護、鉄道、など多分野にすすんだそうです。
それぞれの職場で「組織を効率的に動かす管理運営(マネジメント)」、を生かしていくんですね。

しかし今の高校生って、私の頃なんかよりずっと現実的で大人やなぁ~

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. しあわせまだかい / 楠瀬 誠志郎

 2. 河内おとこ節 / 中村 美律子

 3. ささやかなこの人生 / 風

 4. 夏色のナンシー / 早見 優

 5. ヤマトナデシコ七変化 / 小泉 今日子
    (美樹の、キラリ☆!べっぴん話!)

 6. ミスター・サマータイム / サーカス

 7. もしもボクの背中に羽根が生えてたら / 五つの赤い風船

 8. ホッホ / 濱野 裕生

 9. 夕日の中の少年 / 原田 芳雄

10. 妹 / かぐや姫

11. 水色の街 / 三輪車

東北六魂祭

東北6県を代表する祭りが仙台に集まる「東北六魂祭」へ行ってきました。
今年初めてのお祭りです。

青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり、のパレードは、杜の都・仙台のシンボル定禅寺通で行われます。

16日(土)のパレードは午後5時から7時。
スタート地点に20分前に到着したんですが、
すでにすんごい人!
それでも、パレードに向かうねぶたを発見!

しかしその後、人の多さで身動きがとれなくなりました。
やっとの思いで裏道へ移動したんですが、やはりすごい人。

横道から見えないかと移動しましたが、とても近づけません。
写真の奥がメインの定禅寺通りです。

あきらめて食事をして、市役所の前を通りかかると竿燈が!

支柱になっている竹をおでこに乗せるんです!すごいです!

結局、六魂祭初日のこの日はねぶたと竿燈のパレードが中止になりました。
10万人の予想が、36万人が訪れました。

翌日17日はパレードの道幅を縮小して、ねぶたも竿燈も登場したそうです。

同じツアーの人達もパレードはほとんど見えなかったそうですが、
沿道で待っていた人も、人混みで動けなかった人も、
怒鳴る人、怒っている人、文句を言う人は全くいませんでした。

ただ、ただお祭り見物に行った人なんていなかったんだと思います。
何かしら、「自分にできる事」をしようと思っている人だったんじゃないでしょうか。

「東北六魂祭」は、東北のお祭りのプレイベントでもあります。
東北各地のお祭りは、これからが本番。

集まった人たちの思いを持って帰って、
がんばろう東北!


帰りのサービスエリアでやっとありついた‘牛タン’!
おいしい~!
がんばるぞ高岡!

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 夏の扉 / 松田 聖子

 2. 勝手にシンドバッド / サザンオールスターズ

 3. まつり / 北島 三郎

 4. ふたりの大漁節 / 坂本 冬美

 5. いつかその気になったら / 三代目コロムビアローズ

 6. 私は泣いています / リリィ・イン・パブ

 7. 渚のラブレター / 沢田 研二

 8. 恋のフーガ / an

 9. 愛するってこわい / an

10. 流し舟唄 / 藤島 桓夫

11. ラハイナ / 矢沢 永吉

12. 雨のミッドナイトステーション / レーモンド松屋

13. 西馬音内盆唄 / 城之内 早苗

14. 夏の月 / 杏里

15. まだ見ぬ恋人 / 加山 雄三

14歳と15歳のデュオ’an’です。

左のカホちゃんは大衆演劇が好き!
右のユウちゃんはインターナショナルスクールに通っているそうです。

二人が歌うのは、
ジュンとネネやザ・ピーナッツといった昭和歌謡です!

回転寿司のサイドメニューも・・・。

三大回転すしチェーンといえば、
くら寿司・カッパ寿司・スシローでしょうか。

それぞれ工夫をこらして集客に励んではります。

くら寿司は添加物なし。
また、お皿5枚に一回プレゼント抽選ができるそうです。
カッパ寿司は特急レーンがあって、注文した商品が特急で運ばれてきます。
そして、スシローは鮮魚の大半を各店でさばき、中身で勝負。

ラジオ大阪のある弁天町に「新竹」という回転寿司があります。
お寿司はもちろんなんですが、ここのプリンがおいしいと聞き、
食べてきました。

おいしい!
バニラビーンズたっぷりで濃厚!
お寿司やさんのプリンあなどれません!

