文楽の床山さん 高橋晃子さん

文楽人形の髪型を整える床山さん、高橋晃子さんにお話をうかがいました。

子供の頃お人形遊びが大好きだった高橋さん。
忙しいご両親に変わって面倒を見てくださっていた方が、人形の着物をシャッシャッと
作るのを見て育ったそうです。

その頃からお裁縫もお好きだったそうですが、中でも髪を結うのが大好き。
バービー人形の髪の毛を島田に結い上げたりしてはったんですって!
相当難しそうですけどねぇ。

社会人になって就職もされたんですが、やはり一番好きな事を仕事にしようと
東京の国立劇場へ弟子入り志願に行きました。
でも、当時は男社会。毎日足を運んで、やっと弟子入りを許されました。

今では10年になる後輩と一緒にお仕事される毎日です。
「基本に忠実に再現したその上に工夫して次ぎに渡せたら・・・」

もらったそのままでなく、「もっと何か」を創造したいという
古典の力があればこその‘その先’を感じました。

実は簪や櫛などもなかなか人形に合うものがなくて、
いつも探していらっしゃるそうです。

「こんな簪も作ってくださる方が減ってしまって・・・」
時代とも折り合いが必要なようです。

お話をうかがっている間中、「楽しいですよ」と笑顔でいらっしゃる、
とても印象的なステキな方でした!

文楽を見る楽しみが、又一つ増えました。

初春文楽公演は新年1月3日初日ですよ~。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

今日の「あっちこっち行ってみ〜」は京都にあります「漢検 漢字博物館・図書館」
通称漢字ミュージアムをご紹介しました。
漢字ミュージアムは2016年に京都市元弥栄中学校跡地に開館しました。

四条通りを東へ、八坂神社の少し手前あたりという便利な場所にあります。
館内ではスライドやクイズ、体験形式で漢字の歴史などについて知ることができます。

入館すると、「体験シート」が渡されます。
色んな種類があるこのシートは、占いになっているんですよ。
私がもらったのは「豊」の文字。「気持ちが豊かになるよ」と書かれていました。

西暦57年に漢字で漢委奴国王(かんのわのなのこくおう)
と記された金印が授けられ、‘日本が漢字文化圏に入った’のだそうです。

また6世紀中頃、欽明天皇の頃に広がった仏教の定着に大きな役割を果たしたのが漢字でした。お経を書いたり写したりする事で広がっていったんですね。
漢字は、音(おん)と意味を持っています。

日本人は漢字に日本語訳を与えて訓(くん)が生まれました。
ここから表音文字として使う万葉仮名がうまれます。
その他にのひらがなやカタカナ、なども使いますよね。

文字が生まれて、伝わって、発展させ、整理して使う・・・。
簡単なようで複雑なこの仕組みを、楽しみながら体験できますよ。

2階には身体を使って漢字に親しむコーナーもありますよ。

そしてこちらには、「今年の漢字®」が12月22日(土)から展示されるんです!

館内には、清水寺貫主が使用する「筆」と「墨入れ」と同じものが展示されていました。

また、2019年2月11日(月・祝)まで
「今年の漢字®展~平成を漢字一文字でふりかえる~」も行われていますので、
過去23回の文字を見ながら「平成」を振り返ってみるのもいいかもしれませんね。

京阪祇園四条駅から東へ約8分
阪急河原町駅から東へ約10分

入館料 大人/800円 高校大学生/500円 小中学生/300円 
開館時間 9:30〜17:00 (※入館は16:30まで)
休館日  月曜日(休館日が祝日の場合は、翌平日に振替)

年末年始は臨時休館の日がありますので、
詳しくは漢字ミュージアムのHPなどでご確認ください。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 約束×No title / GReeeeN
 2. 紳士同盟 / 薬師丸 ひろ子
 3. 強い気持ち・強い愛 / 小沢 健二
 4. 男 / 久宝 留理子
 5. Last Christmas / Wham!
 6. Lovers Again / EXILE

ミッキパッドVol.190《チキン(鶏肉)》

ミッキパッド
料理初心者の髙岡さんでも作れる簡単なレシピを
リスナーの皆さんに教えてもらおうというコーナーです。
今回は「チキン(鶏肉)」を使ったレシピを教えてもらいました。

