吉田和生さん

新年にふさわしいゲスト!
人間国宝の吉田和生師匠です!

国の宝とお話するなんて生まれて初めてです。

でも、和生師匠はいたって気さくに接してくださって、楽しくお話うかがえました。

国宝になられて何か変わったことは?とうかがいました。
「何もかわりませんよ。自転車置き場の係の人が『先生』って呼んでくれるようになりました。」とおっしゃっていました。

和生師匠は、一昨年の紅白歌合戦で、石川さゆりさんの歌の冒頭に出演されました。

「顔はだされますか?」と聞かれて、「断りました。」との事。
「出演は20秒ですからね。でも12月29日から東京へ行っていましたよ。」とはビックリですね。

「伝統芸能に携わる人間は次へつなぐという勤めがありますからね。」というお話は、
一層重みが増しますね。

文楽初春公演は1月25日まで、国立文楽劇場で公演中です。
ぜひお出かけください!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

テレビのものまね番組でもでお馴染みのお三方にお話うかがいました!
ホリさん、山本高広さん、ミラクルひかるさん。
凄い豪華なメンバーです~。
いや~楽しいですね!皆さん本当に楽しくってめっちゃ魅力的です。

ホリさんはハートがキレイ!
ミラクルさんはバストがキレイ!
そして山本さんはすごくお肌がキレイ!

原田あきまささんとの4人でのライブが大阪で行われます!
なんてスペシャル豪華なメンバーなんでしょうか!
当日ステージに「何人」が登場するんでしょうね。

スペシャルものまねライブ「変人」in大阪2018は
1月13日(土)、14日(日)
会場は 大阪 松下IMPホールです。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ベタベタベーターは「トモエそろばん」

わたしが子供の頃はそろばん教室は大人気でした。
小学校でそろばんが必修項目になったのは1935(昭和10)年からなんだそうです。

創業者の藤本勇治さんはそろばんの製造全国シェアトップの兵庫県小野市で製造職人として働いていました。
独立して東京で創業したのが1920(大正9)年でした。

藤本さんはお商売のアイデアをたくさん生かしていきます。
先ず、メンテナンス。傷んだそろばんを終業後に預かり、翌朝までに修理をします。
そして品質の向上。当時全て職人さんの手作りだったそろばんは、どうしても品質に差がでました。そこで製造工程の一部を機械化することによって、徹底した品質管理を実現させました。

品質はバラバラ、価格もまちまちだったそろばんを、全国統一価格制を実現し、生産から販売までの一貫した体制を整え、徹底した品質管理と、迅速な販売網を整えたんですね。

いろんなタイプのそろばんを作っていはりますが、
「電卓付そろばん」は今も継続販売されているそうですね。
足し算や引き算は馴れているそろばんで、掛け算や割り算は電卓で、というように、計算の種類によって使い分ける人に支持されているらしいです。面白いですね。

ピーク時の204万5000人から18万人にまで落ち込んでいた珠算検定・暗算検定の受験者は06年度から増え始め、09年度は30万人近くにまで回復しました。
今日久しぶりにそろばんをはじいてみました。
最近言われている「そろばんの効用」がわかった気がします。

頭の中ももちろん、指先にも神経を使う。これは、いいです!

通っていたそろばん塾に女の子が集まった!というモテ期を経験した華井二等兵さんに
さわやかそろばん少年風のポーズをしてもらいました!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 365日の紙飛行機 / AKB48
 2. コロ / クレイジーケンバンド
 3. 酔月夜 / 城之内 早苗
 4. GLORIA / YUI
 5. そのままの君でいて / 岡本 真夜
 6. 前前前世 / RADWIMPS
 7. 冬のうた / Kiroro

Comments are closed.