竹澤團七さん/ぶどう狩り

ゲストにお迎えしたのは、竹澤團七師匠です。
おしゃれでいらっしゃいますね~。

リネンのスタンドカラーシャツにオレンジ色のジャケット。
歌手の方かしらと思っちゃいますよね。

昭和10年生まれでいらっしゃいますから、今年84歳!
ビジュアルもですが、お声の張りが素晴らしいです。

團七師匠は名古屋のご出身です。
ご両親の影響もあって子供の頃から文楽には触れていらっしゃったそうです。

ラジオから流れてくる落語や漫才、浪曲・・・そしてある小学校5年生の時たまたま耳にした豊竹 山城少掾の語る良弁杉由来の二月堂の段を聞いてボロボロ泣いてはったそうです。

小学校5年生で!理解力がすごいですね。
お父様が素人浄瑠璃、お母様は女義太夫をなさっていたこともあって、
幼いころから馴染んでいらっしゃったんですね。

初めてご覧になった文楽は、なんと名人3人の襲名披露だった!など、
その他にもうかがうお話がどれもすごくて・・・!

こんなエピソードがたくさん盛り込まれた本が出ました!
東方出版から発売になりました
「文楽芸談 三味線 竹澤團七 橋寿のつぶやき」です。

團七師匠の生い立ちから、文楽の世界はもとより、お付き合いのある各界の方々とのお話がいっぱいの内容です。
昭和の名人たちや若かりし懐かしい師匠方のお写真も満載です。

なんと帯が江戸の落語協会会長の柳亭市馬師匠です!
失礼ながら世代も違うお二人にどんな接点が?と思ったら、
「カラオケ友達なんですよ」とニコニコしながらおっしゃっていました。
楽しそうですね~。
ぜひご覧ください。

  ~*~*~*~*~*~*~*~

あっちこっち行ってみ~は
ぶどう狩りが始まっている三重県名張市のぶどう狩りをご紹介しました。
青蓮寺湖観光村では、7月から10月31日までの期間中楽しめます。

大阪より少し涼しく感じました。

2万房のぶどうは、丁寧にひとつひとつ袋がかけられています。
このおかげで、病虫害も防ぐことができます。

天候のせいで気になっていた糖度も19くらいまで上がっているそうです。
甘味が入って、酸味が抜けて、色が入る、、、。
私がいただいたデラウェアはプリプリの実でとってもおいしいかったですよ!
これからお盆までが忙しい時期なんだそうです。

期間によって種類が変わるので、時期を変えて来るという方も
いらっしゃるそうです。

お弁当を食べながら、ぶどう狩りを楽しむかたもいらっしゃるそうです。
そのぶどう狩りのついたお得なプランが青蓮寺湖や新緑の山並みを堪能できる絶景のロケーションに立つ青蓮寺レークホテルにあります。

2房丸々食べた後でしたが、ホテルに着くなりお昼をいただきました。
このレストランからのロケーションが最高です!

稜線が幾重にも、はるか向こうまで続きます。
眼下には緑を映す青蓮寺湖。
私がいただいたのは「華ご膳セット」。
牛すき焼きがメインになった昼食です。

お造りから一品、てんぷら、牛すき焼きの小鍋。
ちょっぴりデザートまでついています。満足~。

さぁつづいてお風呂です。
思った通り、屋内のお風呂からも絶景が見渡せます。

女風呂でこんなに解放感のある露天はなかなかないと思いますよ。
いいお湯です~。

ぶどう狩りのプランは
私が体験したプランのほかに、バーベキューセットや宿泊プランがあります。
目覚めとともに臨む湖。素晴らしいです!
ホテルにはプールもあるのでお子さんは大喜びですね。

バーベキューのコーナーからはダムも見えてこちらも最高の眺めです。
青蓮寺レークホテルは三重県名張市、赤目四十八滝の近く青蓮寺湖のほとりにある温泉旅館です。

近鉄特急ですとなんばから名張駅まで55分。    
絶景と山のみどりを渡る風と温泉で、夏の一日を楽しめますよ。

ぶどう狩りについては青蓮寺観光村まで、
お食事つきのプランなどについては青蓮寺レークホテルまでお問い合わせください。

  ~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. Big Shot!! / ジャニーズWEST
 2. 青空 / Salyu
 3. Copacabana / Barry Manilow
 4. Harlem Night / 大黒 摩季
 5. 渚のカンパリ・ソーダ / 寺尾 聰
 6. あの夏へと / MAX
 7. 小さな夜 / 斉藤 和義