下村敦史さん

昨年12月に発売され大好評の「サハラの薔薇」の作者、
下村敦史さんが今日のゲストです。
小説を書き始めたキッカケや、第60回江戸川乱歩賞受賞までの
苦労話などをうかがいました。
決して文章を書くのが得意ではなかったなんて、、、キッカケになったお友達の存在は、大きかったんですね!

下村さんとお話ししていると、「本当にこの方が『サハラの薔薇』の作者?」と思ってしまうほど優しい語り口でいらっしゃいました。

角川書店から絶賛発売中です。
めちゃめちゃ面白いですよ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今日のベタベタベーターは、「パイの日」と言うことで発売50周年を迎えた
「不二家ホームパイ」です。

不二家ホームパイは、富士山の裾野にある富士裾野工場で作られています。

パイのおいしさに欠かせないバターを贅沢に使い、 裾野工場の敷地地下に流れる富士山の天然水を汲み上げてパイ生地を仕込んでいます。
そして材料の粉は、自社製の発酵種(ルヴァン種)を使ったこだわりのオリジナル生地。富士裾野工場の中の発酵専用部屋で発酵種をいちから育てることによって風味と食感がアップ。 その生地をじっくりと焼き上げて、なんと700層のパイに仕上げています!

工場敷地内には、「不二水神社(ふじすいじんじゃ)」という神社があるそうですが、これは
ホームパイの仕込み水として、富士山の天然水を使用することをきっかけに建立されたんだそうですよ。

不二家(ふじや)という屋号は、1910年(明治43年)、創業者・藤井林右衛門(ふじい りんえもん)さんが、横浜・元町の外国人居留地に、小さな洋菓子店を開いたときに名づけられました。
自身の「藤井」姓や、外国人にも良く知られた日本一の山である「富士山」(不二山)にちなむとともに、「不二」という言葉には「二つとない存在でありたい」という願いが込められているようです。

手軽でおいしく食べられるパイ。個包装されていると、とても便利です。
手軽なお菓子が七ベタに売れ続けているなんて、すごいですね。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. Overnight Sensation
      ~時代はあなたに委ねてる~ / TRF
 2. Morris / Superfly
 3. KYOTO / JUDY AND MARY
 4. Uptown Girl / Billy Joel
 5. 帯屋町ブルース / 水雲-MIZMO-
 6. ギザギザハートの子守唄 / チェッカーズ

Comments are closed.