百均、ルンルン!Vol.132《マスク》

百均、ルンルン!
100円ショップで気になる商品を買ってきてご紹介するコーナーです。
今日ご紹介した商品はこちら~。

ダイソーで買ってきた「マスク」です。

①活性炭マスク
②メイク落ち軽減マスク
③4層フィルター保湿マスク
④やわらかガーゼマスク
⑤ひもなしマスク

①活性炭マスク
顔にフィットする立体プリーツ加工&ノーズワイヤーが入った一般的なマスクな形。
特徴は消臭効果を発揮する活性炭フィルターを採用しており、
気になるニオイもすっきり消臭してくれるそうです。
7枚入り。

スタジオで2人がつけてみたところ・・・

怪しさ満点ですね。

②メイク落ち軽減マスク
①と同じタイプですが、特徴はセンターワイヤーが入っているところ。
ゆったりした空間をつくり、口元のはりつきを防いで、
メイクが落ちにくくなっています。
ほんのりピンク色で汚れが目立ちにくい。
7枚入り。

<高岡さんがつけてみた>

口紅などがついても目立ちにくそうですね。

③4層フィルター保湿マスク
細菌や花粉、ホコリなどの侵入を防ぐ4層フィルター構造フィルターを採用。
通常の不織布マスクより呼気を逃がしにくく、うるおいキープ。
7枚入り。

<高岡さんがつけてみた>

たしかに、通常のものより分厚くて丈夫そうです。
後方支援部隊長によると「あったかい」そうなので
寒さ対策にもいいかも?

④やわらかガーゼマスク
柔らかく伸縮性があるコットン100%ガーゼ。
通気性が良く、呼吸しやすく、洗って繰り返し使えるマスク。
耳が痛くなりにくい柔らか耳ヒモを採用。
ふつうサイズ3枚入り。

<高岡さんがつけてみた>

就寝中などによさそうです。
ヒモがやわらかすぎて、ガーゼ部分が落ちてきそうなのが難点?

⑤ひもなしマスク
頬に貼るタイプのマスクなので、耳への負担がゼロ!
ノーズフィッター入りでメガネのくもりも解消。
皮膚貼り付け用シリコン粘着剤を使用しているので、
肌にもやさしく長時間貼っても十分な粘着力。

<高岡さんがつけてみた>

しまった!髪の毛がかかってしまって
ちょっとわかりにくいですね。

<華井二等兵後方支援部隊長がつけてみた>

わかりやすい!!

本当に粘着力もしっかりしてますよ。
飲み食いする時はヒモがない分、ちょっと面倒ですが。

これから本格的に風邪をひきやすいシーズンです。
すでにひいてる風邪ひきさんはもちろん、風邪予防もしっかりと!
100均のマスクも試してみてくださいね。

(AD アーニー)

御厨巴屋さん

べっぴん屋は「御厨巴屋」さん。

お店は東大阪市御厨(みくりや)にあります。
近鉄河内小阪駅から徒歩約20分。
住宅街の路地を入ったところにある風情ある立派な建物。
こちらで売られているのが「みくりやだんご」です

店内には4人掛けのベンチ風の椅子が用意されています。
ここから見えるお庭の緑が素晴らしい。
「植木屋さんに来てもらったとこなんですよ」とおっしゃっていました。

お住まいでもあるこちらで、女将さんがこの店をはじめたのは、三十年ほど前。

遠い親戚筋に、奈良の有名な団子屋さんがあるそうで、一念発起して、製法を教わらはったとか。
今では息子さんが受け継ぎ、女将さんといっしょに作っていらっしゃいます。

材料も吟味されています。
団子のこめ粉ともち粉、蜜の中ザラ糖と黒砂糖の配分にはこだわりがあり、
もちろん、人工甘味料は使われていません。
味の決め手のきな粉は、国産にこだわり、信頼のおける業者から仕入れています。

優しい何も加えていない手作りの味を求めて、地元で長く愛されています。
1串に5つ並んだお団子は柔らかく、口に運びやすい大きさですね。
しっとりとした食感はクセになりそう。
いくつでも食べられそうです。

たっぷりまぶしたきなこ。
持ち帰りには、別添えのきな粉も入っていました。
いい香りを楽しみながらいただきます。

毎日朝9時半からの営業ですが、売り切れたら終了。
最近ではネットなどで知った人が買いにいらっしゃったりするそうです。

 なお、御厨巴屋さんでは、保存料などの添加物を使っていませんので、消費期限を当日に設定されています。
ここに行かなければ味わえない。貴重なおいしさですよね。

営業時間 9時半から売り切れまで
定休日   日・月・祝日 8月いっぱい

おすすめですよ~。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日のオンエア楽曲♪
 1. 接吻 kiss / オリジナル・ラヴ
 2. FACE / globe
 3. マルシェ / KICK THE CAN CREW
 4. Force-Orchestra ver.- / Superfly
 5. 帯屋町ブルース / 水雲-MIZMO-
 6. 落陽 / 寺岡 呼人 feat. 竹原ピストル
 7. 明日はどこから / 松 たか子