おふさ観音

2018/07/04 水曜日 - 17:21:59 by 髙岡

あっちこっち行ってみ~!は「おふさ観音」をご紹介しました。
毎年、「バラのおふさ観音」としてたくさんの方が訪れます。
おふさ観音というのは通称で、正式名を高野山真言宗別格本山観音寺といいます。

おふさ観音では、無事に厳しい夏を乗り切れるようにと昔から夏の厄払いをなさっていました。

その流れから、毎年夏になると多くの方がご祈祷やお参りに来られていました。
そこで、せっかくだから皆様に夏を心地良く感じていただける方法はないかと考えて、「夏の風物詩である風鈴でお迎えしよう。」となったのだそうです。

毎年夏の2ヶ月間にわたり開催される「風鈴まつり」では、
境内に2,500を超える風鈴が吊り下げられます。
2003年から始めたこの催しは、今や大和の夏の風物詩として知られるようになりました。

風鈴まつりの初日に行きましたが、たくさんの方がいらしていました。
中には大きなカメラを手にされている方もいらっしゃいました。

風鈴の起源は「風鐸」といって、古代中国で、寺の軒先に吊り下げた小さい鐘のようなもので、風に揺られて鳴る音で、魔除けになるとされていました。
これが日本に仏教伝来と共に伝わり、平安貴族たちが自分の家に吊ったのが風鈴の始まりともいわれているそうです。

期間中、寺務所前 では 奈良風鈴(奈良)、小田原風鈴(神奈川)、南部風鈴(岩手)など、全国から約90種類もの風鈴を集めた日本各地の風鈴即売会 が行われます。

また7月17日(火) 午後6時~午後9時には「 夜まつり 」が行われます。
ランプのあかりで、風鈴が幻想的に浮かび上がる光景を楽しめます。また、門前で露店も出るそうですよ。。
午後7時から、本堂前で、夏の厄払い・病封じのお加持を無料で受けられます。

おふさ観音の風鈴まつりは 7月1日~ 8月31日
※雨天・荒天時も、お寺は開放してはります。

入場時間 午前7時~午後4時半(開門は午後5時まで)
入場料 ・無料(本堂内は、拝観料300円が必要)

【 タクシー 】大和八木駅→おふさ観音まで10分
橿原神宮前駅→おふさ観音まで10分
【 バス 】  大和八木駅→「小房」停留所8分おふさ観音まで徒歩5分
橿原神宮前駅→「小房」停留所10分おふさ観音まで徒歩5分
【 徒歩 】  大和八木駅→おふさ観音まで25分

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. COSMIC☆HUMAN / Hey!Say!JUMP
 2. 好きになって、よかった / 加藤 いづみ
 3. LIFE / YUI
 4. ライブがはねたら / NOKKO
 5. 虹になりたい / TUBE
 6. 夏色のナンシー / 早見 優
 7. over… / K