ミッキパッドVol.180《ビール》

ミッキパッド
料理初心者の髙岡さんでも作れる簡単なレシピを
リスナーの皆さんに教えてもらおうというコーナーです。
今回は「ビール」を使ったレシピを教えてもらいました。

◇ビールの活用法◇
サントリーのホームページに
「飲み残したビールは、何かに使えないでしょうか?」という質問と
その回答が掲載されていました。

【肉を漬ける】【煮込み料理】【揚げ物の衣に】
【ぬか床に】【植木の肥料に】

色んな活用法があるんですね~。

皆さんから頂いたレシピはコチラ!
▼きゅうりのお漬物
①きゅうりをスライスし、赤唐辛子は小口切りにする
②ナイロン袋に、きゅうり、ビール、赤唐辛子を入れて一日漬け込む
深い味わいが簡単に味わえるそうですよ。

▼炊き込みご飯
①炊飯器にお米を入れ、水の代わりにビールを注ぎ、
 塩少々を静かに混ぜておく
②具材(鶏肉・人参・枝豆等)をお米の上にのせて炊く
おこげもおいしそうです。一度試してみたいですね!

▼牛肉のビール煮込み
①牛肉(ステーキ肉でも、もも肉でも)を適当な大きさに切る
②オリーブオイルを引いて強火で牛肉を両面焼いて一旦取り出す
③玉ねぎ、パプリカ、インゲン豆などをさっと炒める
④お肉を戻し、ビールをドバドバと入れ、みりん、しょうゆ、砂糖を
 お好みの量入れて7~10分くらい煮込む
まさにビールのおかげでお肉がやわらかくなって、おいしそうですね。

今週もたくさんのレシピ、ありがとうございました。

次回は「レモン」を使ったレシピを教えてください。
以前ご紹介したレモンのレシピはコチラ

コーナーでレシピを採用させて頂いた方には
イオンなどのスーパーで使える「たまごギフト券」をお送りします。
レシピと共に住所・本名も忘れずに書いてお寄せ下さいね。

みなさんのアイデアレシピ、お待ちしています!

(AD アーニー)

猫写真家の沖昌之さん

神戸出身のフォトグラファー、沖昌之さん。
昨年出版された「必死すぎるネコ」もすごい人気で、
猫好きさんの間で大人気の猫写真家でいらっしゃいます。

元々写真が大の苦手だったのが、就職したアパレルの会社でSNSを担当する事に・・・。
初めて自発的に撮った猫がキッカケとなって、写真家としての活動をスタートされました。

沖さんのネコへの目線がめちゃめちゃ面白い、
「残念すぎるネコ」が大和書房さんから10月1日、発売になりました!

ページをめくると、ホント笑っちゃう写真がいっぱいです。
ネコ自身にはそんなつもりはないんですけどね。

辛い事があった時、悲しい事があったとき、なぜかムシャクシャする時、
この写真集さえあれば、「クスッ」と笑えて元気になれますよ。

「残念すぎるネコ」 沖昌之さん
大和書房出版から1200円(+税)で発売中です。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

※あくまで個人の感想です。第14弾
「つけるだけで偏頭痛バスターズ 魔法の耳せん」
(ブログ記事はこちら

「天気痛」という痛みがあるそうです。

「何故か今日は調子が悪い」
「理由はわからないけど朝から頭が痛い」
「クビが張って頭痛が・・・」

この本によると、こういう頭痛は「気圧の変化」が原因なのだそうです。

付録の耳栓をつけるだけで、耳の外と中の気圧を
平均化してくれて、痛みを軽減させてくれるというのです。

この耳せんは、アメリカの耳せんトップメーカーが開発した世界レベルの高性能だそうです。

 感想・問題点
1)耳栓をしていてもよく聞こえる
2)柔らかいので痛くない
3)私には大きいのか少し違和感がある

試した1週間、私が体調がよかったので、あまり効果はわからなかったのですが、
なんと、私と同じく頭痛持ちのADアーニーは「楽になった」と言っていました!
今日は気圧が下がっているせいか、クビがまわらないくらい辛かったのに、
少し動くようになり、頭痛も薬がいらないくらいになりました!
これはすごい!

ということで今週の評価は・・・よくできました! とさせていただきます。

人によってもちろん違いはありますよね。

あくまで個人の感想ですよ~。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

先週はお味噌のレシピをありがとうございました。
作ってみました。サンマサンド!
おもしろ~い!でもおいしかったです。
次回は出汁入りじゃないお味噌でつくってみますね。

もうひとつ。
力士みそです。冷や奴にのせてみました。ご飯がすすみそうです!

来週はレモンを使ったレシピをお寄せくださいね。
お待ちしております!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. Easy Come,Easy Go! / B’z
 2. さよならは言わないで / Gloria Gaynor
 3. 大人になれば / 小沢 健二
 4. 祭りのあと / 桑田 佳祐