◇鶏肉の冷凍保存法◇
ラップでぴったり包み、ジッパーバッグに入れてなるべく空気を抜き、
ジッパーをしっかり閉めて冷凍!
また、水っぽさや生臭さが気になるムネ肉やモモ肉は、
塩を振って冷凍保存することで、よりおいしくなるそう!
すでに塩味がついているので調理の時に下味をつける手間も省けます。
ちなみに目安は1枚(250g)あたり塩小さじ1/3程度だそうです。

▼揚げ春巻き
①ささみ又はムネ肉を2cm位のそぎ切りにする
②ニラを2cm位に切り、生姜は細めの千切りにする
③①と②をごま油で和えて塩を少し振る
④春巻きの皮を対角線に切り三角形にして、
 底辺側に具を細長く置き、両方の角を折り曲げ
 端から細長く巻く
⑤巻き終わりは、水と小麦粉で合わせたノリで留める
⑥少なめの油で揚げる
味付けがなくても、ジューシーで美味しそう!

▼骨付きかしわの酢醬油煮
①鍋にオリーブオイルを熱し、にんにくのみじん切りを炒める
②鶏を炒め、玉ねぎ、カラーピーマンを入れ、
 ポン酢しょうゆと、同量の水を加えて火が通るまで煮る
味付けはポン酢で簡単!

▼「あやしいやつ」
①鶏肉を2cm角ぐらいの大きさに切り、
 フライパンでよく炒めて冷ましておく
②ボウルにヨーグルトと、ミカンの缶詰を適量入れ、
 (缶詰の汁は入れず、ミカンの実だけ)
 冷まして油をふき取った鶏肉も入れてざっくり混ぜる
教えてくれたリスナーさんのお宅では、
この料理は「あやしいやつ」と呼ばれているそうです。
おかずなのか、おやつなのか、味が想像つきませんが、
一度作ってみたいレシピです・・・!

皆さんも一度作ってみてくださいね。
今週もたくさんのレシピ、ありがとうございました。

次回は「ブロッコリー」を使ったレシピを教えてください。
以前教えてもらったブロッコリーのレシピはコチラ

コーナーでレシピを採用させて頂いた方には
イオンなどのスーパーで使える「たまごギフト券」をお送りします。
レシピと共に住所・本名も忘れずに書いてお寄せ下さいね。

みなさんのアイデアレシピ、お待ちしています!

(AD アーニー)

小松菜のレシピ

先週は小松菜のレシピをありがとうございました。
作ってみました~。

おいしかったです!

色もキレイですね~。
トマトの酸味で、サバ缶も食べやすくなりました。
ありがとうございました。
来週はブロッコリーのレシピをお寄せくださいね。
お待ちしております。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

※あくまで個人の感想です。第19弾
「セスキ・重曹・オキシウォッシュで家まるごとピカピカ!」
(ブログ記事はこちら

今話題のナチュラル洗剤。
重曹・セスキ・オキシウォッシュの使い方から実践法まで書いてあるこの本!

今まで重曹で磨く事もしたことなかったんですが、
いやぁ、すごいですねナチュラル洗剤!

重曹では茶渋をゴシゴシしてみました。
ビックリするほどとれるわけではありませんが、
漂白剤を使うより私は好きですね。

油よごれに強いセスキスプレーでガスコンロをゴシゴシ。
簡単にとれるわけではありませんが、
仕上がりがキレイです。

そして、コンロのそばにおいてあるポット。
セスキを使ったスプレーで磨くと、ピッカリこ~ん!
いつも並べておいてあるやかんと比べると、違いがわかりますね。
めちゃめちゃうれしい!

次ぎに、今流行のオキシ漬けです!
これ、失敗しました。
シンクがちゃんと密封されていなくて溶液が抜けてしまいました。
でも、キレイになりましたよ。

実は一番おどろいたのがお風呂掃除です。
お風呂場のイスの水あかにはいつも悪戦苦闘していました。
ところが丸1日のオキシ漬けで、効果ありでした!

小さなブラシでゴシゴシこすると、毎年の事がウソのよう。
とれてくれました!

使い方などを本の通りすれば、もっと簡単に汚れを落とせたかもしれませんね。

感想と問題点
1)溶液やスプレー、ホイップの作り方などが少し面倒
2)それぞれの使い方がわかりやすく解説されている。
3)場所別掃除法がのっている。
4)付録ですぐに試せる

以上のことから 今回の評価は・・・・・「よくできました」と
させていただきます!

