トリセツ

私は‘取り扱い説明書’を読まないタイプです。

これで済むかと言えば、済まない事も多いんですが読みません。

文楽もそうでした。

「とりあえず見る」ところから始まりました。
小さい頃、おばあちゃんがテレビで見ていたので
ハードルもそう高くなかったのでしょう。

今や「文楽本」がたくさん出ています。
私の手元にはあまりないのですが、
‘辞書’ばかり読んでいると見る前にいやになりそうですよね。

劇場には公演チラシがあります。
(地下街なんかでも見かけます)
これには物語のあらすじが書いてありますし、
劇場で売っているパンフレットには、文楽についての解説や沿革などものっています。
おまけにミニ床本もついています。

太夫さんの語りは舞台の上方に字幕が出ますので、
内容は十分わかります。

イヤホンガイドを借りれば、話の筋から舞台の演出の意味、
流れてくる曲の解説までしてくれます。

よく「敷居が高い」と言う人がいらっしゃいますが、
初めてって、なんでもそう思いがちですよね。

色んな見方ができますので、
‘トリセツ’で興味の沸きそうな部分を見つけておくのも
いいかもしれませんね。

        ~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. September / Earth,Wind&Fire

 2. おそうじオバチャン / 憂歌団

 3. Modern Girl / Sheena Easton

 4. ガラス越しに消えた夏 / 鈴木 雅之

 5. 九月の雨 / 太田 裕美

 6. さんさ恋しや / 水沢 明美

 7. ラリラリラ / がんばれ!Victory
    (今月のA-MUSIC)

 8. 悲しき雨音 / The Cascades