京都ブラブラ

昨日、京都の寺町を御池通りから四条通りまでブラブラしました。

せっかくなので本能寺をお参りして御朱印をいただきました。

雨模様でしたが、アーケードがあるので大丈夫です。

大学4年間は京都でした。
当時はあまり繁華な場所で遊んでいませんでしたが、
それにしてもすっかり変わっています。

寺町通りは「お土産を買いに来る修学旅行生が多い場所」。
新京極は「ちょっととがったおしゃれな通り」というイメージでしたが、

いや~新しいお店がいっぱいでした!

まぁ、30年以上たてば当たり前ですね。

四条近くには錦天満宮があります。
観光客の方も、見よう見まねで牛の頭をなでてはりました。

京都へ行くとつい有名な寺社仏閣を訪ねてます。
たまにはこういう場所をブラブラするのもいいもんですね~。

    ~*~*~*~*~*~*~*~

 ♪今日オンエアした楽曲です(アーニー)

 1. 君ヲ想フ / 元 ちとせ

 2. やさしさ紙芝居 / 水谷 豊

 3. Wild Lips / 吉川 晃司

 4. 逢いたくていま / 森 恵

 5. 夜明けのマイウェイ / PAL

 6. My Way / JAY’ED

 7. Killing Me Softly With His Song / Roberta Flack

 8. 因幡なさけ唄 / 水沢 明美

 9. 翼はいらない / AKB48

ミキペディアVol.61《昔の写真》

ミキペディア
いつも謎に思っていること、調べたことないけどこれなんでなん?
インターネットで調べたらすぐわかることやけど・・・
という普段の生活の中で何気なく感じた疑問を
リスナーの皆さんに教えてもらおう!というコーナーです。

今週の疑問は「昔の写真はどうしてみんな笑っていないんでしょうか?」でした。

【失敗できない説】
写真を撮ることが貴重で失敗は許されないから。

【迷信を信じていた説】
カメラで写真を撮られると「魂を抜かれる」と思っていたから。

【掛け声の問題説】
今では写真撮影時の定番「はい!チーズ」の
「チーズ」が、昔はなかったから。

【まぶしい説】
昔のカメラは逆光を嫌い、必ずカメラマンは太陽を背にカメラを構えていて、
反対に被写体は太陽を目にするので眩しく、顔をしかめる。

【笑う余裕がない説】
昔のカメラはピントを合わせるのに時間がかかっていたので、
「動かないで」「じっとして」と言われ、笑っていられなかった。

※ミキペディアは様々なユーザーが編集するフリー百科事典です。
 信憑性を約束するものではありません。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

来週の疑問は京野助十郎さんの疑問
「どうして女性用の履き物は、カッコンカッコンやかましいのが多いのでしょうか?」
です。

理由をお考えください。

コーナーで紹介させて頂いた方には番組特製手ぬぐいを差し上げます。
皆さんなりのお答えお待ちしています。

AD アーニー