大寅

今日のベタベタベーターは「大寅」さん。

創業は1876年(明治9年)。
初代社長小谷寅吉さんが、奉公先の「おおいわ」からのれん分けでお商売を始めはります。
大阪沿岸で漁獲されるハモ、エソのほかに白身の小魚を原料として明治25年に大阪戎橋筋に新店舗をつくりました。
屋号は、「大いわ」と寅吉から『大寅』と定めました。

大正期に入ると、漁法が変わってきます。
常に新しい良い材料を探していた大寅は、グチやニベを使用して商品作りをはじめました。
その利用の先端を切ったのが大寅だったことから、当時「大寅グチ」、「大寅ニベ」と呼ばれたそうです。

昭和9年には現在の店舗の斜め向かいくらいの場所で「大寅食堂」も経営していました。
当時珍しい洋食も食べられるお店でした。

戦後昭和24年株式会社組織として再出発。
発売した商品の中でも、亀甲の模様に焼き上げられた『焼通しかまぼこ』はヒット商品となり、多くの賞を受賞しました。

いい蒲鉾をつくるには鮮度の高い魚が求められます。
現在でも社長自ら、中央市場に出向き毎日新鮮な魚を仕入れているそうです。
最高級品ははもが80%以上入る「はもいた」 です!

現在、大寅には150種類の商品があります。その中でてんぷらが100種類を占めます。
天ぷらといっても東西で違いがあるようですね。
大阪は、そのまま食べる文化なので具材(なんばねぎ、きくらげ等)が多い。
東京はおでんなどの‘炊いて’食べる文化なのでシンプルなものが人気です。

デパ地下などで見かける天ぷらを目の前で揚げて販売する実演販売は、大寅が先駆けだそうですよ。

いつの時代も、斬新なアイデアをとりいれてきた大寅は、
今では一般的に見られる商品券の原型とも思われる “蒲鉾引換券” なども考案していました。 
お正月の贈答品などに喜ばれたでしょうね。

モット-は”つくるも売るも買う心”

「材料がなくなるとお休み」だった高級志向の蒲鉾屋さんを、
「いつでもおいしく食べられる」一般食にしたのが大寅だったんですね。

実際の作業現場が見学できる、子ども会や老人会など向けの団体での工場見学を受け付けていたり、
若い世代にも親しんでもらおうと、スプーンで食べるグラタン風のかまぼこを発売したりと、アイデアは尽きません。

お正月は「蒲鉾のベタ」大寅さんで、大阪で愛されたおいしい蒲鉾をいただきましょうか!

難波戎橋筋本店 
営業時間 9時~20時
     12/27~31日は夜9時まで営業ですよ!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 真田丸 メインテーマ / 服部隆之
 2. クリスマス・イブ / 山下 達郎
 3. サンセットメモリー / 杉村 尚美
 4. もしもピアノが弾けたなら / 西田 敏行
 5. 男の絶唱 / 氷川 きよし
 6. 美しきチャレンジャー / 新藤 恵美
 7. 空と君のあいだに(アルバムVer.) / 中島 みゆき
 8. 翼の折れたエンジェル / 中村 あゆみ