滝行を体験!

生中継のコーナー
今日のレポーター、代走みつくにさんが行ってきてくれたのは
能勢町にあります「関西身延真如寺」です。

こちらの真如寺は日蓮宗の寺院で、
また、大阪で唯一日蓮聖人の御真骨を安置している寺院なんです。
日蓮宗の総本山の久遠寺が山梨県の身延山にあることから、
‘関西身延’と言われているそうです。

境内には「白糸の滝」と呼ばれる、年中水の枯れることのない滝があります。

こちらで滝行ができるということで、
今日は月1回の滝行の日ではないのですが、
特別に滝行を体験させてもらいました。

3℃の中、行衣に着替えた代走さん。

水を頭、顔、手・足、カラダの順にかけて冷やした後、
唱題しながら滝に打たれます。

滝に入るときは、願い事を唱えるというよりも、
まず雑念を払い、心を鎮めること。

滝に打たれるとき、頭のてっぺんで受けているようなイメージがあるかもしれませんが、
実際は頭の後ろあたりに受けるんだそうです。

雑念は払いきれなかったようですが・・・

滝行で清めた後、ご祈祷を受けてお詣りをすることで、
更にご利益に預かれると言われているそうです。

瞑想中の代走さんです。

滝行は毎月1回行われていて、事前予約が必要です。
中学生以上の男女ならご参加いただけます。
志納料は3000円です。

行衣は貸し出してくださるので、その中に着る水着とタオルはご持参ください。
こちらの滝は自然の水を利用しているので水温が年間を通して低いため、
体調がすぐれない方はご遠慮下さい。

行き方は、能勢電鉄「妙見口駅」を下車し、
阪急バスで「奥の院停留所」で降り、歩いて約10分です。
または、能勢電鉄「ときわ台駅」からタクシーをご利用下さい。

また、滝行を体験してみたいけどどうしても日程が合わないという場合は、
5名以上の団体で参加希望ということであれば
別途日程を相談させてもらえるそうです。

詳しくはこちらにお問い合わせ下さい。
072-737-0135(朝9時から夕方4時まで)
または、「関西身延真如寺」のホームページをご覧下さい。

滝行体験してみたいという方はぜひお問い合わせの上、訪れてみてくださいね。

ちなみに、今日は以前生中継のコーナーでご紹介した山空海温泉で
温まって帰ってもらいました~。
こちらの記事参照

AD アーニー

Comments are closed.