鶴澤友之助さんⅡ   

先週に引き続き、鶴澤友之助さんです。

ここ10年ほど「文楽鑑賞教室」の解説コーナーを担当してらっしゃいます。
鑑賞教室は、文楽初心者の方や学生さんなどもたくさんいらっしゃる公演なので、
ちょっと楽しく三業(太夫・三味線・人形遣い)について解説する時間があります。

そこで、三味線の音色が場面によってどんな風に変わるのかを説明する時に、
‘木村拓哉さん’のモノマネを使ったりしはるんです!
よく似てはるんですよね~。よくウケるんですよね~。

「三味線さんの道具シリーズ~!」

なんと友之助さんの三味線ケースは「ライフルケース」なんです!めちゃくちゃ重い!
わざわざこれを使うのにはもちろん理由があって、耐久性はもちろんこれなら完全防水なんだそうです!

ケースの中にキッチリ三味線の形をつくってもらって全てのものがピシッと納められています!
すごいこだわりです。三味線愛です。
分解式のケースの時に、海外の空港で「これはなんだ?」と説明を求められた事もあるそうですよ!
だって弦の下にはめる‘駒’には鉛が入っていますから、X線などで見つかれば「ライフルと銃弾じゃないのか!?」となりますよね。

昔、野澤喜左衛門師匠が、説明しても理解してもらえず空港で弾き語ったところ、係員から「わかったからもういい」ととめられ、「途中でやめられない」と一段弾き語ったというお話もあるそうです。

このケースを使ってらっしゃれば、次は友之助さんかもわかりませんね。

子供の頃からミュージシャンに成るために色んな楽器を勉強していらっしゃいました。ですから、三味線もスタートからお手の物かと思いきや、それ故のご苦労もあったようです。でも、「ムダなものは何も無い」とおっしゃいます。

「技芸員の手シリーズ」です。

笑ってくださ~い。

これから益々ご活躍が楽しみです。

6月23(土)、24(日)
友之助さんも出演される文楽若手会。
チケットのインターネット予約は今週5月11日からですよ~。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

「あっちこっち行ってみ~」は
「色彩の画家ー素晴らしき抽象画一挙公開! オットー・ネーベル展」

京都文化博物館へ、三条通りの旧日本銀行からもつながっています。
今回が日本初の回顧展となります。

代表的作品の「イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)」が出迎えてくれました。

肖像写真を見ると、なかなかの男前です。
1892年、ドイツ・ベルリンに生まれたオットー・ネーベルは、
建築を学んだり、俳優の修行をしたり、詩作もしていました。その後軍役の休暇中にフランツ・マルクの回顧展を見て画家への活動を始めます。

1920年代半ばにワイマールに滞在したネーベルは、のちに妻となるヒルデガルト・ハイトマイヤーの勤務先「バウハウス」で、カンディンスキーやクレーと出会い影響をうけつつ、生涯にわたる友情を育みます。
カンディンスキーといえばミトコンドリアみたいな絵(?)でなんとなく知っています。パウルクレーはあの淡い色調で日本でも人気ですよね。
また同時期に活躍していたシャガールなどの影響を受けながら創作活動を続けていました。

1931年、3ヶ月間滞在したイタリアで、色彩の輝きに開眼します。訪れた各都市の色・光・響き・ニュアンスの記録をスタートするんです。
色と大きさ幾何学的な形で季節や香りのようなものまで記録します。
今回展示されている『イタリアのカラーアトラス(色彩地図帳)』です。

1933年スイスに移住したネーベルは抽象画に取り組むようになります。音楽や気持ちなど目に見えないものを絵画でどう表現するかに挑んだんですね。このコーナーでは、一部写真撮影ができるんです。ビックリです。

会場では、彼に影響を与えたクレーやカンディンスキー、シャガールの作品も展示されています。
また、お互いの家を行き来した様子を書き記した日記なども見られます。

2度の戦争と困窮、不遇な時代も、芸術に対する情熱を決して失わなかったネーベル。
最も親しくしていたクレーの作品と似ているようにも見えるのですが、よく見ると、細かい点はたてや横、角度をつけて重なっていて、絵の地層のように細かく積み重なり、堅牢、堅固 なイメージを与えます。複雑でとても緻密です。

一人の画家の創作が、どのように発展していくのかを見るのは、本当に楽しいものですね。

京都文化博物館は三条高倉にあります。館内にはお土産物やさんもありますよ。

近くには瀟洒な郵便局の建物もあったり、散策にも楽しいと思います。
桜も終わって少し静かになった京都へいかがですか?

「色彩の画家 オットー・ネーベル展」6月24日(日)まで開催
京都文化博物館 4階・3階展示室
開室時間 10:00〜18:00 / 金曜日は19:30まで(入室はそれぞれ30分前まで)
休館日   月曜日(ただし、4月30日(月)、5月1日(火)は開館)
地下鉄 烏丸御池駅⑤出口三条通りを東へ徒歩3分 
阪急 烏丸駅⑯出口高倉通りを北へ徒歩7分 
京阪 三条駅⑥出口三条通りを西へ徒歩15分 

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. ハナウタ / [ALEXANDROS]×最果タヒ
 2. サンキュ. / DREAMS COME TRUE
 3. 風になりたい / THE BOOM
 4. The Look Of Love / ABC
 5. 青空の下、キミのとなり / 嵐
 6. 水のルージュ / 小泉 今日子
 7. 5月の別れ / 井上 陽水