文楽 床山の高橋晃子さん

国立文楽劇場 文楽技術室 床山の高橋晃子さんにお話をうかがいました。

以前、首(かしら)をつくっていらっしゃる村田さんにお話をうかがった、
劇場の技術室にお邪魔しました。
部屋一面にたくさんの道具がならんでいます。

その一角で黙々と作業なさっている高橋さんはこの道31年。
床山さんの主なお仕事は、260種類あるといわれる文楽のかしらの髪型を整えることです。
といっても、先ずはカツラ作りから始まります。
銅板をたたいて丸く形作っていきます。
そこに、毛髪でできた蓑のような「蓑毛」と呼ばれる束を縫い付けていきます。
こうしてできあがったカツラをかしらに打ち付けます。

髪型を整えるのはここからです。

女性の髪型は、その形で未既婚や仕事やキャリアなどが示されています。
この日は、この間まで商家の娘・お三輪だった形を、遊女梅川に結い変えて
いらっしゃるところでした。

首(かしら)が生まれ変わる瞬間です。

かつらは人毛でできていますので、手入れや整えるときには、
人間のスタイリング剤を使います。
人の世界で使うスタイリング剤は、その時代に流行っているヘアースタイルにあったものが
発売されます。商品がマイナーチェンジしたりするそうです。
昔から使っていたものがいつまでも発売されているとは限らないんですね。

昔はVO5ヘアースプレーを使ってらしたのが、今はケープになったり・・・。
常に、合うモノがないかと探していらっしゃるそうです。

艶のある美しい髪は、高橋さんが結い上げ、細かい櫛目を丁寧にいれてらっしゃるから
生まれるんですね。

出し物にもよりますが、1日お芝居が終わるごとに整え、生き返らせ、
明日の舞台に備えます。

重要な、文楽のお芝居の一部を担っていらっしゃるお仕事ですね。

髪がほどけてザンバラになる「さばき」は見せ場のひとつです。
「かつらも一緒にお芝居をさせてもらっている~楽しみであり緊張もします。」
とおっしゃっていました。

初春文楽公演は新年1/3(木)からです。
「さばき」のでてくるお芝居もありますよ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

あっちこっち行ってみ~でご紹介したのは「海遊館」です。

「一度は行ったことがある」という方も多いと思います。
大阪の名所の一つですが、毎年のように進化しているんですよ。
今回はイルミネーションも見たかったので、初めて遅い時間に訪れました。

海遊館は、午後5時からスローなBGMに変わり、水槽の照明を少しおとします。
魚のおやすみタイムのためです。
この時間になると、魚たちも動きがゆっくりになったり、
のんびりしたりするそうですよ。
少し雰囲気が変わるんです。

お馴染み魚のトンネルから「日本の森」を通って環太平洋をぐるっと巡ります。

海遊館といえば太平洋水槽のジンベエザメの遊ちゃんと海くん。
代名詞ですよね。
えさに近い水槽の上の方を泳いでいるのが女の子の遊ちゃん。
下の方を泳いでいるのが男の子の海くんです。
遊ちゃんのほうが年上で大きいからなんですって!

太平洋水槽には大小様々たくさんの種類の魚がいますよね。
なぜ、同じ水槽にいながら小魚が食べられてしまわないのか?

同じ水槽にいても、あとからきた魚が先にいる魚を食べることはないんだそうです!
えー!なんでー!

理由はわからないそうです。

まだまだ生き物の世界には不思議がいっぱいです。

また、この時期になると毎年恒例のサンタダイバーが登場します。
今年で26回目です。
サンタダイバーは、ジンベイザメの遊ちゃん、海くんのいる
太平洋水槽には13:15~、15:30~
タスマン水槽には16:15~から登場しますよ。12/25(火)までです。

好奇心旺盛なカリフォルニアアシカが、この日案内してくださった
海遊館の中川さんのバインダーをのぞきに来ました。かわいい~。

今年3月からスタートした「海月銀河」も人気のエリアです。
私は今回初めて見たのですが、雰囲気が全然変わります。
深い宇宙のような闇の中にフワッと浮かび上がるクラゲ。
繊細で本当に美しい。

その姿も動きもなんとも不思議です。

「顔博」のコーナーでは個性的な顔の魚たちが集合しています。
性格診断で選ばれた魚と自分の顔の合成顔の映像も!

自然界の生き物は、お腹がすいていなければエサをほしがることはありません。
人間とは違うんですね。耳の痛いお話でした。

海遊館周辺で11月9日からスタートしたイルミネーションは、光きらめく大海原のよう。
今年は、神秘的なクラゲの世界を彷彿とさせる幻想的な空間になっています。

大阪港駅から、近づくほどに大きくなる大観覧車。
天保山マーケットプレイスから海遊館が見えてくると、そこには大きなアーチが登場します。

そして、海遊館前の大きな広場いっぱいに繰り広げられるイルミネーション!
今年はペンギンやクラゲなどのイルミネーションも加わって一層華やかです。
イルミネーションは2019年3/3(日)までです。

アクセス おおさかメトロ「大阪港駅」より徒歩5分
営業時間 10:00~20:00 (最終入館は閉館の1時間前まで)
休館日  2019年1/16・17、2/20・21

入館料 大人(高校生・16歳以上) 2,300円
    子ども(小中学生)    1,200円
    幼児(4歳以上)      600円
    シニア(60歳以上)    2,000円

その他詳しくは海遊館のH.P.などでご確認ください。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 心の旅 / チューリップ
 2. LOVEマシーン / モーニング娘。
 3. もっと強く抱きしめたなら / WANDS
 4. また君に恋してる / 坂本 冬美
 5. テクノポリス / Yellow Magic Orchestra
 6. サザエさん / 宇野 ゆう子
 7. 氷の世界 / 井上 陽水
 8. 大阪で生まれた女 / BORO