女義太夫!

2017/11/01 水曜日 - 18:46:12 by 髙岡

「べっぴんサークル文楽へ行こう!」のコーナーには、
‘文楽’の太夫さんに、よくお越し頂いています。

日本には江戸の昔から「女(むすめ)義太夫」という、芸能があります。
最近ではNHKの朝の連続テレビ小説「わろてんか」に
広瀬アリスさん演じる’リリコ’が、女義太夫として登場しています。

今、まさにこの時代にがんばっていらっしゃる現役の女義太夫のお二人、
竹本雛子さんと、お三味線の豊澤雛文さんにお越しいただきました。

昔は女義太夫といえばアイドルだったんです!
「どうする連」と呼ばれる追っかけがいたほどなんですよ!
そんな女義太夫も、聞く機会が本当に少なくなりました。

なんとか知っていただいて、興味を持ってもらいたいと、
先日からワークショップを開催されたりと活動なさっています。

平成29年11月19日(日曜日)14時開演(13時30分開場)
豊澤雛文さん、 竹本雛子さん、豊澤住輔さん,竹本住蝶さん出演 の
女義太夫を聴く会が行われます。

場所は 大阪能楽堂です。

実は私10何年前、雛文さんのおばあさま、竹本綾春師匠に
義太夫を教えていただいた事があります。昭和町のご自宅へお邪魔していたんです。
ご縁ですねぇ。

11月11日(土)には、あべのハルカスでワークショップの最終回もひらかれます。

ぜひ皆さん、お出かけください!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

今日のベタベタベーターは「フルタのセコイヤチョコレート」

フルタ製菓は1952年古田三兄弟が創業しました。
本社工場は大阪市生野区です。

元々乳ボーロなど焼き菓子の製造からスタートしたそうです。
当時、とりたてて珍しいお菓子ではなかった乳ボーロ。
競争が激しく安く買い叩かれてしまいました。

見るに見かねた桃谷商店街にあるニコニコ堂というお店が
まとまった数を買ってくださったという事もあったそうです。。

その当時の日本では、チョコレートが先進的なお菓子として大変な人気でした。
そこでチョコレートの製造に着手します。

そこからはチョコレートを中心に様々な商品を展開していきました。
大手メーカーとの差別化の中で様々なアイデアを取り入れた商品が支持され現在に至っています。

1976年に発売されたセコイヤチョコレートは「まっすぐすくすく育つように」と名付けられました。
昨年は「メタセコイヤの並木」で有名な滋賀県高島市と
また看板商品の一つ、メガネの形のハイエイトチョコから、
今年はメガネで有名な福井県鯖江市と包括連携協定を結び、限定商品を発売しています。

フルタつながりで「古田織部」をCM起用したところから、
古田織部美術館から、第1回織部賞を受賞しています。

なんだか面白い会社ですよね~。

今も昔も変わらない夢あるチョコレート菓子。
子供達の’大好き’も変わらずベタなのかもしれませんね!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

♪今日オンエアした楽曲です♪
 1. メリッサ / ポルノグラフィティ
 2. SHOW ME / 森川 由加里
 3. NAVY BLUE / Char
 4. 慕情 / 中島 みゆき
 5. Unchained Melody
        / The Righteous Brothers
 6. 流氷の宿 / 大月 みやこ