百均、ルンルン!Vol. 228《パズル》

百均、ルンルン!
100円ショップで気になる商品を買ってきてご紹介するコーナーです。
今日ご紹介した商品はこちら。

ダイソーで見つけた「いろいろなパズル」です。

①ジグソーパズル(クリアタイプ)
②動く3Dパズル
③3Dパズル
④紙製立体パズル
⑤超難解パズル
_______________

①ジグソーパズル(クリアタイプ)
ピースが透明になっているパズル。
光を透す透明パズルなので、時間帯や光の色によって変わる表情を楽しむことが出来ます。
デザインは可愛い子猫で70ピース。
完成サイズは13.7~9cm。
別売りのアクリルフォトフレームL版用、または市販のフレームが必要です。

素材がふにゃふにゃの下敷きみたいな素材なので、通常のパズルのような、カチッとはまる感じがなく、ちょっとモヤッとします・・・。
ネコかわいい。

②動く3Dパズル
組み立てると恐竜のトリケラトプスになる3Dパズル。

この状態で入っているので、バラバラにして、文字の少ない説明書を見ながら組み立てます。

できました!

ゼンマイが内蔵されているので、ゼンマイを巻いて平らな面に置くと恐竜が前進します。

コレ100円ってスゴイ。充分楽しめます。

③3Dパズル
宇宙をテーマにした立体パズル。
今回は月面探査機のパズルをチョイス。
対象年齢は6歳以上の子供用パズルですが、細部まで作り込まれており、完成度が高いので大人にも人気があって、SNSで話題になっているそう。

発泡スチロール製で厚みがあるので、立派に見えます。
確かにクオリティがスゴイ。

④紙製立体パズル
組み立てると可愛いカフェのお店が完成するパズル。
ピースを一枚ずつ切り離して、説明書の平面図を見ながら各部品の位置と番号を確認して組み立てます。
道具は使いません。
接続部を接着剤などで固定すると安定します。

シルバニアファミリーみたい~。
※ピカチュウは付いていません。

⑤超難解パズル
通常のジグソーパズルは、たくさんのピースに分かれているものを、絵柄をヒントにしながら完成へ向けて組み上げていくのが一般的な楽しみ方です。
これは、ヒントとなる絵柄が何もない、真っ白なパズル。
完成にはズバ抜けた集中力と忍耐力が必要となり、パズルとしての難易度が一般的なジグソーパズルとはけた違い。
完成サイズは10×14.7cmのポストカードサイズ。

1時間格闘。

なんとか枠だけ仕上がりました(By タカオカ)
端っこを組み立てるのだけでもこんなに大変だとは・・・。

「初心者の挑戦は控えてください」と書かれてました。
完成後の達成感は超最高?!だそうですけど・・・。

興味ある方はチャレンジしてみてください。

大人も楽しい色んなパズル。
気になった方はお店で探してみてくださいね。

(AD アーニー)