洗剤がなくなったので、私100均でもう5袋買ってきました!

お掃除がちょっと楽しみになりました!
でも、くれぐれも使い方はよく読んで守ってくださいね~。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. winter fall / L’Arc~en~Ciel
 2. ハッピーデイ / Superfly
 3. Soup / 藤原 さくら
 4. イロトリドリ / ゆず
 5. We Are Family / Sister Sledge
 6. プロローグ / Uru

神戸ルミナリエ

一昨日、久しぶりに神戸ルミナリエに行ってきました。
たくさんの方がいらしてましたよ~。
県外から、また海外からの方も多いようでした。

観光バスを何台も見かけましたよ。

元町からの一方通行なんですが、混んでるかと思い
三ノ宮側の東遊園地だけ行きました。
やはり素晴らしいです!
本当にキレイですよね。

そろそろ帰ろうと思いながら、なかなか思い切れずに
何度も振り返ったり戻ったりしました。

寒い中、スタッフの皆さんも笑顔で応対してらっしゃいました。

思いはそれぞれのルミナリエ。
行ってよかったです。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. ウィンター・ガーデン / 松田 聖子
 2. 愛はただここにある / 畠山 美由紀
 3. 12番街のキャロル / 佐藤 隆
 4. シチューを食べよう / つじ あやの
 5. 冬色ガール / スムルース
 6. Driving Home for Christmas / Chris Rea

百均、ルンルン!Vol.190《食材下準備グッズ》

百均、ルンルン!
100円ショップで気になる商品を買ってきてご紹介するコーナーです。
今日ご紹介した商品はこちら。

ダイソーで買ってきた「食材の下準備が楽になるキッチングッズ》です。

①オイスターナイフ
②万能へた取りスプーン
③水だけでつる~ん野菜の皮むき
④強力!皮むき手袋
___________________

①オイスターナイフ
岩ガキやハマグリ、赤貝などの貝の中身を取り出すのに便利な道具です。
本体の根本が日本刀のツバのようになっていて、
貝をむいている際に、手が奥に入りすぎて鋭利な貝殻で手を怪我しないようになっています。

ピーターパンが持っている短刀みたいですね。

②万能へた取りスプーン
野菜や果物の種や芯とりに便利なスプーン。
(かぼちゃの種、ピーマンのへた、リンゴの芯など)

本体の先にはギザギザの刃がついていて、
野菜や果物に応じてカバー位置を調節して使用します。

ピーマンのヘタを取ってみました。


取れました!タネはいっぱい残ってますが・・・
他にも、キャベツの芯やトマトのへた、じゃがいもの芽などに使用することが出来ます。

③水だけでつる~ん野菜の皮むき
見た目はスポンジ!特殊研磨材でサクサク皮むきできます。
切れ目がついていて曲面にフィット!

野菜を包みながら簡単に皮をむくことが出来ます。
水に浸しながら、または水を流しながらこするだけ!
じゃがいも、人参、里芋などの皮むきに使えます。

サツマイモの皮をむいてみました。

キレイに薄くむけましたよ~!

④強力!皮むき手袋
こするだけでごぼうなどの皮むき、魚のウロコ取りができる便利な皮むきグローブ。
<野菜の場合>
表面の汚れを水で洗い落しながら、表皮を削り取るようにもんだりこすったりします。
<魚の場合>
片方の手で頭部を押さえ、手袋のザラ面全体を使い、ウロコを逆手方向にこすります。
(背、腹、エラ下など細かい部分や小さな魚のウロコは、指先でこすります)

手袋のサイズは全長27cm、中指の長さは7.4cm。手のひら周りは22cm。
作業する時は手を傷つける恐れがあるので、両手に手袋をはめてくださいね。
右手用、左手用と別売りになります。

手先がボツボツになってます。

こちらもスタジオでタカオカさんが使ってみました。

こちらの方が皮むきは強力でスムーズでした!