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 男達のメロディー / ショーグン

 2. 伝説の少女 / 観月 ありさ

 3. ねぶた / 細川 たかし

 4. ひまわり娘 / 伊藤 咲子

 5. あなたのとりこ / シルヴィー・バルタン

 6. ユア・ジ・オンリー… / 小野 正利

 7. わが人生に悔いなし / 石原 裕次郎

 8. 唇よ、熱く君を語れ / 渡辺 真知子

 9. Na Na Na サマーガール / ポルノグラフィティ

10. 銀河鉄道999 / ゴダイゴ

11. ハニー / 大貫 亜美

12. 春夏秋冬 屋形船 / 神野 美伽

13. ねがい / 西郷 輝彦

14. 幸福を売る男 / シャンソンの友

オカルト記念日です。

今日は「オカルト記念日」なんだそうです。

今から37年前、映画 「エクソシスト」が公開されたことから始まりました。

当時私はその時小学校6年生。
公開前から学校でもすごく話題でした。
「見る?「行く?」「めちゃめちゃ怖いねんて~」

子供は怖いもん好きです。

私は夏休みに母と心斎橋に見に行きました。
母手作りのスモック(?)を着ての‘心ブラデビュー’です。
(弟は父と明石の海釣り公園へ行ってました。)

映画はもちろんとても恐かったんですが、
私にとってはもっとドッキリする出来事がありました。

喫茶店で母がクリームソーダを注文しました。
ソーダを少し飲んで、クリームをスプーンで少し沈めた時・・・
ソーダ水があふれだしたんです!
テーブルいっぱいに!
母は私と違ってとてもおとなしいタイプの人なんです。

こわかった~!
おめかしして初めての心斎橋。
頼りは母だけ・・・。
ど~しよ~!

お店の人がすぐにふいてくれはったんですが、
子どもの私には、とてもこわい出来事でした。

ま、今ではいい思い出なんですけどね。
こんな話して、お母さんごめんなさい。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 赤道小町ドキッ / 山下 久美子

 2. 表参道軟派ストリート / 水谷 豊

 3. 夜明けの夢 / 和田 アキ子

 4. おもいで岬 / 新沼 謙治

 5. 君に、胸キュン。 / YMO

 6. ひとり囃子 / 小柳 ルミ子

 7. 燃える恋人 / 本郷 直樹

 8. 庄内平野 風の中 / 水森 かおり

 9. 上を向いて歩こう / 坂本 九

10. 天使の誘惑 / 黛 ジュン

11. 恋のメキシカン・ロック / 橋 幸夫

12. 涙そうそう / 夏川 りみ

13. サクセス / ダウンタウンブギウギバンド

14. ムーンライトサーファー / 石川 セリ

べっぴん屋は船場センタービルの3号館地下2階
「居酒屋 きっぺい」です。

ここの‘つけ鴨うどん’がおいしいんです。

私、鴨好きなんで吸い寄せられるように入って並を注文。
ここの並は440㌘。つまり普通の2倍の量です。
出汁は鴨の味が効いています。
ネギ・だしじゃこ・そしてレモンの輪切りが入っています。
一見濃い味に見えますが、レモンのおかげか意外とさっぱり。

麺は大阪うどん。太麺でもちもち。

そして、食べたあと、おそばのそば湯のように、
しょうが湯が出てきて出汁を割っていただきます。

これ、おいしい!いけますよ~!

船場センタービルはまだまだふか~い。

遠足です。

 「大人の遠足」です。
お天気のいい土曜日、能勢から大野山(おおやさん)へ行きました。


能勢電に乗って、山下で下車。
そこからバスで20分ほど山辺口で降ります。

ここでまず腹ごしらえです。

カフェ&ギャラリー「やまぼうし」でランチをいただきました。

経営してらっしゃるご夫婦は早期退職されてこのお店を始められたそうです。

お野菜のおいしいこと!
食後にデザートとお茶もついて1000円でした!

