竹本雛子さん

女義太夫(むすめぎだゆう)の太夫、竹本雛子さんにお越し頂きました。
今年も初心者向けの「はじめての義太夫ワークショップ」を開催されます。

明治から大正にかけて大変な人気だった女義太夫。
普段このコーナーでご紹介している文楽と大きく違うのは、
語りと三味線だけの素浄瑠璃だと言うことです。

ワークショップは語り、三味線のどちらかでも、両方でも参加できます。
一回だけの参加でも大歓迎です。
初めて触れる三味線。お腹のそこから出す大声。
ぜひ体験してみてください。

昨年私も参加したのですが、お隣に座っていた女性は
「楽しかったので、ぜひ続けたいんです。」とおっしゃていました。
リピーターの方も多いようです。
でも、「見学だけしてみたい」(参加料1000円)という方もOKなんですよ。

義太夫のギも初めてとおっしゃる方も楽しめる、
ゆったりとすすめるワークショップです。
当日は指導の先生方のおしゃべりも楽しんでくださいね。

お問い合わせは
06(6372)3690 フェスネットまで

    ~*~*~*~*~*~*~*~

今日のあっちこっち行ってみ~は
平成29年5月に開園50周年を迎えた
神戸市にあります須磨離宮公園をご紹介しました。

こちらでは、今「春のローズフェスティバル2019」が開催されています。
正門からなだらかな坂をあがっていくと中門広場があります。
そこを抜けると・・・!

広々とした美しい欧風噴水庭園が広がります。
中世のヨーロッパを舞台にした映画で見るような庭園です!
レストハウスからわき出た水が滝になって段々滝(カスケード)を降ります。

その水が水路を流れて大噴水へと繋がります。
こんな立派な噴水、久しぶりに見た気がします。

この水路周辺を囲むのが「王侯貴族のバラ園」です。
プリンセス・ミチコ、プリンセス・ドゥ・モナコ、クイーン・エリザベスなど
皇室や王室、その他芸術家などの名前の品種コレクションは
四季咲きのモダンローズをはじめ、約180種4,000株のバラが開花。
特に春は、一季咲きが多い原種のバラやオールド・ローズ、ツルバラなども咲き誇るので、
ひときわ華やかになるそうです。

月見台からの眺望もすばらしいですよ。
日経「おすすめ月見スポットベスト10」選ばれた事もあるそうです。

先週はバラはまだこれからという感じでしたが、
今週末あたりは見頃のようです。

アスレチックが楽しめる子供の森があったり、植物園には「梅園」「ぼたん園」
「つばき園」「花しょうぶ園」など四季折々に楽しめそうです。

開園時間 午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで 
休園日  木曜日(祝日の場合は翌日・ 年末年始(12月29日~1月3日) 
交通   山陽電車 「月見山駅」下車、北西へ徒歩10分 
須磨寺駅 下車北東へ徒歩10分 

月見山駅からですと、道順を示すバラのプリント表示愛称「バラの小径」がありますので、
助かりました。

「春のローズフェスティバル2019」は6月2日(日)までの開催です。
※期間中は本園のみ18時まで開園延長(入園は30分前まで)
※5月23日(木)、30日(木)は臨時開園
※5月18日(土)は入園無料、本園のみ20時まで夜間開園

詳しくは神戸市立須磨離宮公園のH.P.などでご確認ください。

  ~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. SUN / 星野 源
 2. 蝶々結び / aiko
 3. Blue Moon Stone / チェッカーズ
 4. Billie Jean / Michael Jackson
 5. 太陽の君に / 関取 花
 6. ばらの花 / くるり
 7. Blue Bird / コブクロ
 8. 亜麻色の髪の乙女 / 島谷 ひとみ