ミキペディアVol.108《なくし物》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という普段の生活の中で何気なく感じた疑問を
リスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今回の疑問は
「なくした物が諦めた頃に出てくるのはどうして?」でした。

【目線が変わる説】
諦めたということで、目線が変わって見つけやすくなる。

【視野が広がる説】
所定の場所にないということは、やんごとなき事情で、
「とりあえず」とどこか他の場所に置いた可能性がある。
やんごとなき事情が解決した時点ですべてが解決したと思い、
忘れてしまう。
冷静になればなるほど、「あれはここには置かないはず」と
視野を狭め絞り込んで探す。
「とりあえず」置いた時は整理整頓が目的ではないので、
冷静に考えたら置かないような場所に置いているのかもしれない。
諦めかけた頃には、もう探していないので視野も広がり、
「こんなところに!」と見つかる。

【持ち主の気を引くため説】
なくしたものが持ち主の気を引くためにコソッといなくなったり、ひょこっと出てきたりする。
「僕がいなくなったら、持ち主さんが探してくれるんちゃうかなぁ(わくわく)」
「そろそろ出てきたら喜んでくれるかなぁ」
見つからずに諦めて新しいものを買うと、
新しいものに嫉妬して出てくる。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回の疑問は
「焼きそばパンはあるのに、焼きうどんパンがないのはどうして?」です。

この疑問について皆さんのご意見をお寄せください。
また、焼うどんパンあるよ!という方の情報もお待ちしています。

コーナーで採用させて頂いた方には番組特製手ぬぐいをお送りします。
必ず住所・ご本名も書いてご応募下さいね。
皆さんのご意見、お待ちしています!

AD アーニー

Comments are closed.