ミキペディアVol.106《チャンネル送りボタン》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という普段の生活の中で何気なく感じた疑問を
リスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今回の疑問は
「テレビのリモコンには数字のチャンネルボタンがあるのに、
‘チャンネル送りボタン’もあるのはどうして?」でした。

【エレベーターとエスカレーターの関係と同じ説】
百貨店に行ったときに買う物が決まっていれば、
エレベーターで目的の階のボタンを押して、直接行く。
あてもなくただぶらりと立ち寄った人は
「何があるのかな~」とエスカレーターに乗って
各階の様子を見ながら昇っていく。
この関係性と同じように
見たい番組が決まっている人はそのテレビ局の数字ボタンを押し、
特に決めずに、暇つぶしにテレビをつけている人は
「何か面白いの、やってないかな~」と
チャンネル送りボタンを押し続ける。
決めている時と特に何も決めていない時のために、
リモコンにはどちらのボタンも用意してある。

【地方に行ったときのため説】
普段は使わないが、旅行などで違う土地に行ったとき、
いつも使っているチャンネルと違い、見たい局がどの数字かが分からないので
送りボタンで映るチャンネルを探すのに使う。

【サブチャンネルに切り替える時に使う説】
数字のチャンネルボタンは・・・
テレビを買った時に予め登録したチャンネルに切り替えるために使う。
それに対してチャンネル上下(送り)ボタンは・・・
数字ボタンへの登録の有無に関わらず、現在表示しているチャンネルの次、または前のチャンネルに切り替える時に使う。
地上デジタル放送では、各放送局のメインチャンネル以外に、サブチャンネルがある。
一番よくチャンネル上下ボタンを使うのは、このサブチャンネルに切り替える時である。
たとえば・・・野球の放送の時など、定時ニュースをメインチャンネルで、
サブチャンネルで野球中継を放送していることがよくある。
この時にチャンネル上下ボタンを使ってサブチャンネルに切り替える。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回の疑問は
「トイレットペーパー シングルとダブルがあるのはどうして?」

この疑問について皆さんのご意見をお寄せください。

コーナーで採用させて頂いた方には番組特製手ぬぐいをお送りします。
必ず住所・ご本名も書いてご応募下さいね。
皆さんのご意見、お待ちしています!

AD アーニー