「チキンラーメンの女房 安藤仁子展」

「あっちこっち行ってみ~」でご紹介したのは「チキンラーメンの女房 安藤仁子展」
池田市の「カップヌードルミュージアム」で開催中です。

透明のバルーンの中に入ったカップヌードル、
街で見かけたことありませんか?
カップヌードルミュージアムでは、様々な体験コーナーもあって、とても人気なんです。
私が行った日も、学校の振り替え休日だったのか、
平日にもかかわらず、本当にたくさんの方がいらっしゃっていました。
しかも、子供さんに限りません!
老若男女、世代を超え楽しんでいらっしゃいました。

世界でひとつだけの「オリジナルカップヌードル」を作ることができる工房
マイカップヌードルファクトリー。
麺から自分達で作る チキンラーメンファクトリー(要予約)
体験コーナーもにぎやかでした!

1958年に誕生したチキンラーメン。
大阪・池田市の自宅裏庭に建てた小屋で、
丸1年間休みなく、たった1人で研究を続けた創業者の安藤百福さん。

研究に没頭した小屋が館内に再現されていました。
まるで普通のお台所です!百福さんは、
「特別な環境がなくてもアイデアと努力で新しいモノは生み出せるんだ」ということを伝えたかったそうですよ。

その後、財産などすべてを没収されるという危機に直面するんですが、
ここからまた、新しい研究に乗り出しました。
それが、1971年に発売されるカップヌードルです!
構想から5年かかったそうですよ!

無一文に近い状態で新しいことを始める・・・。
このときすでに家族のいた百福さん。
奥さんは気が気じゃなかったはずです。

その奥さんが現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく。」のモデルになっている安藤仁子(まさこ)さんなんです。安藤さくらさんが演じていらっしゃいますね。

仁子さんが亡くなってから、仁子さんの手帳が発見されました。
その手帳の中に、それまで語られなかった仁子さんのことやご夫婦の間の昔のエピソードが残されていました。
それらを参考に今年、「チキンラーメンの女房(中央公論新社)」という書籍も出版されました。

そして今、カップヌードルミュージアムで「チキンラーメンの女房 安藤仁子展」が行われているんです!
あくまで、ドラマは「8割がフィクション」なんだそうですが、実際のエピソードに出てくる人物や出来事もところどころ物語に採用されています。
劇中の相関図も展示されていましたよ。

内田有紀さん演じる長女のサキ姉ちゃん。
実際にとても聡明で美しい女性だったそうですが、ドラマの中でプロポーズに来た
白馬の歯医者さんは、実在の人物だそうです!ビックリですよね!

「私は武士の娘です!」が決まり文句の松坂慶子さん演じるお母さんがどうして
「あなたのお父さんはヤマシのような人」と言いながら一緒になったのかも、
ヒントがありました。

展示されていた仁子さんの手帳の最後のページにはこう書かれていました。
「主人が命かけた日清が成功した」

阪急宝塚線池田駅より徒歩約5分
開館時間  9:30 ~ 16:30 (入館は15:30まで)
休館日    火曜日(祝日の場合は翌日)
「カップヌードルミュージアム 大阪池田」は住宅街の中にあるため、近隣の方のご迷惑とならないように、注意が必要です。

詳しくはカップヌードルミュージアムのH.P.などでご確認ください。

 ~*~*~*~*~*~*~*~*~

「べっぴんサークル文楽へ行こう」は来年1月15日に行われる
文楽イベントをご紹介しました。

数々の大阪文化の拠点になっている大阪市中央区。
その中央区と国立文楽劇場の舞台などをてがける関西舞台さんが行うイベント、
「文楽探検 大阪・中央区が発祥の「文楽」探検へ、いざ出発!」(参加無料)をご紹介しました。

当日は、文楽の「伊達娘恋緋鹿子 火の見櫓の段 お七のくどき」の観劇や、
三業の解説や体験があります。
そして、今回の催しでは、文楽劇場のバックヤードの見学もできるんです!
(見学は当日の希望者の中から抽選です。)

往復ハガキかwebでの申し込みになります。

平成31年1月15日(火) 11時~12時半
国立文楽劇場小ホール 150名ご招待です。
締め切りは12月19日(水)です。

詳しくは「中央区 文楽探検」で検索してみてくださいね。

右:関西舞台の森村さん 中央:中央区役所の加藤さん

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. Hello Song / 星野 源
 2. 明日へ架ける橋 / 倉木 麻衣
 3. Amor y Sol with 桜井和寿 / ナオト・インティライミ
 4. 愛はかげろうのように / Charlene
 5. あなたとトゥラッタッタ♪ / DREAMS COME TRUE
 6. 哀愁情句 / 早見 優