終わってみて結局、
包丁などいつもの道具が使いこなせている人は、
そちらの方がいい、という感想になりました!笑

ですが、気になったものがあれば、
お店で探してみてくださいね。

(AD アーニー)

ラ・ヴァチュールさん

べっぴん屋でご紹介したのは、京都の平安神宮のすぐそばにあります
「ラ・ヴァチュール」さん。

‘タルトタタン’で人気のお店です。

行った事ないんですけど、まるでパリの街角のカフェに立ち寄ったような、、、
レトロな喫茶店のようなホントにステキなお店です。

お目当てのタルトタタン。
1ホール20個以上のリンゴを使い、この高さに焼き上げるんです。
りんごだけでこれだけしっかりとボリュームがあるんですから手間のかかり方がすごいですよね。

フォークを入れると、そのふわっと感に驚きます!
上側は少し苦みがあって、そのあとに酸味とほの甘いリンゴの風味が広がります。
なんておいしい!

いやなものが何一つ入っていない、りんごとバターとお砂糖と、かけた時間がこの味を生み出しているのでしょうね。
だってりんごを煮詰めるのに4時間、完成までに4日間かかるんです!
添えられたヨーグルトをかけると、よりまろやかにいただけます。

まもなく50周年を迎えるこちらの店主は、2代目の若林麻耶さん。
スタートは、おばあちゃまがパリ旅行で出逢った味を独学で完成させ、
当時営んでいた画廊に併設したレストランで出したのが始まり。
なんとフランスのタルトタタン愛好家協会から認定証を授与されているんです!

大学でデザインの勉強をしていらした若林さんは、13年前におじいちゃま、おばあちゃまの身体を気遣って卒業を機にお店を継がれました。

「もの作り」という点で、勉強してらした事と共通すると思われたそうです。

お店のあちらこちらに先代の頃からをベースに、若林さんがご自身のエッセンスでしつらえも手を入れてらっしゃいます。
かわいらしいメニューカードは若林さんがデザインされたものです。

一緒にいただいた紅茶(ウバ)もとてもおいしかったです。
つい、くるみのケーキも食べてしまいました。

ボリュームのある、キャラメルがしっかりきいたおいしさです!

りんごの産地、青森にも行かれるそうですが、生産農家さんも含めて
「つくる」事のその先になにか出来ることがあるんじゃないかと
考えていらっしゃるようでした。

おばあちゃまから受け継いだものを大切にしつつ、
「その先」はもう始まっていますね。

京阪三条駅から徒歩約15分
京阪神宮丸太町から徒歩約8分

営業時間  11時~18時
定休日    月曜日

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. にじいろ / 絢香
 2. お祭り忍者 / 忍者
 3. 宇宙のファンタジー / Earth,Wind&Fire
 4. 唇よ、熱く君を語れ / 渡辺 真知子
 5. ドーナツソング / 山下 達郎
 6. Desperado / The Eagles
 7. あぁ / 大黒 摩季
 8. Jupiter / Little Glee Monster

文楽 床山の高橋晃子さん

国立文楽劇場 文楽技術室 床山の高橋晃子さんにお話をうかがいました。

以前、首(かしら)をつくっていらっしゃる村田さんにお話をうかがった、
劇場の技術室にお邪魔しました。
部屋一面にたくさんの道具がならんでいます。

その一角で黙々と作業なさっている高橋さんはこの道31年。
床山さんの主なお仕事は、260種類あるといわれる文楽のかしらの髪型を整えることです。
といっても、先ずはカツラ作りから始まります。
銅板をたたいて丸く形作っていきます。
そこに、毛髪でできた蓑のような「蓑毛」と呼ばれる束を縫い付けていきます。
こうしてできあがったカツラをかしらに打ち付けます。

髪型を整えるのはここからです。

女性の髪型は、その形で未既婚や仕事やキャリアなどが示されています。
この日は、この間まで商家の娘・お三輪だった形を、遊女梅川に結い変えて
いらっしゃるところでした。

首(かしら)が生まれ変わる瞬間です。

かつらは人毛でできていますので、手入れや整えるときには、
人間のスタイリング剤を使います。
人の世界で使うスタイリング剤は、その時代に流行っているヘアースタイルにあったものが
発売されます。商品がマイナーチェンジしたりするそうです。
昔から使っていたものがいつまでも発売されているとは限らないんですね。

昔はVO5ヘアースプレーを使ってらしたのが、今はケープになったり・・・。
常に、合うモノがないかと探していらっしゃるそうです。

艶のある美しい髪は、高橋さんが結い上げ、細かい櫛目を丁寧にいれてらっしゃるから
生まれるんですね。

出し物にもよりますが、1日お芝居が終わるごとに整え、生き返らせ、
明日の舞台に備えます。

重要な、文楽のお芝居の一部を担っていらっしゃるお仕事ですね。

髪がほどけてザンバラになる「さばき」は見せ場のひとつです。
「かつらも一緒にお芝居をさせてもらっている~楽しみであり緊張もします。」
とおっしゃっていました。

初春文楽公演は新年1/3(木)からです。
「さばき」のでてくるお芝居もありますよ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

