ミキペディアVol.87《顔写真に落書き》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という普段の生活の中で何気なく感じた疑問を
リスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今日の疑問は
「知っている人の顔写真を見ると、落書きしたくなるのはどうして?」
です。

【暇つぶし説】
まずは親愛の情から、その人に甘えているという気持ちから顔写真にイタズラする。
次は憎しみの感情から、こらしめるために。
その次は、とにかく暇つぶしに、手持ち無沙汰でしてしまう。

【呪い説】
『「べっぴんではない」と言っていても、内心べっぴんだと思っているに違いないわぁ。
眉でも太くしてやろか!ヒゲでも描いてやろか。
まだ足らんなぁ。それなら口を大きくしたらどんなもんや!
わぁ!滑稽な顔してるやんか!
これでも「べっぴん」と言えるの?ほんま笑うで~』
・・・と、心の中で思いながら描いているとたまらなく面白く、
日頃のストレスも次第に解消する。
このように呪いの気持ちをこめて落書きしている。

【心のタガが外れる説】
親しい人とは、親しくなればなるほど許容範囲が分かってきて、
ちょっと非常識な話もできるようになり、心のタガが外れる。
その人を知っているからこそイタズラ心が起き、
写真を見てイタズラ心が強まる。
「ヒゲ」や「シワ」を描くのは、簡単に描けて簡単に人相が変わるから。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回の疑問は
「忙しい時に限ってしなくていいことをしてしまうのはどうして?」
です。

大掃除せなあかんのに、懐かしいアルバムを見つけてしまった・・・
テスト勉強せなあかんのに、今しなくてもいい引き出しの掃除を始めてしまった・・・
なんてことありませんか?

どうしてなんでしょう。
皆さんのご意見、お待ちしています。

AD アーニー