淡路島の生しらす&生サワラ

生中継のコーナー
今日は・・・お馴染み11回目の淡路島へ!
代走みつくにさんが淡路島の美味しいモノを紹介してくれました~。

兵庫県立淡路島公園内の「淡路ハイウェイオアシス」からのレポートでした。
淡路島の玄関口にあり、花と緑あふれるスポットです。
地元ならではの旬な味わいも堪能することができます。

今日は代走さんにそんな旬な味わいを堪能しに行ってきてもらいました!
(先週は後輩の華井二等兵さんが美味しい思いをしてきたので・・・5/16の記事参照

お邪魔したのはハイウェイオアシスにあるレストラン「みけ家」さん。
淡路島の旬な食材を惜しげもなく使い、和食から洋食まで揃う幅広いメニューが魅力のお店です。

淡路島で今旬な食材といえば、「生しらす」と「生サワラ」。
淡路島の生しらすは、明石海峡をおもな漁場に水揚げされたものをベテラン職人が目利きして最高鮮度のものを扱っているそう。

淡路島では明治時代以前からサワラ漁が行われていたそうで、
さっぱりとした中にも甘さがあり、新鮮なものほど身が柔らかく、
中トロのようにとろけるおいしさが淡路島の生サワラの特徴。

みけ家さんで食べられる「生しらす」と「生サワラ」を使った料理はこちら!

生しらす丼 (税込1350円)

岩屋漁港で水揚げされた鮮度抜群のしらすだけではなく、
鯛もどーんと乗った豪快などんぶり。
温泉玉子と醤油ベースの自家製ゴマだれを絡めて頂きます!

そして、
サワラ漬け丼(税込1400円)

新鮮な淡路島の生さわらを軽く炙ってから、
自家製の醤油ベースのタレに漬け込んでいます。
淡路島の玉ねぎスライスがトッピングされていてまさに淡路島の味わい!

代走さんの食レポいかがでした?

両方味わいたい!という方には
「生しらすと生サワラのオアシス膳」がオススメ♪

レストラン「みや家」の営業時間は午前11時から午後8時まで。
「淡路ハイウェイオアシス」へは高速道路利用の場合、
神戸淡路鳴門自動車道・淡路SA 上り・下りの駐車場から
連絡通路を通って直接行くことが出来ます。

詳しくは「淡路ハイウェイオアシス」のホームページをご覧下さい。

淡路島の旬を味わいに、ぜひ、お出かけ下さい~!

AD アーニー

ミッキパッドVol.110《えんどう豆》

ミッキパッド
料理初心者の髙岡さんでも作れる簡単なレシピを
リスナーの皆さんに教えてもらおうというコーナーです。
今日は「えんどう豆」を使ったレシピを教えてもらいました。

▼えんどう豆と玉ねぎのかき揚げ
①ボウルに卵、えんどう豆、さいの目にした玉ねぎ、
ほんだしを入れて混ぜ合わせる
②小麦粉を加えて180度に熱した油で揚げる
ちくわを入れても相性がいいそうですよ。
お便りいただいた中で一番多かったのがかき揚げでした。
好きな食材でできるのがいいですね。

▼えんどう豆の翡翠煮
①えんどう豆は鞘から出しておく
②鍋にだし汁、たっぷりの清酒、塩、みりんを入れて煮立ったら、
えんどう豆を入れて煮る
③食べるときにもう一度煮る
④汁ごとお皿によそってスプーンでいただきます
上品な一品ですが、簡単そうですね。

▼えんどう豆のお焼き
①えんどう豆は鞘から出しておく
②小麦粉、水を少しずつ混ぜ、えんどう豆、桜エビをいれてさっくり混ぜる
③フライパンで適当な大きさに両面カリッと焼く
食べる時は塩、ポン酢などお好みで。
彩りもキレイでおいしそうです。

今週もたくさんのレシピ、ありがとうございました。

次回は「牛すじ」を使ったレシピを教えてください。

コーナーでレシピを採用させて頂いた方には番組特製手ぬぐいをお送りします。
住所・本名も一緒に書いてお寄せ下さいね。
みなさんのアイデアレシピ、お待ちしています!

AD アーニー

セロリ

先週もミッキパッドのコーナーにお便りいただきありがとうございました。
セロリのレシピ‘セロリのドレッシング’を作りました!
家にあったぶどう酢を使ったところ、ちょっと色が悪くなってしましました。
でも豚肉にもピッタリ。
おいしくいただきました~。

来週はこのコーナー初登場かもしれません、
「牛すじ」をつかったレシピを、お待ちしております!

    ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 白いカイト / My Little Lover

 2. Picture Of You / Boyzone

 3. 今日までそして明日から / 奥田 民生

 4. 五月の晴れた空 / 岡村 孝子

 5. 夏を待ちきれなくて / TUBE

 6. 母情歌 / 井上 由美子

 7. 虹 / 福山 雅治

 8. 母と娘の10,000日~未来の扉~ / May J. duet with 八代亜紀

 9. Girl / 秦 基博