ポンジュース

ベタベタベーターはお馴染みの「ポンジュース」

現在ポンジュースを販売しているのは株式会社えひめ飲料ですが、
出発点は昭和23年に発足した愛媛県青果販売農業協同組合連合会(愛媛青果連)でした。

昭和26年果樹産業の調査のため渡米した愛媛青果連の2代目会長が
帰国後取り入れたのが「ジュース」でした。
ジュースにすることで、小玉で流通にのらなかったみかんも有効に使えるなど、メリットがたくさんあったんですね。

昭和27年 ジュースの製造、販売を始めます。

当時は果汁100%ではありませんでしたが、果汁が入っているジュース自体が珍しかったそうです。。
名前はすでに「ポンジュース」でした。

これは、「日本(ニッポン)一」のポンからとったそうです。

昭和28年から「ポン」のローマ字表記が「PON」から「POM」になりました。
これは、文旦「pomelo(ポメロ)」果樹栽培法などの「pomology」などの柑橘に円の深い名前にちなんだんですね。

実はフランス語の挨拶「ボンジュール」の響きに似ているからという説もあるようです。

昭和44年、全国に先駆けて天然果汁100%飲料として発売されました。
でも、反応は厳しいものでした。酸っぱかったのも理由のひとつでした。
確かに、子供心に「すっっぱー!!」というイメージでしたねぇ。

その後昭和58年ニーズに答える形でジュースの酸味を押さえた「ソフトタイプ」のポンジュースを発売しました。

ポンジュースについては、
愛媛では蛇口からポンジュースが出る。
愛媛の学校ではみかんで炊いたみかんご飯がでる。

こんなウワサを耳にしたという方もいらっしゃるでしょう。

ポンジュースやみかんご飯が出される学校も、あるようです。
が、蛇口からポンジュースはどうやらウソのようです。
でも、この都市伝説を知ったえひめ飲料は、実際に‘ポンジュース蛇口’を作ったんですよ!
期間限定で松山空港やイベントなどで‘ポンジュース蛇口’が登場するそうです。
おもしろいですね。

ポンジュースの現在のボトルは、上から赤、白、緑の配色です。
これは、太陽の赤と果実のオレンジが映える白、大地の緑を表しています。

愛媛の道後温泉で、たくさんの色んな種類の柑橘系ジュースが並んでいるのを見かけました。
柑橘系果実と並んで、ポンジュースも愛媛のロングセラー商品ですね。

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. GO AWAY BOY / プリンセスプリンセス

 2. Shiny morning / TUBE

 3. 誘惑 / 中田 裕二

 4. I LOVE YOUからはじめよう / 安全地帯

 5. 蜃気楼 / 髙橋 真梨子

 6. 6月の青い空 / SING LIKE TALKING

 7. TRUE / Spandau Ballet

 8. 煙が目にしみる / 中条 きよし

 9. バトン / 德永英明