ミキペディアVol.85《寝ている時のガクッ》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という普段の生活の中で何気なく感じた疑問を
リスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今回は伊丹のちっちさんから頂いた疑問です。
「寝ている時に階段を踏み外すような感じで
体がガクッとなって目が覚めることがありますが、
これはどうしてなんでしょうか?」

【戦っている説】
ガクッとなるのは、すごく眠たかったり、疲れが凄くある時に多い。
身体が眠気や疲れと戦っている。

【夢に反応している説】
悪夢の場合、痙攣したり金縛りのようになることがあるので、
夢に対する反応でビクッとして、目が覚めてしまう。

【条件反射で働く防護機能説】
眠りが浅いときに、何かの刺激を受けると、
体が反射的に逃げだそうと反応して、筋肉が痙攣する。
頭では意識していないので、それがガクッとなる。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

次回は「メガネってどうして置いた場所を忘れてしまうのでしょうか?」

メガネ、メガネ・・・と探している人をよく見かけます。
どうしてメガネを自分で置いた場所を忘れるのでしょう?
この疑問についての皆さんのお答えをお待ちしています。

AD アーニー