山下純一さん/夏の肉料理

毎週土曜日27:30〜27:45放送中の「山下純一のバリアフリーFUNK」の山下純一さんがゲストです。

全盲で車椅子のミュージシャンでいらっしゃいます。
昨年は国内最大のハーモニカの大会
「第38回FIH ハーモニカコンテスト ブルースハープ部門」で優勝されたんです!

両手首が脱臼してはる上に握力が2というハンデを持ちながら、先ず持つのに10年かかったそうですよ。
すごい努力家です。

9/1(日)京都のライブハウス「モダンタイムス」で、小説家の木下半太さん率いるニコルソンズとのコラボイベントが行われます。
18時スタートです。

ぜひお越しください!

  ~*~*~*~*~*~*~*~

いつもミッキパッドのコーナーにレシピをありがとうございます。
作ってみました「夏の肉料理」!
出来上がりのイメージができなくて、こんな盛り付けになりました。
違ってたらスイマセン!

来週は我が家のハーブ、スイートバジルが育った記念!
「ハーブを使った料理」をお寄せください。
お待ちしております。

  ~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. Perseus-ペルセウス- / 島谷 ひとみ
 2. 夏なんです / はっぴいえんど
 3. 夕闇 / 山下 純一
 4. 泣いちゃえ渡り鳥 / 水雲-MIZMO-
 5. 夏に恋する女たち / 大貫 妙子
 6. 宿命 / Official髭男dism

ミッキパッドVol.224《ひんやり料理》

ミッキパッド
料理がそんなに得意ではない人でも作れる簡単なレシピを
リスナーの皆さんに教えてもらおうというコーナーです。
今回は「夏のひんやり料理」のレシピを教えてもらいました。

▼豆乳冷や汁
①鍋に豆乳100cc、水200cc、薄口しょうゆ大さじ1を入れて火にかける
②細かい泡が出てきたら火をとめて冷ます
③薄切りにして水にさらしておいたタマネギや、パプリカ、キュウリ、オクラなど好きな野菜を浮かべる
豆乳の夏野菜スープですね。
豆乳苦手な方でもしょうゆで味を調えると食べられて、栄養も摂れそうですですね。

▼冷やし夏野菜カレー素麺
①茄子、かぼちゃ、トマト、ピーマンなどで作った夏野菜カレーをだし汁で少し伸ばす
②茹でて冷水でしめた素麺を入れる
細い素麺にカレーが絡んでおいしいそうですよ。
カレーの次の日はコレで決まりですね!

▼トマトたっぷりひんやりスパゲッティサラダ
①スパゲッティを半分にポキッと折り、沸騰したお湯で茹で、やわらかくなったらざるにあげ、さっと水洗いしてあら熱をとる
②トマト、ハムは1cm角くらいに、きゅうりは輪切りにする
③スパゲッティと切った具を塩コショウ、マヨネーズ、プレーンヨーグルト(無糖)を適量混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やす
トマトたっぷりでひんやり、ヨーグルトでさっぱり。
夏にぴったりですね。

今週もたくさんのレシピ、ありがとうございました。

次回は「ハーブ」を使ったレシピを教えて下さい。
タカオカ家ですくすく成長中の「スイートバジル」のレシピがあれば嬉しいです。
他にもローズマリー、ミント、オレガノ、クレソン、パセリ、シソなどなど。

コーナーでレシピを採用させて頂いた方には
イオンなどのスーパーで使える「たまごギフト券」をお送りします。
レシピと共に住所・本名も忘れずに書いてお寄せ下さいね。

みなさんのアイデアレシピ、お待ちしています!

(AD アーニー)

※あくまで個人の感想です。第37弾

話題の付録付き雑誌(ムック本)の気になる中身を紹介する
「※あくまで個人の感想です。」

ムック本ってたくさんあって気になるけど、あれもこれも買えない!
そんな気になる付録を高岡さんが実際に使ってみて検証し、
個人の感想を述べるコーナーです。

今回選んだのはコチラ!

「パルプから紙が作れる!紙すき&寒天印刷キット」
発売日:2018年12月
発売元:学研プラス
定価:2,160円(税込)

付属のパルプを水に溶いて、はがきサイズの紙が作れるキット。
手すきの紙の魅力はやさしい風合いに仕上がるところ。
既製品にはない、味わい深い紙が簡単に作れます。

パルプ液に色を付けたり、毛糸やラメなどを漉き込んだりして、個性的なグリーティングカードを作れます。
付属のスポンジを切りぬいて型にすれば、好きな形の紙が作れます。
壁に飾ったり、しおりにしたり、オーナメントにしたり。

紙をすいたら、寒天で印刷します。
寒天印刷は「こんにゃく版」ともよばれ、
明治や大正時代の頃の学校や役所で活躍した簡易の印刷技法。

寒天にインクをしみこませて、寒天から紙にインクを写して刷っていきます。
夏目漱石の「ぼっちゃん」にも登場する技法だそうです。
付属の寒天パウダーから寒天の印刷版をつくり、そこに専用のペンで絵や文字を書いて印刷します。
版画とは違い、絵が反転することなくそのまま印刷できます。
寒天液をペットボトルやビンのフタに入れて固めたら、スタンプのように押して印刷もできます。
印刷できるのは黒の1色だけなので、色を塗って仕上げます。

付録がこちら。

◎付録の中身
容器、わく、あみ板、あみ、パルプ、スポンジ、寒天パウダー、専用サインペン、印刷台紙

はがきサイズの紙が5~7枚作れる量のパルプが入っています。
その他に自分で用意するものもあります。

◎紙すきに必要なもの
ペットボトル(500mlサイズ)、タオル・トレーや新聞紙、クリアファイル、カッター、えんぴつ(3B以上の濃いもの)

◎寒天印刷に必要なもの
なべ、菜箸、紙(はがき、コピー用紙など)、ペットボトルのキャップやビンのフタなど

夏休みの自由研究にピッタリでは?
タカオカさんにも、このキットで紙すきや寒天印刷に挑戦してもらいます。

来週の個人の感想をお楽しみに。

(AD アーニー)