この日のギャラリーは
「小林 善弘 回顧展 ~パリの街角にて~ (水彩画と油絵とパステル画)」
2階ではパッチワーク教室もされています。
店内からの景色も素晴らしく、
このお店を建てた方々の思いがうかがえます。

ここからは車に分乗して、「能勢長谷の棚田」へ。
緩やかな山並みに囲まれた棚田の美しいこと。
周りには茅葺きの民家も点在していました。

次に向かったのは、定年退職後この土地に移り住んだ方の畑。
ここでジャガイモを収穫。

天文台のある大野山の山頂へ。
ここでは16000株のアジサイが見頃でした。

さあ見物している間にジャガイモがふかしあがりました。

おいし~!

今回は第二の人生を新しい土地で始めた方々の
暮らしの一端を見せていただきました。

私は20年、30年後、何してるのかな~。

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. もしもピアノが弾けたなら / 西田 敏行

 2. オールウェイズ / 光永 亮太

 3. あゝ青春の胸の血は / 舟木 一夫

 4. 花 / 石嶺 聡子

 5. 悲しい色やね / 上田 正樹

 6. 青春サイクリング / 小坂 一也

 7. 六本木星屑 / 伊藤 美裕

 8. ラブ・ラブ・ラブ / ドリームズカムトゥルー

 9. メモリーグラス / 堀江 淳

10. 折鶴 / 千葉 紘子 / 田代 美代子、和田 弘とマヒナスターズ

名古屋が暑い!

大相撲名古屋場所が始まりました。

通常の本場所が行われるのは半年ぶり。
春の大阪場所がなかったので、
私にとっては1年ぶりの本場所です。


料金はこんな感じ。
椅子自由席は前売りはなく、当日発売のみです。


お茶やさんは体育館の中。
通常お茶やさんが使うプレハブは、被災地が先に・・・。
という理由です。

名古屋ではこんな優勝盾があります。

初日恒例の協会ご挨拶。
理事長と役力士が土俵にあがります。

時津風理事長や力士への声援がたくさんとんでいました。

初日は見応えのあるいい相撲が多かったです。
お客さんは見た感じ、6割くらいの入りに見えましたが、
とても盛り上がっていました。

横綱土俵入りの出番を待つ木村庄之助です。
鮮やかな衣装です。

土俵入りを終え、引き上げてきた白鵬です。
名古屋場所は1つの控え室を二つに仕切って
東・西力士が使います。

名古屋場所は、体育館のすぐ横の青空駐車場に関係者が車をとめています。
お客さんは、力士が乗った車を探しつつ帰ります。
素通りしていく力士が多いなか、
把留都関は窓を開けて手を振っていました。
これくらいのサービスはあっていいと思うんです。。

去年も撮った気がします。
愛知県体育館の最寄り駅、‘市役所駅’
いい感じです。

お土産は、これも名古屋場所ならでは「大相撲ういろう」
青柳ではなく、大須です。

呼び出しさんの衣装や懸賞幕なども通常通り。
お客さんは少なくても、待ちに待っていたファンが足を運んだんだろうな、
という雰囲気でした。

15日間充実した内容で、ぜひ楽しませて欲しいなぁ。
新しい顔ぶれの幕内・十両力士にも、ぜひがんばって欲しいです!

 ♪今日オンエアした楽曲です(BY AD アーニー)

 1. 初恋の人’95 / 小川 知子

 2. セクシーガール / 西城 秀樹

 3. 恋のシャンソン人形 / ビューティースルー

 4. 恋してムーチョ / TUBE

 5. スマイル・フォー・ミー / ザ・タイガース

 6. 大阪恋うた / カレン

 7. 三味線旅がらす / 氷川 きよし

 8. サマービーチ / 岡田 有希子

 9. あまく危険な香り / 山下 達郎

10. 恋さぐり夢さぐり / 前川 清

11. ミスターベースマン / ダニー飯田とパラダイスキング

12. 野の仏 / 吉田 拓郎

13. 東京ドトンパ娘 / 井上 陽水