あっちこっち行ってみ~でご紹介したのは「海遊館」です。

「一度は行ったことがある」という方も多いと思います。
大阪の名所の一つですが、毎年のように進化しているんですよ。
今回はイルミネーションも見たかったので、初めて遅い時間に訪れました。

海遊館は、午後5時からスローなBGMに変わり、水槽の照明を少しおとします。
魚のおやすみタイムのためです。
この時間になると、魚たちも動きがゆっくりになったり、
のんびりしたりするそうですよ。
少し雰囲気が変わるんです。

お馴染み魚のトンネルから「日本の森」を通って環太平洋をぐるっと巡ります。

海遊館といえば太平洋水槽のジンベエザメの遊ちゃんと海くん。
代名詞ですよね。
えさに近い水槽の上の方を泳いでいるのが女の子の遊ちゃん。
下の方を泳いでいるのが男の子の海くんです。
遊ちゃんのほうが年上で大きいからなんですって!

太平洋水槽には大小様々たくさんの種類の魚がいますよね。
なぜ、同じ水槽にいながら小魚が食べられてしまわないのか?

同じ水槽にいても、あとからきた魚が先にいる魚を食べることはないんだそうです!
えー!なんでー!

理由はわからないそうです。

まだまだ生き物の世界には不思議がいっぱいです。

また、この時期になると毎年恒例のサンタダイバーが登場します。
今年で26回目です。
サンタダイバーは、ジンベイザメの遊ちゃん、海くんのいる
太平洋水槽には13:15~、15:30~
タスマン水槽には16:15~から登場しますよ。12/25(火)までです。

好奇心旺盛なカリフォルニアアシカが、この日案内してくださった
海遊館の中川さんのバインダーをのぞきに来ました。かわいい~。

今年3月からスタートした「海月銀河」も人気のエリアです。
私は今回初めて見たのですが、雰囲気が全然変わります。
深い宇宙のような闇の中にフワッと浮かび上がるクラゲ。
繊細で本当に美しい。

その姿も動きもなんとも不思議です。

「顔博」のコーナーでは個性的な顔の魚たちが集合しています。
性格診断で選ばれた魚と自分の顔の合成顔の映像も!

自然界の生き物は、お腹がすいていなければエサをほしがることはありません。
人間とは違うんですね。耳の痛いお話でした。

海遊館周辺で11月9日からスタートしたイルミネーションは、光きらめく大海原のよう。
今年は、神秘的なクラゲの世界を彷彿とさせる幻想的な空間になっています。

大阪港駅から、近づくほどに大きくなる大観覧車。
天保山マーケットプレイスから海遊館が見えてくると、そこには大きなアーチが登場します。

そして、海遊館前の大きな広場いっぱいに繰り広げられるイルミネーション!
今年はペンギンやクラゲなどのイルミネーションも加わって一層華やかです。
イルミネーションは2019年3/3(日)までです。

アクセス おおさかメトロ「大阪港駅」より徒歩5分
営業時間 10:00~20:00 (最終入館は閉館の1時間前まで)
休館日  2019年1/16・17、2/20・21

入館料 大人(高校生・16歳以上) 2,300円
    子ども(小中学生)    1,200円
    幼児(4歳以上)      600円
    シニア(60歳以上)    2,000円

その他詳しくは海遊館のH.P.などでご確認ください。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 心の旅 / チューリップ
 2. LOVEマシーン / モーニング娘。
 3. もっと強く抱きしめたなら / WANDS
 4. また君に恋してる / 坂本 冬美
 5. テクノポリス / Yellow Magic Orchestra
 6. サザエさん / 宇野 ゆう子
 7. 氷の世界 / 井上 陽水
 8. 大阪で生まれた女 / BORO

ミッキパッドVol.189《小松菜》

ミッキパッド
料理初心者の髙岡さんでも作れる簡単なレシピを
リスナーの皆さんに教えてもらおうというコーナーです。
今回は「小松菜」を使ったレシピを教えてもらいました。

◇小松菜の豆知識◇
緑黄色野菜の中でも栄養価の高さは群を抜いています。
すべてのビタミン、ミネラルを豊富に含むほか、
鉄分やカルシウムなどはホウレンソウ以上。
特にカルシウムの量は牛乳並で栄養価の高さは群を抜いています。
小松菜は傷みやすいので、
湿らせた新聞紙やペーパータオルなどに包み、
立てて冷蔵庫で保存すれば、2~3日は持ちます。

▼小松菜とツナのスパゲティ
①小松菜は切ってレンジで加熱する
②温めた小松菜にツナ缶、こしょう、醤油、オリーブオイルを加え
 茹でたスパゲティを和える
このスパゲティなら栄養もばっちりですね。

▼小松菜の柿入り白和え
①豆腐は茹でて重石をして水気を取っておく
②柿は細切りに、こんにゃくは茹でて細切りにする
③小松菜は茹でて2cmくらいの大きさに切って
 水分をよく絞っておく
④豆腐をすり鉢に入れて砕き、そこに柿と
 よく水気を切った小松菜、こんにゃくを入れて混ぜる
⑤しょうゆ、砂糖、塩、味噌、練りごまを
 合わせたものを加えて混ぜる
柿を入れると彩りがキレイですね。

▼サバと小松菜のスープ
①小松菜を2cm位に切ってごま油で炒める
②そこに水とサバの水煮缶を汁ごと入れて、
 固形ブイヨンを2つ入れる
③煮立ってきたらトマトを角切りにして出来上がり。
さっぱり美味しいスープ。味付けも簡単です♪

今週もたくさんのレシピ、ありがとうございました。

次回は「チキン(鶏)」を使ったレシピを教えてください。
以前教えてもらったチキンのレシピはコチラ↓↓
鶏肉← →ささみ← →鶏ムネ肉

コーナーでレシピを採用させて頂いた方には
イオンなどのスーパーで使える「たまごギフト券」をお送りします。
レシピと共に住所・本名も忘れずに書いてお寄せ下さいね。

みなさんのアイデアレシピ、お待ちしています!

(AD アーニー)

※あくまで個人の感想です。第19弾

話題の付録付き雑誌(ムック本)の気になる中身を紹介する
「※あくまで個人の感想です。」

ムック本ってたくさんあって気になるけど、あれもこれも買えない!
そんな気になる付録を高岡さんが実際に使ってみて検証し、
個人の感想を述べるコーナーです。

第19弾に選んだのはコチラ!

「セスキ・重曹・オキシウォッシュで家まるごとピカピカ!」
発売日:2018年8月28日
発売元:宝島社
定価:1,382円(税込)

3つの洗浄剤があれば、家じゅうまるごとピカピカに?!

<出版社のHPより抜粋>
今、話題の宣材「オキシウォッシュ」(過炭酸塩)。
シンクや浴槽にこの洗剤を溶かし、
なんでも放り込んでおくだけでこすらずピカピカになる!
と「オキシ漬け」なる言葉がブームになっています。
この本はこの「オキシウォッシュ」に加え、
ナチュラル掃除には欠かせない「セスキ」「重曹」の基本的な使い方をイチからレクチャー。
誰でもお掃除名人になれる一冊です。

付録は「オキシウォッシュ」「セスキ」「重曹」が各30グラム。

使えるのは知っているけど、
まだ使ったことがない!という方には助かりそうな一冊ですね。
「オキシウォッシュ」を使った「オキシ漬け」は特にネットでも話題です。

「重曹」「セスキ」も使ったことがないというタカオカさんが、
この3つを使って家じゅうをピカピカにできるのでしょうか?

来週の個人の感想をお楽しみに。

(AD アーニー)

タラのレシピ

いつもミッキパッドのコーナーにレシピをお送りいただき
ありがとうございます。

作りましたよ、タラのメニュー!
冷蔵庫の残りもプラスしてみました。

できあがりが‘お料理した’感ありますねぇ。
もちろんおいしく出来ました!
ありがとうございました。
来週はチキンのレシピをお待ちしております。

    ~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 轍-わだち- / コブクロ
 2. ミ・アモーレ / 中森 明菜
 3. Love Me Tonight / Tom Jones
 4. こころ / 小田 和正
 5. 幸せになりたい / 内田 有紀
 6. 青春アミーゴ / 修二と彰
 7. 愛がすべて / The Stylistics
 8. 粉雪 / レミオロメン